彼ママが嫌がらせしてきた「本当の理由」 #彼ママ事件簿

彼ママが嫌がらせしてきた「本当の理由」 #彼ママ事件簿
AD

登場人物

ぴぴ子(27歳):付き合って3カ月目の彼氏が盲目的に好きすぎる乙女。いつか結婚できると信じてプロポーズを待ち続けている。素直で愛嬌があるが、たまに失言をしてしまう一面も。

今回のゲスト・ミカ(27歳):ぴぴ子の幼なじみで、今年ハイスペ彼氏と結婚した。ゆるふわモテかわいい系OLだが、たまに口調が汚くなる。とあることがきっかけでチャンジャが大嫌い。

ぴぴ子:マイナビウーマン読者のみなさん、こんにちは♪ ぴぴ子です! 最近冷えますが、寒さ対策していますか? ぴぴ子は、誕生日に彼から貰ったもこもこソックスを履いて寝ています。おかげで、体も心もポッカポカです。さて、今回はどんな彼ママが登場するのでしょうか。

ミカ:え~? ぴぴ子、この前「誕生日プレゼントが靴下1足ってどういうことよ!」って怒っていたじゃない。この調子じゃクリスマスプレゼントも期待できないわね。

ぴぴ子:うっ、うるさい! ぴぴ子は「物より思い出」派だからいいんだもん!

ミカ:はいはい。まあ、私は旦那さんとクルーズディナーに行く予定だから、ぴぴ子もせいぜいクリスマスを楽しむことね。

ぴぴ子:くっ……(この女、昔から苦手なんだよな)。いいから、早く自己紹介しなさいよ。

ミカ:あ、ぴぴ子の幼なじみのミカです! 趣味はネイルとヨガ、大学時代はミスコンに出場して予選落ち、大学卒業後は一般事務をしています。

ぴぴ子:予選落ち情報いらんだろ。で、今日話してくれるのは、旦那さんのお母さんの話?

ミカ:まさか! 今のお義母さんじゃなくて、社会人1年目のときに付き合っていた彼氏のお母さんの話をしに来たのよ。別れたのも、その彼ママとの事件がきっかけなんだけどね。

ぴぴ子:えっ、そうだったの!? てっきり彼がミカのワガママに嫌気が刺したのかと……。

ミカ:(無視)あれは、彼と付き合いはじめて3カ月目……。彼は実家に住んでいたんだけど、「次の週末うちに来ない? 母さんが、ミカに手料理を振る舞いたいんだって」と誘われてね。

ぴぴ子:初対面から手料理を振る舞ってくれるなんて、やさしい彼ママ~!

ミカ:彼が自宅に招いてくれたのもうれしかったし、彼のお母さんが私のために手料理を作ってくれるって聞いて、さらに気持ちは舞い上がったわ。

ぴぴ子:彼ママはどんな人だったの?

ミカ:彼ママの第一印象は「人当たりがよくて明るい女性」だったよ。関西出身だから話も芸人並みにおもしろくてさ。家庭料理を大皿でバンバン振る舞ってくれて。

ぴぴ子:大皿料理って「THE・家族」って感じで憧れるなぁ。「あれ取って」とか「これ食べる?」とか。

ミカ:そうそう。「あっちのモツ煮取って」とか「エイヒレもっと食べる?」とか。みんなで料理を取り分けて、楽しい食卓だったのに……。突然起きた事件が、すべての終わりのはじまりだったのよ。

ぴぴ子:えっと、手料理が居酒屋メニューばかりなのは突っ込まないほうがいい?

ミカ:彼ママは家事・育児のかたわら仕事も万能にこなす人で、料理を作りながら、職場であったおもしろい話を繰り広げてくれたわ。でもそんなとき、私にこう話しかけてきたの。「ねえ、さおりちゃんはどう思う~?」って……。

ぴぴ子:さおりって誰!?

ミカ:ね、そう思うじゃない? ミカを「ミキ」とか間違えるならまだしも、「さおり」なんて一文字もかすってないし、文字数もちがうし。

ぴぴ子:明らかに、どこかの別人と間違えているとしか思えない。

ミカ:とりあえず笑顔で間違いを指摘したら、彼ママは「あ、ごめんね~」って謝ってくれたんだけど、そのあとも「さおりちゃん、そのチャンジャ取ってくれる?」「さおりちゃんは普段どんなお仕事してるの?」って、さおり攻めが止まらなかったの!

ぴぴ子:ねえ、だからさおりって誰!?

ミカ:その一件で、私はチャンジャが嫌いになったのよ。

ぴぴ子:チャンジャに罪はないのに、恐るべし彼ママパワー。それにしても「さおり」が気になる。もしかして彼の元カノとか、浮気相手とか?

ミカ:私もそう思ったから、彼ママがトイレに行っている間に「さおりって誰?」と彼に問い詰めたの。でも「知らない」の一点張り。信じられなくなった私は、「お母さんがそんなに何度も間違えるわけないじゃん!」「元カノなの!? それとも別の女もこの家に連れ込んでるの!?」「なんで隠すのよ!!」と怒鳴って、彼と大喧嘩。それ以来、私たちの関係はギスギスするようになって、破局しちゃったってわけ。

ぴぴ子:そんなことがあったんだ……。結局「さおり」って誰だったんだろう。

ミカ:それがね、事件からしばらく経ったあと、彼の十年来の親友に聞いて発覚したんだけど……彼に「さおり」なんて知り合いはいなかったの。

ぴぴ子:どういうこと!?

ミカ:すべては彼のお母さんが仕組んだ、私たちの仲を引き裂く作戦だったみたい。彼ママは息子への愛情が深いあまり、昔から彼女ができる度に「家に連れてこい」と言っては彼女の名前をわざと間違えて、混乱に陥れ、2人を喧嘩させていたらしいの。

ぴぴ子:ええ~! ニコニコと料理を振る舞う笑顔の裏にはそんな陰謀が!?

ミカ:あのころは私も若かったから、彼を信じることができずにまんまと彼ママの罠にはまっちゃったけど、今となっては感謝しているわ。

ぴぴ子:感謝?

ミカ:うん、相手を信じる大切さを教えてもらったから。結局のところ、私が彼のことを信じてあげられなかったのが破局の原因だし。

ぴぴ子:そうだけどさ、彼ママの嫌がらせがなかったら、そもそも喧嘩にならなかったんだよ?

ミカ:あの場は、ね。でもあのまま付き合い続けても、きっといつかは別れていたわ。彼ママにはまんまとやられちゃったけどさ、今の旦那さんと結婚して幸せなのはあの一件のおかげかなって。だからあれは嫌がらせなんかじゃなくて「試練」だったと思うの。

ぴぴ子:あ、なんかいい話っぽくなってきた。

ミカ:だからぴぴ子も、彼ママに何かされても「試練」だと思って戦わなきゃ。怖がっているだけじゃ、結婚なんて手に入らないよ!

ぴぴ子:そうだね、ぴぴ子もがんばる! 今日は話を聞かせてくれてありがとう。そうだ、久々に会ったんだしこのあと一杯どう? 近くに行きつけの居酒屋があるんだよね!

ミカ:行かねぇ。

ぴぴ子:えっ?

ミカ:居酒屋は死んでも行かねぇ。

ぴぴ子:ミ、ミカ?

ミカ:居酒屋のメニューにあるチャンジャを見るだけで、あのときのほくそ笑む彼ママが頭に浮かんで殴りたくなるから絶対無理!!

ぴぴ子:せっかくいい感じで終わらせようとしてたのに、チャンジャがめちゃくちゃトラウマになってるじゃん!

ミカ:ぴぴ子もチャンジャには要注意よ。

ぴぴ子:う、うん……(チャンジャが出てくる食卓なんて滅多にないと思うけど)。

(文:パンジー薫、イラスト:まめ、構成:マイナビウーマン編集部)

※登場人物の設定は一部フィクションです

Source: マイナビウーマン