もう焦らない!アルバイトで覚えておきたい飲食店接客英語10選

もう焦らない!アルバイトで覚えておきたい飲食店接客英語10選
AD

もう焦らない!アルバイトで覚えておきたい飲食店接客英語10選


飲食店

(c)shutterstock.com

<注文が聞き取れなかった!英語でなんて言う?>

最近は外国人観光客も多く、アルバイトで外国人の方を接客することも多くなってきましたよね。そんな時にコミュニケーションを取る上で大切なのがやっぱり英語! ただ接客英語なんて学校で習ってないしと焦ってしまうひとも多いはず……。今回は、使えたら役に立つ接客英語のフレーズを10個ご紹介します!

◆Hello. How are you?  (こんにちは、元気ですか?)

来店時に使うのがこのセリフ。英語で日本の「いらっしゃいませ」を直接表す表現はほとんどないのでカフェなど飲食店ではこのような気軽な挨拶から始めます。

◆Please sit anywhere you like. (お好きな席にお掛けください)

学校の授業などでよく聞く「sit down」は使わないほうがベターです!

◆Are you ready to order? (ご注文はお決まりですか?)

注文を聞く際に使えるのがこのワンフレーズ!

◆I beg your pardon? (もう一度言っていただけますか?)

注文などの際に聞き取れなかった場合はこのフレーズを使いましょう。

◆Anything else?  (他にご注文はございますか?)

注文を聞き終えた後に使えるワンフレーズ!

◆May I take your menu?/plate? (メニューを/お皿をお下げしてもよろしいですか?)

メニューやお皿を下げる際にかける一言に使えます。

◆Just a moment Please. (少々お待ちください)

何かその場で対応できないことがあったり困った時に使えるので覚えておくと便利です。

◆Would you like to pay by cash or card?(現金でお支払いしますか?クレジットでお支払いしますか?)

海外は現金よりもクレジット文化なので、カードが使えるお店では一言このように聞くのがグッド!

◆Your total is ○○yen including tax. (お客様のお会計は税込み○○円です)

お客様のお会計金額を伝える際に使えるセリフです。

◆Thank you. Have a good day!! (ありがとうございます。良い一日を!)

お客様がお店を出る時に使える一言がこちら。
ディナーのお客様には「Have a good night!」の方がベターです。

いかがでしたか? このフレーズが使えれば外国人のお客様の接客にも焦らずにすむはずです。もちろんこの他にも様々な言い方があるので自分の言いやすいフレーズを使いましょう! また正しいフレーズでも恥ずかしがらずにハキハキと喋ることが大切ですよ♪(平内志奈)

★「しいたけ」って英語でなんて呼ぶか知ってる?実は、超意外な呼び名なんです…!

>>CanCam.jp TOPへ戻る

関連記事

Source: cancam