簡単スタイルアップ♡スキニーパンツのおすすめ冬コーデ9選

簡単スタイルアップ♡スキニーパンツのおすすめ冬コーデ9選
AD

メリハリコーデに♡スキニーパンツの着こなし例

空前のニットブーム到来とともに、スキニーパンツにラブコールが殺到中! もこもこニットなど、ボリュームのあるトップスと相性のいいスキニーパンツの着こなしをクローズアップ。どんなアイテムとも合わせやすい、黒スキニーの最旬コーデもチェックして♪

【目次】
スキニーパンツを合わせるかわいい冬コーデ
黒スキニーパンツ 冬コーデ

スキニーパンツを合わせるかわいい冬コーデ


【1】最愛のふわふわニットで〝今ドキかわいい〟を目指して♡

最愛のふわふわニットで〝今ドキかわいい〟を目指して♡

目を引くレモンイエローは、はき慣れた細身のシンプルデニムで落ち着かせて。ニュアンスカラーの小物をぼかすようになじませると、コーディネートがこなれた雰囲気に仕上がります。

CanCam2018年12月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/トラウデン直美(本誌専属) 構成/木村 晶

【2】旬ブラウンは差し色イエローを効かせてピリッと、が新しい♥

旬のブラウンは差し色スパイスを効かせてピリッと、が新しい♥

リラックス感のあるカーデを、スキニーデニム&ハイヒールで女っぷりよくミニマムに。マスタード色でさらにスパイスをオンすれば、ブラウンのこなれ見えが加速します!

CanCam2018年12月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/トラウデン直美(本誌専属) 構成/木村 晶

【3】スキニーデニムとゆったりニットで脚線美をアピール!

スキニーデニムとゆったりニットで脚線美をアピール!

ボリュームのあるケーブルニットには、すっきり細いスキニーパンツで女らしいパーツを強調。これがブルーデニムのスキニーだとちょっと古い印象に…韓国っぽいイメージの、辛口ブラックスキニーがいいんです!

CanCam2018年12月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/木村 晶

【4】辛口スキニーをレースブラウスでほんのりレトロに♡

辛口スキニーをレースブラウスでほんのりレトロに♡

ヴィンテージ感のあるブラウスをスキニーデニムでストイックに。トレンドのボアコートをはおることで、コーデの鮮度がアップします♡ さらに、大ぶりビジューや大粒パールなど、リッチ見えアイテムでデニムコーデを格上げ。パーティなどでも活躍しそうなビジューBAGは、あえてカジュアルコーデに投入してラフに持つのが上級者です。

CanCam2019年1月号より 撮影/来家祐介(aosora) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/鈴木海希子 モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/田中絵理子

【5】ニット×デニムの定番コーデは小物で今っぽくアップデート

ニット×デニムの定番コーデは小物で今っぽくアップデート

冬のお出かけには、寒空に映える鮮やかなブルーのニットをチョイス♪ 太めのリブ素材が今年らしく、ゆるっとしたドロップショルダーで女性らしさもプラスしてくれる一着です。そんなボリュームたっぷりのニットは、すっきりとしたスキニーデニムを合わせてバランスよく。足元は白の甲広パンプスを選んで、重くなりがちな冬のニットスタイルに抜け感を加えて。さらにニット×デニムの定番スタイルをぐっと格上げしてくれるのは、リッチな雰囲気が漂う巾着型のバッグ。生地にUSEDのラグが使用されており、他とかぶらないオリジナル感がたまらなく可愛いんです♡

★【今日のコーデ】ニット×デニムの冬定番スタイルは、小物でアップデート♡

黒スキニーパンツ 冬コーデ


【1】ふわふわニット×ストリート小物で今ドキかわいい女の子に

ふわふわニット×ストリート小物で今ドキかわいい女の子に

だぼっとしたビッグサイズのニットは、クールな黒スキニーで引き締めて。マニッシュ&スポーティな小物合わせで、甘さのあるブルーをこなれて見せるのが今どきです!

CanCam2018年12月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/木村 晶

【2】ゆるっとかわいい映えニットを黒スキニーで大人っぽく!

ゆるっとかわいい映えニットを黒スキニーで大人っぽくシフト

ニットに鮮やかなピンクを選んでも甘すぎないのは、ミックス感のあるメランジニットゆえ。コーデの主役に投入してもこなれた雰囲気が高まるので、シャレ感のあるピンクコーデが楽しめます♡ ボトムは辛口な黒スキニーをチョイスして、ピンクの引き締め&クールな印象をトッピング。ピンクのイメージが変わるような着こなしは、休日コーデで手慣らしするのがオススメです。

CanCam2018年12月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/木村 晶

【3】赤を効かせたカジュアルで女の子らしさもぬかりなく

赤を効かせたカジュアルで女の子らしさもぬかりなく

防寒マストの旅行など、おしゃれだけどしっかり温かさも確保したいシーンには、ムートン風コートと大判ストールであったかかわいい着こなしに。コートは着膨れしないデザインを選んで、すっきり着るのが大人見えのポイントです。赤ニットとスキニーで、コートを脱いでも女らしい色味&シルエットがアピールできるのも好ポイント!

CanCam2019年1月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/青山絵美 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 構成/浜田麻衣、時吉 茜

【4】ラフかつおしゃれ! スエットパンツで今旬カジュアルに

ラフかつおしゃれ! スウェットパンツで今旬カジュアルに

カジュアルな印象の強いスエットパンツは、ハイウエストやスキニーシルエットで女性らしく見せてくれるデザインを選ぶのがコツ。シルエットにタイトさを出しつつモノトーンコーデでまとめれば、ルーズになりすぎない上級カジュアルのできあがり。スキニーボトムには細見え効果もあるので、大きめトップス×短丈アウターに合わせると脚長効果も期待できます。アクセントにレオパード柄のバッグとニット帽をプラスすれば、周りと差のつく大人のラフコーデが完成。足元は、上品なローファーでピリっと引き締め。足首を見せることで抜け感が出て、よりこなれた着こなしが完成します。

★【今日のコーデ】細見え効果抜群!スウェットパンツの大人な着こなし

関連記事

Source: cancam