もうヤダ!好きだったのに熱が冷めたLINE5選

もうヤダ!好きだったのに熱が冷めたLINE5選
AD

「この人なんかいいな♡」と思っていたのに、「あるLINE」をきっかけに急に熱が冷めてしまった……そんなことって誰でもあるのではないでしょうか。
20代の女子たちに、そんな「熱が冷めてしまったLINE」をこっそり調査。いったいどんなとき、なんだか熱が冷めてしまうのでしょうか。早速見ていきましょう。

熱が冷めたLINE

もうヤダ!好きだったのに熱が冷めたLINE5選

【1】返事がめっちゃ遅い


シンプル。
忙しいことはわかっているし、別にもう子どもじゃないから5分以内に返事してとも思わない。丸一日返事が来なくたって、それはまぁそういうものかなとも思う。
でも、毎回3日くらい返事が来なかったり、毎回金曜にしか返事が来なかったりすると、ちょっと「私に興味ないのかな?」なんて脈ナシ感をかぎとって、なんとなく冷めるのが本音。

 

【2】いつも体調不良


やっぱり人間だって動物ですから、健康そうな人に惹かれるもの。
何度も風邪引いたLINEが来たり、なにかしらの病気にかかってたり、それで何度もデートを延期されたら「この人自己管理できてなさすぎじゃない?」と、ちょっと冷めてしまう。

 

【3】いつも誘いが22時くらい


いつも仕事が遅い人ならしょうがないこともあるし、22時からでも会いたいと思ってもらえるなら嬉しくなくはないけれど……。でも、毎回毎回22時とか、下手したら23時くらいに誘ってくる人がいたら、付き合っていればいいとしても、付き合っていなかったら「いくらなんでもお泊まり狙いすぎじゃない?」と、考えてしまう。

 

【4】「返事まだ?」と急かされる


やっぱりもしお付き合いをするなら、お互いのペースを尊重できるような人でありたい。
そして100歩譲って、付き合っているならある程度返事はちゃんとするとか、そういうルールは守る。でも、付き合っていないのに「返事遅くない?」とか「返事まだ?」と急かされると、そちら側のペースに合わせないといけない気がしてしんどいし、こちらのことは何も考えてないんだな……って、結構切なくなる。

【5】とにかく家に連れ込もうとする


特に冬は、「鍋しよう」とか「カニもらった」とか、宅飲みの口実がいろいろとあります。
宅飲みは楽しいものだけど、やっぱり付き合ってない男性の家に行くってそういうことだよね?と、女性側は少々警戒モード。1回くらいなら「まぁそういう距離感の人なのかな」と思うけど、断っても何度も家に誘ってくるような人は、ナシ!

 

「来たことある!」という方も多いのではないでしょうか?
もちろん人によっては「これくらい全然気にしない」という人もいるかと思いますが、やっぱりイヤだな、と思う人が多いもの。無意識のうちに「この人なんかイヤ」と思わないようにお気を付けください!(榎本麻衣子)

 

★だからモテないんだよ!モテない人が超やりがちなLINE5パターン

>CanCam.jp TOPにもどる

関連記事

Source: cancam