割れてる人いるよね~!「スマホの画面が割れる」ときのありがちなシチュエーション8つ

割れてる人いるよね~!「スマホの画面が割れる」ときのありがちなシチュエーション8つ
AD

「スマホの画面が割れたまま」使っている人、一度は見たことがあるのではないでしょうか。
傍から見ていると「え……その状態で使えるの……?」と不思議に思ってしまいますが、本人はいたって普通に使っている。
割れたことがない人にとっては「何をしたらそんなに割れるの?」と思うことでしょう。というわけで本日は、18~39歳の女性123名に「スマホが割れたときのこと」についてうかがいました。

 

割れた
(c)Shutterstock.com

 

Q.スマホの画面が割れたことはありますか?


スマホグラフ

何回もある 11%
1~2回はある 29%
ないです! 60%

まずは基本調査からスタート。「ない」という人が6割と多数を占めましたが、約3割は「1~2回ある」、そして1割は「何回もある」という常習犯。皆さん気を付けて!!
ちなみに「割れたときどうしました?」と聞いてみると……。

 

Q.割れたとき、どうしましたか?


スマホグラフ

即修理に持っていった 51%
しばらくそのままにした 49%

ほぼキレイに半々。「しばらくそのまま」派、かなり多いですね。確かに修理に持っていくと高いので、使用に支障がないなら問題ない……のかもしれないけれど、やっぱりなんとなくだらしない印象もあるので、できれば早めに持っていきましょう!

さて、ここから気になるのが「割れた瞬間、いったい何が起きたのか」です。まだ割れたことがない方も油断大敵。割れがちなシチュエーションを見ていきましょう。

Q.では、どんなときに割れましたか?

◆スマホを持って歩いていたら……


「スマホに定期入れにメイクポーチに……と、一度にあれこれ手に持っていたら、うっかり気を抜いた指からスマホが落ちて地面に叩きつけられ、割れました」(25歳・会社員)
「スマホを持って歩いていたら落として割れてしまった」(20歳・会社員)
「手に持っていたときに転んで、画面を下に手をついてしまった……」(28歳・会社員)

シンプルに持って歩いたりなんだりしているときにうっかり落としたり転んだり……。たいてい分割払いなのでつい忘れがちですが、10万前後することもあるスマホ。そう思うとちゃんと注意深く持ちませんか? つい雑に扱いがちですが、お気を付けて!

◆すべって落ちた


「手からすべって落ちた」(回答多数)
「ハンドクリームを塗った後、スマホを持ったらすべってコンクリートの上に落としてしまったとき」(19歳・学生)
「楽しく友人と会話していたとき、手からすべって地面に落ちた」(21歳・アルバイト)

こちらもほぼ同じですが、湿度が高い季節も、乾いているのでハンドクリームをよく塗りがちな季節も、どちらもお気をつけて……。

◆犬の散歩は鬼門なのかもしれない


「たまたまケースから外して犬の散歩に出かけ、散歩しながらスマホをいじっていたら、犬に急に引っ張られ、ビックリして地面に落として画面が割れました。なぜケースから出したのか自分を呪いました」(36歳・会社員)
「犬の散歩から帰ってきて家の玄関を開けようとしたとき、携帯と散歩バッグを手に持っていたが携帯を持っていたことを忘れ、うっかり手の力を弱めた」(20歳・学生)

犬のリードだったりお散歩セットだったり、何かと持ち物が多い犬の散歩。さらに犬は予測不能な動きをすることも多いので、うっかり落とす……ということに繋がるのかも。

◆道具が絡んでくる事故


「自撮り棒から外れてコンクリートに落ちた」(26歳・会社員)
「スマホを置いて撮影できますという台があり、その上に乗せたら倒れて落ちて割れました」(20歳・学生)
「テーブルに置いていたスマホの上に、手がすべってリモコンを落とした。割れた」(32歳・アルバイト)
「自転車の前カゴから落ちた」(38歳・契約社員)

嗚呼。後半ふたつはある種事故として、前半ふたつは「信じてたのに!」という思いでいっぱいになりますね。スマホ用の道具などを使うときも、過信せずにきちんと注意を払いましょう。

 

◆飛んだり跳ねたりするときは危険


「ふざけて踊っていたとき……」(19歳・学生)
「ジーンズの後ろポケットに入れて走ったとき」(27歳・会社員)
「ポケットに入れていて、飛び跳ねて落下」(20歳・学生)
「ポケットに入れていて、走ったはずみで落ちて割れました」(28歳・会社員)

便利なのでついついポケットに入れてしまいがち……ですが、飛んだり走ったりするときはスマホをポケットから出して、体から離しましょう!!

◆ポケットはわりと危険


「ズボンのポケットに入れていたら落ちた」(27歳・専業主婦)
「ポケットに入れるつもりが入っていなくて落ちた。アスファルトに落ちると必ず傷がつくので気を付けていますが……何回か割れています」(24歳・会社員)

そう、ただポケットが絡むだけで結構ポロッと落ちてしまうことさえあるのです。「ポケットに入れたまま飛んだり走ったり」は非常に危険です。

◆酔っていると……


「飲み会の席で机の上にスマホを置いていたとき、誤って落としてしまいました……」(26歳・自営業)
「酔っぱらっていて割った」(20歳・学生)
「お酒を飲んだ帰りに酔っぱらって歩いていたらなんか落として割れた」(28歳・会社員)

注意力が落ちるお酒の席。できれば帰る途中はバッグにしまっておきたいものですが、酔っているときほど「ここどこ?」なーんて地図アプリを出して見ているうちに手からすべって落ちるんですよね……。

◆その他、悲しい事故


「スノボで転んで携帯が下敷きになった」(30歳・会社員)
「子どもに渡したつもりが玄関の石畳に落とした」(26歳・アルバイト)
「落としてよりによって石に当たって割れた」(27歳・会社員)
「雨の日にすべって落として足で踏んでしまった」(22歳・学生)
「手を動かしながら歩いていたら飛んでいった……」(22歳・会社員)

……。ただただ、読んでいるだけで悲しい。当たりどころが悪かったり、泣きっ面に蜂だったり。

繰り返しますが、お手元にあるスマホは、もちろん格安スマホなども出てきていますが、10万前後する高価なものである場合も多いです。じゅうぶん気を配っていきましょう……。(後藤香織)

 

 

★ねぇバッグの中身汚くない!?「バッグブス」のバッグに入っていがちな9つのもの

★【女子のリアル平均】携帯・スマホの充電、20~30代の女性は残り何%になると不安になるか?

>CanCam.jp TOPにもどる

関連記事

Source: cancam