20歳まで生きられない少年と彼を愛する少女…800万人が泣いた最強純愛コミックがドラマ化

20歳まで生きられない少年と彼を愛する少女…800万人が泣いた最強純愛コミックがドラマ化
AD

800万人が泣いた青木琴美さんの最強純愛コミック『僕の初恋をキミに捧ぐ』(小学館・刊)。同作が、主演・野村周平さん、ヒロイン・桜井日奈子さんのタッグで、『おっさんずラブ』『ヒモメン』など創設以来さまざまな愛の形を届けてきたテレビ朝日系土曜ナイトドラマ枠(毎週土曜23時15分)にて、2019年1月クールにドラマ化されます!

(C)テレビ朝日

『僕は妹に恋をする』『カノジョは嘘を愛しすぎてる』など、少女漫画の金字塔となる恋愛作品を多数生み出してきた人気漫画家の青木さん。『僕の初恋をキミに捧ぐ』は、2005年から2008年にかけて『少女コミック』(現「Sho-Comi」/小学館・刊)にて連載され、2007年に「第53回 小学館漫画賞少女向け部門」を受賞。2009年には実写映画化もされ、興行収入21.5億円の大ヒットを記録しました。電子版も含めると、現在までの『僕の初恋をキミに捧ぐ』の累計発行部数は驚異の800万部を超えています。

小さな頃から心臓病で入院する逞(たくま)と、その主治医の娘・繭(まゆ)。幼い頃、逞は繭に「大人になったら僕のお嫁さんになって下さい」とプロポーズ。「20歳になったら絶対よ!」そう応えた繭との未来を信じて疑わなかったのですが、自分が20歳まで生きられないと知り……。迫りくるタイムリミットに悩み苦しみ、数々の困難を切り抜けながら必死に運命に抗おうとする高校生2人の、切なくも美しすぎる“命”に真正面から向き合う最強の純愛ストーリーです。

「20歳まで生きられない」と宣告されてしまった主人公・逞を演じるのは、今作がテレビ朝日系ドラマ初主演となる野村さん。自分の病を知って一時は初恋の相手・繭から遠ざかろうとするも、やがてその愛を“命を懸けて”貫く道を選ぶ高校生役に挑みます。そして、小さい頃に逞が20歳まで生きられないと知って以来、一途に病を治す方法を探し求める幼なじみの繭は桜井さんが演じることに。

そのほか、熱い恋のライバルに馬場ふみかさん、松井愛莉さん、高校生活を彩る仲間に矢作穂香さん、岐洲匠さん、富田健太郎さん、福本莉子さん、そして主人公が通う病院の看護師役に是永瞳さん、主人公とヒロインを支えながらも、時にそれぞれの立場から対立する母親役で真飛聖さん、石田ひかりさんが出演します。

野村さんと桜井さん、原作者の青木さんからのコメントをお届けします!

●野村周平さん(垣野内逞役)

――原作や脚本などを読んだ感想は?

ただキュンキュンしているドラマではないというか。心臓病と向き合う中での葛藤や繭にどう接していけばいいのかなど、そういう人の心の部分が、とてもしっかりと動く作品だなと思いました。桜井さんとは今回初めてご一緒させていただきますが、とても落ち着いている方ですね。桜井さんのお芝居を見て、自分も成長させていただけたらなと思っています。

――ご自身にとっての初恋の思い出と言えば?

「本当に人を好きになるって、こういうことなんだ」と覚えたのが中学3年生でした。甘酸っぱい思い出です。

――恋人同士のどんなシチュエーションに憧れを感じますか?

「ゆず」の歌詞みたいな恋に憧れます。下り坂をくだりながら、ブレーキをゆっくり握りしめながら。海を想像できるような恋をしてみたかったなとは思います。

――「今、これに全力を捧げている!」というものは?

車やバイクやスケボーなど、いろんなものがありますけど、最近はキックボクシングかな。それと今は役者に注いでいる部分が大きいです。もちろん、この作品にも。まだどういうふうに捧げるかは考え中ですが、主演でやらせていただく以上は人生を捧げるつもりです。

――最後に意気込みをお願いします。

原作の読者の方に恥じないような作品にしますし、いろんな人たちとの絡み合いや人間関係の心のもつれなどを、しっかりと表現できたらいいなと思っております。必ず皆さんに納得いただけるような作品にしたいなと思っていますので、あなたの貴重なナイトドラマの時間を僕たちに捧げてください。

●桜井日奈子さん(種田繭役)

――原作や脚本などを読んだ感想は?

原作を読んだときは感動してポロポロ涙が出てきてしまいました。そういう作品の良いところをちゃんとドラマでも表現できたらなと思いますし、精一杯頑張りたいです。野村さんとは今回はじめましてなんですが、とても楽しい方で(笑)。力を合わせて作品を作っていけたらいいなと思っています。

――ご自身にとっての初恋の思い出と言えば?

私は小学2年生でした。本当に人を好きになったのはもっと後かもしれないけど、「好きだな」って意識したのはその頃でしたね。

――恋人同士のどんなシチュエーションに憧れを感じますか?

逞と繭のような、幼なじみというシチュエーションは憧れかもしれません。恋人じゃなくてもすごく距離が近いし、幼なじみだからこそ言葉にしなくても分かり合えるような関係ですし。そういう人と、もしも一緒になれたら最高かなって思います。

――「今、これに捧げている!」というものは?

筋トレです。13年間バスケットボールをしていたということもあって、体を動かすことが好きなんです。行けるときは毎日くらいの勢いでピラティスに行っています。

――最後に意気込みをお願いします。

この作品のグッと来る部分はたくさんありますが、一番は2人の純愛だと思っています。原作の漫画もすごく素敵ですが、ドラマになったときにまた違った魅力を生み出せていけるように頑張りたいです。毎週、毎週、見るのが楽しみになっていただけるような作品にしたいと思っているので、よろしくお願いします。

●原作者・青木琴美さん

私にとって、国内では初めてのドラマ化作品になります。しかも、もっと大切な“初めて”があります。本作のプロデューサーさんは、学生時代から私の作品を読んでくださっていた方です。読者でいてくださった方に、映像化のプロデューサーをして頂けるのはこれが初めてです。作家にとって、これほど感慨深いことがあるでしょうか。漫画『僕キミ』を描き終え、2009年に実写映画が公開されて9年。今回のドラマ化で、当時『僕キミ』を読んでいただいた方々に、逞と繭のことを懐かしく想い出してもらえたら嬉しいです。そして、たくさんの方々に、新しく出会ってもらえたら嬉しいです。私も、新しい『僕キミ』で、逞と繭に再会できることを、楽しみにしています。

キラキラ輝く本気の恋と、運命に立ち向かうためのエネルギーがぶつかりあう、心の底から泣ける最強の純愛ドラマに注目です♡

★CanCam.jp編集部厳選!気になるテレビ番組まとめ

CanCam.jp TOPへ戻る

関連記事

Source: cancam