「雪ぐ・呷る・質す」簡単そうで読めない漢字。あなたはいくつ読めますか?

「雪ぐ・呷る・質す」簡単そうで読めない漢字。あなたはいくつ読めますか?
AD

「雪ぐ・呷る・質す」簡単そうで読めない漢字。あなたはいくつ読めますか?


雪ぐ

「雪」という漢字単体なら読めるけれど、送り仮名がついて「雪ぐ」となると途端に読めなくなってしまう。そんな経験ありませんか?

これまでの「意外と読めない」シリーズでは、「間髪をいれず」「態々」「健か」「不束」「挙って」「松明」「剃刀」「団扇」といった、読めそうなのに読めない漢字を出題してきましたが、今回はこちらの漢字!

 

♦雪ぐ

トップバッターは「雪ぐ」。ゆきぐ? せつぐ? そんな声がたくさんあがるこの言葉。読み仮名は簡単そうで、意外と難しいみたい……

正解は……

 

「そそぐ/すすぐ」です!!

 

「汚名を雪ぐ」など案外使う場面はたくさんありそう!? 漢字単体じゃなくてもさらっと読めるようにしておきたいですね。

 

★「雪ぐ」の読み方は?「ゆきぐ」でも「せつぐ」でもないよ

♦呷る

お次は「呷る」。ん?  部首がくちへん……。これは口に関係していることがなんとなくわかるけれども。「うなる」ではありませんよ。ビールをぐいーと飲むときに使うあの言葉です。

 

正解は……

「あおる」です!!

「うなる」と読み間違えやすいこの漢字。これを期に正しい読み方を理解しておきましょう。

 

★「呷る」の読み方は?「うなる」じゃないよ!

 

♦質す

最後は「質す」。なんだ簡単じゃん、「しつす」でしょ?と思ったそこのあなた、そのことば聞いたことがありますか……。またこの漢字意外なルーツを持っているのだとか。意味は質問の時に使われる「質」と同じですよ!
さぁ、答えを当ててみてください♪

 

正解は……

 

「ただす」です!! 意味は、「たずねて明らかにする。質問する。きく」。(デジタル大辞泉より)
そして、読み仮名がおなじ、「正す」と語源が同じだというから、驚きです。

 

★「質す」ってよめる?「かす」でも「さとす」でもないよ

 

あなたは一体いくつ正解できましたか??

気晴らしやちょっとした開いた時間に恋人や友人に問題として出してみてもおもしろいと思いますよ。ぜひ、日常にも役立てて使ってみてくださいね♡(金武弘花)

 

★他にもチャレンジしてみる? 漢字クイズ 記事一覧はコチラ!

>>CanCam.jp TOPへ戻

関連記事

Source: cancam