女子だってしたい!キスしたくなるシチュエーション6つ

女子だってしたい!キスしたくなるシチュエーション6つ
AD

大きな声で言うのは恥ずかしいけれど……女子にだって「キスしたいなぁ」と思う瞬間はありますよね。こんな気持ちを察して、実際にキスをしてくれる男性は、女子にとって魅力的な恋人だと言えそうです。では具体的に、女子はどのような瞬間に、キスしたい気持ちを募らせているのでしょうか。女子がキスしたくなるシチュエーションを6つ紹介します。

キス

女子だってしたい!キスしたくなるシチュエーション6つ


■ふたりきりになったら

「好きな人とふたりきりになったとき。もっと近づきたくなるから」(25歳・会社員)

「好きな人とふたりきりのとき。誰も見てないと思うと大胆になれる」(31歳・アルバイト)

「素敵なレストランなどでごちそうしてもらったあとのエレベーターや車の中。相手がかっこよく見えるし、密室になるから」(34歳・会社員)

キスはしたいけれど、誰かに見られるのは恥ずかしいのが女子たちの本音です。ふたりきりになった瞬間、「キスしたい!」気持ちが抑えられなくなる女子も、少なくないと言えそうです。

■ロマンチックな夜!

「夜景の見えるところで、見つめ合うとき。好きな人といたら幸せそう」(40歳・会社員)

「夜景やイルミネーション。綺麗でロマンチックな雰囲気だから」(28歳・アルバイト)

「イルミネーションを見に行ったとき。寒いねって言いながらくっつけるから」(28歳・アルバイト)

キスといえば、やっぱり夜!? 特に夜景やイルミネーションなど、ロマンチックな雰囲気に弱い女子が多いよう。ふたりきりの穴場スポットを探してお出かけしてみることで、初キスまでの流れもスマートに誘導できるのかもしれませんね。

■お酒の力で大胆に

「ほろ酔い気分のとき。人肌恋しくなる」(32歳・アルバイト)

「お酒を呑んでいるとき。酔っているから」(47歳・専業主婦)

「お酒に酔ったとき。淋しくなるから」(56歳・会社員)

お酒を飲んで判断力が低下すると、誰かにくっつきたくなる気持ちが増加していくものなのかも……? とはいえ、相手は「誰でも良い」というわけではないはずです。たとえ酔っぱらっていても、相手の見極めだけは冷静に行いたいところです。

■リラックスしたタイミングで

「家でスープをのんでるとき。一緒にいるとあったかいから、触れ合いたいから」(38歳・会社員)

「家でくつろいでるとき、あー好きだなと思ったとき。好きだな~と思ったらみんなしたくなると思う」(24歳・学生)

「ソファーなどでじっと見つめられたとき。リラックスしていて、ふと目が合ったときのドキドキ感があるので」(35歳・会社員)

意外にも多かったのが、こちらの意見です。ごく日常の風景の中、何気なく「キスしたいなぁ」と感じる女子も多いよう。勇気を出して彼に気持ちを伝えてみたら、ふたりきりの甘くて幸せな時間が過ごせるのではないでしょうか。

■デートの締めくくりはキスで

「デートの帰り際。まだ帰りたくない、一緒にいたい気持ちが高まるから」(23歳・会社員)

「好きな人と一緒に帰っているときの別れ際。まだ一緒にいたいけど帰らなければいけない名残惜しさから」(17歳・学生)

「デートしてバイバイするとき。バイバイするのが寂しい」(29歳・会社員)

デートの別れ際のキスは、「まだまだ一緒にいたいけれど……」という名残惜しさの証拠だと言えそう。キスをして気持ちを確かめ合ってからバイバイすることで、寂しさも少し紛らわせられるのかもしれませんね。

■眠っている彼に……♡

「好きな人の寝顔を見たとき。じーっと見つめられたとき。寝顔がかわいいとチューしたくなる!」(25歳・会社員)

「いつでもどこでも……強いて言うなら彼が眠っているとき。隙があるから」(22歳・専業主婦)

彼の寝顔に彼女がキス! なんだかとても微笑ましい情景です。無防備な男性を前に母性本能をくすぐられてしまう気持ち、「わかる!」という女子も多いのではないでしょうか。

女子たちが「キスしたい!」気持ちを募らせる瞬間はいかがでしたか? 高まる気持ちを素直に伝えてキスをしたら、彼の気持ちもより一層燃え上がるのかもしれませんね。大好きな人と一緒に過ごすときには、ぜひ「キスしたい」気持ちが高まる瞬間にも注目してみてください。

 

意中の相手に「キスしたいと思わせる」テクニック

>>CanCam.jp TOPヘ

関連記事

Source: cancam