「失笑」ってどんな笑い?「話のさわり」ってどこ?意外と間違って使いやすい言葉3選

「失笑」ってどんな笑い?「話のさわり」ってどこ?意外と間違って使いやすい言葉3選
AD

「失笑」ってどんな笑いのこと?意外と間違って使いやすい言葉3選


笑顔
(c)shutterstock.com

知っている言葉でも、漢字で書かれると読めないもの、あるいは、簡単な漢字で書かれているのに読めないもの、けっこうありますよね。

これまでの「意外と読めない」シリーズでは、「間髪をいれず」「態々」「健か」「不束」「挙って」「松明」「剃刀」「団扇」といった、読めそうなのに読めない漢字を出題してきましたが、今回は意味を間違えやすい言葉!  ダイジェストでお届けするので、今日の話題に使ってみてくださいね♪

 

◆「すべからく」

あまり使う機会も少ないかもしれませんが、「すべからく」の意味わかりますか?
例えば、

「イケメンはすべからく彼女がいる」
この例文の「すべからく」ってどういう意味はどちらでしょう。

 

1「全て・皆」

2「当然・ぜひとも」

 

正解は……

 

 

2の当然・ぜひともです!

「イケメンは皆彼女がいる」・「イケメンは当然彼女がいる」
のようにどちらでも意味が通りそうなことが多いので間違った意味で覚えている人も多いのかもしれません!
もちろん例文なので彼女のいないイケメンもいるはず……。

 

>>「すべからく」って、意味を説明できる?正解率は41%!

 

◆「話のさわりだけ教えて」ってどこのこと?

急いでいるときに言われるかもしれないのがこのセリフ。
でも「話のさわり」っていったいどこのことって思いますよね? 一体次のどちらでしょう?

 

1「話の要点」

2「話の最初のこと」

 

 

正解は……

 

 

1「話の要点」のことです!

つまりは「オチは何?」ってことですね。これ間違って使っている人多いので要注意。

 

>>「話のさわり」の意味、説明できる?間違えている人は53%!

 

◆「失笑」ってどんな笑い?

 

「失笑」なんてもちろん意味知っているよ。と思っているそこのあなた!
「彼女の行動に失笑した」この例文の「失笑」の意味どちらが正解か分かりますか?

 

1「こらえきれず吹き出して笑う」

2「笑いも出ないくらいあきれる」

 

 

正解は……

 

なんと1の「こらえきれず吹き出して笑う」なんです。多くの人が2が正解と思ったかもしれないですが違います。「失笑」と聞くと笑いのない冷えた状況をイメージしがちですが全く逆なんですよ。

絶対に笑ってはいけないけど耐えられず吹き出してしまうこと。それこそ「失笑」なんです。

 

>>「失笑」って、笑うの?笑わないの?間違えた人はなんと60%!

 

いかがでしたか」?

特に「失笑」は間違えて使っている人も多かったのではないでしょうか? 参考にして正しい日本語を使えるようにしてくださいね。(平内志奈)

 

★他にもチャレンジしてみる? 漢字クイズ 記事一覧はコチラ!

★え、意外と知らない!一度は食べてる超有名おつまみ「鯣」って、なんて読むか知ってる?

>>CanCam.jp TOPヘ

関連記事

Source: cancam