意外と知らない!「下着を捨てるべきタイミング」をプロに聞いてみた

意外と知らない!「下着を捨てるべきタイミング」をプロに聞いてみた
AD

11月に入り、そろそろ年末の大掃除に備えて家の中を整理する季節がやってきました。毎日使うものを新年に新しくすると運気が開けると言われ、洋服はもちろん下着も新年に合わせて買い替えると運気アップに繋がるかも。でも下着ってみんなどのように捨てているのでしょう?

下着の整理
(c)Shutterstock.com

そこで今回はトリンプ・インターナショナル・ジャパン株式会社が10代以上の女性1855名に聞いたアンケート調査から、下着の捨て時・捨て方事情をご紹介致します。また、トリンプで活躍する下着のプロがおススメするブラジャーの捨て時・捨て方アドバイスも必見です!

 

◆下着を捨てるきっかけ○割以上が「古くなった/破損した」


Q.下着を捨てるきっかけは主にどのようなことですか?

下着を捨てるきっかけは?

今使っているものが古くなった(破損した)から 85.8%
体型に合わなくなった 29.8%
新しいものを買ったから 26.6%
衣替えなど季節の洋服入れ替えで 16.8%
年末年始の大掃除で 7.5%
気分転換に・ストレス解消 7.4%
デザインが気に入らなくなった、トレンドではなくなったから 6.3%
旅行に行ったついでに 5.5%
新生活(就職・進学)や引っ越しなど 4.3%
使用年数を決めている 2.7%
その他 1.0%

下着を捨てるきっかけを聞いたところ、8割以上が「今使っているものが古くなった(破損した)から」と回答しました。多くの人が見た目で判断しているということがわかりました。「体型に合わなくなった(29.8%)」や「新しいものを買ったから(26.6%)」といった回答が続きました。確かに新しいものを購入すると、一番使い古してそうなものは代わりに捨てたりしますよね。また「旅行に行ったついでに(5.5%)」や「新生活(就職・進学)や引っ越しなど(4.3%)」などの何かのイベントなどをきっかけに捨てるという人もいました。

ではみなさんは下着を捨てる時はどのようにして捨てるのでしょうか。

 

Q.あなたは下着を捨てる時、主にどのようにしていますか?

下着を捨てる時どうしてるか

 

見えないように包んで捨てる 71.3%
そのまま捨てる 17.2%
下着とはわからないように分解して捨てる 10.5%
その他 1.1%

どのようにして捨てているかを聞いたところ、約7割の人が「見えないように包んで捨てる」と回答しています。さすがにビニール袋から下着と思われるものが見えていたら、ちょっと恥ずかしいし盗まれたりする心配もありますよね。また「下着とわからないように分解して捨てる」と答えた人は10.5%で、確実に盗まれないように工夫しているかたもいることがわかりました。

続いて下着を捨てる際に困ることを尋ねてみました。

 

捨てる時困ることは「誰かに下着を見られていないか不安」「もったいないと感じる」


Q.下着を捨てる時に困ることは、どんなことですか?

下着を捨てる時に困ること

誰かに下着を見られないか不安 42.2%
もったいないと感じる 25.7%
そのまま捨てていいかどうか…… 24.4%
下着の捨て時がわからない 19.5%
分別の仕方がわからない 14.2%
その他 7.9%

 

下着を捨てる時に困ったことは、「誰かに下着を見られないか不安」がトップで4割以上の人が回答する結果になりました。次いで「もったいないと感じる」「そのまま捨てていいかどうかわからない」などがあがっています。
人に見られたくない、もったいなくて捨てられない、“休眠下着”はそんな感情が要因のようですね。

またここからはそんな悩みを解決すべく、下着のプロがオススメする下着の捨て時・捨て方アドバイスをご紹介します。

 

 

【下着のプロがおススメする下着の捨て時・捨て方アドバイス】

◆傷んだ下着を着け続けると、バストの崩れやお尻の段差にも影響?!


 

下着が痛んだサイン

 

下着は女性のバストやヒップを毎日保護して、キレイなシルエットをキープする大切なアイテムです。だからこそ、見た目だけでなく、シルエットキープやバスト保護の役割が果たせなくなった時が捨て時といえます。

特にブラジャーには「ワイヤーの変形・破損」「生地などの劣化・破れ」「生地の毛玉や変色」など、いくつかのポイントがあるのでしっかりと見極めましょう。

「なんとなくまだ使える気がする……」と思っていても、さわって違和感を感じたり、着用するときにバストに当たるような感じがあれば、それはバストに悪影響を及ぼしてしまう可能性も。

ショーツやガードルも同様に、「ウエストや裾のシームレスのゆるみ」は捨て時サインです。

とはいえ、「どうなっていたらフィットしていて、どうなっていたらフィットしていないのか」って、自分ではいまいちわかりませんよね。そんな方のために、フィット感のチェック法をご紹介します。

◆“フィット感のチェック”で、捨て時を見極めよう


下着の替え時

ブラジャーは特に破損や傷みがなくても、長い間使い続けると型崩れがでてきます。
フィット感の変化は徐々に起こるものなので見極めにくい、そこでフィッティング体操でチェックしてみましょう。

★フィッティング体操でチェック!

①両手あげて伸び

②左右交互にねじり運動(2~3回)

このフィッティング体操を行って、ズレたりカップが浮いたりするようであれば、フィットしていないので替え時のサインです。新しいブラジャーを購入する時のチェックにも役立ちます!

 

◆捨てる時のポイント


下着を捨てる時のポイント

 

捨てる時のポイントは「分別」と「形を残さない」ようにすると安心です。

ワイヤーは分別し、生地は細かく裁断して透けない紙袋などに入れましょう。またゴミの分別は、各自治体のルールにあわせましょう。

 

下着の捨て時に悩んでいるかたが多かったと思います。是非今回ご紹介したプロのアドバイスをご参考にしてみて下さい。私もこれを機に下着を整理してみようと思います♪ みなさんも良い新年を迎えるために、下着の整理してみてはいかがですか? (ほんじょうみゆき)

 

 

情報提供元:トリンプ・インターナショナル・ジャパン株式会社

 

★断捨離のコツはコレ!「着ないけどなかなか捨てられない服」を捨てる3つの方法

★【ブラジャーの洗濯】プロに聞いた、ワイヤー入りブラのベストな洗濯方法

>CanCam.jp TOPにもどる

関連記事

Source: cancam