白コートで無敵のかわいさを♡おすすめ冬コーデ17選

白コートで無敵のかわいさを♡おすすめ冬コーデ17選
AD
目次

目次

女のコらしさ120%♡白コートの着こなし

女の子らしくて可愛い白コートスタイルから、今シーズンのおすすめコーデをクローズアップ。ファー付きコートやロングコート、そしてショートコートなど、とっておきの白コートスタイルを紹介します♡

【目次】
ファー付き白コート 冬コーデ
白のロングコート 冬コーデ
白のショートコート 冬コーデ

ファー付き白コート 冬コーデ


【1】ラフなダッフルコートをミニ丈ボトムでヘルシーかわいく♡

AYAMI'S STYLE 王道かわいい あやみAYAMI'S COAT KEYWORD 「ロマンティックな甘さをまとう」かわいいものが大好きなあやみ。冬のおしゃれのメインとなるコートこそ、ふわふわな素材ややわらかカラーで、とことん女の子らしく、SWEETに着こなすのがルール。『ダッフルコートは…「ミニボトム合わせでフレッシュかわいく」ダッフルコート自体がややカジュアルな印象なので、ミニ丈のボトムやワンピでアクティブにまとめるとバランスのとれた着こなしが完成します。あやみらしいキュートな雰囲気も♡』

ロゴニット×チノ素材のスカートを、美シルエットのダッフルコートで上品トラッド仕上げて。コートから見えるスカートにハイウエストを選ぶだけで、見た目の脚長効果もばっちりです。

CanCam2018年12月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/青山絵美 ヘア&メーク/森 ユキオ(ROI) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/石黒千晶、佐藤彩花

【2】ふわふわフードのダッフルでロマンティックな甘さを

ふわふわフードのダッフルでロマンティックな甘さをまとう

フィット&フレアのニットワンピでちょっぴり背伸びしたい日は、甘さもアピールできる白のダッフルが好相性♡ シックなネイビーのニットワンピはケーブル編みやカーヴィなデザインなど、コートを脱いでもサマになるデザインが魅力です。ダッフルコートはややカジュアルな印象なので、ミニ丈のワンピとバランスのとれた着こなしが完成します。仕上げはブーム復活のロングブーツを合わせてお嬢ライクに。

CanCam2018年12月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/青山絵美 ヘア&メーク/森 ユキオ(ROI) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/石黒千晶、佐藤彩花

【3】雪のような白ダッフルでピュアな女の子らしさを

AYAMI'S STYLE 王道かわいい あやみAYAMI'S COAT KEYWORD 「ロマンティックな甘さをまとう」かわいいものが大好きなあやみ。冬のおしゃれのメインとなるコートこそ、ふわふわな素材ややわらかカラーで、とことん女の子らしく、SWEETに着こなすのがルール。『ダッフルコートこの冬も王道レディにいきたいから、お育ちよさげなダッフルコートを指名。優しい色やディテールなど、甘さたっぷりの一枚を選ぶと好感度もGETできちゃう!』

パッと目を引くのは、トグルやループ、フードのファーまでクリアな白で統一したダッフルコート。程よくタイトなシルエットと上質なファーが、はおるだけで美人オーラを演出してくれる一枚です。インナーは、黒のリブニット×ツイードフレアで上品なモノトーン配色に。コートを脱いでもおしゃれがきまる、華やかで品のある着こなしです♡

CanCam2018年12月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/青山絵美 ヘア&メーク/森 ユキオ(ROI) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/石黒千晶、佐藤彩花

白のロングコート 冬コーデ


【1】チェック柄スカートとダッフルコートで最旬トラッドを意識

Couple Similar 03ユニクロのメンズニット、この冬どう着る?『ベーシックなメンズラインは、女子でも絶妙なシルエットで着られるアイテムが豊富。新作ニットから、おしゃれの軸となる優秀品を厳選。さらに、PRの若林智子さんにこだわりのポイントを教えてもらいました!』

滑らかなラムウールのタートルニットを、ハイウエストのタイトスカートにすっきりIN。グリーンのニットやダークな色味のスカートを、クリアな白ダッフルで洗練された印象に。抜け感や軽さが出るのでオススメです。

CanCam2018年12月号より 撮影/鈴木 新(go relax E more)スタイリスト/塚田綾子 ヘア&メーク/小澤麻衣(mod’s hair) モデル/トラウデン直美(本誌専属) 撮影協力/鈴木敦美  構成/西村真樹

【2】女の子らしいモーヴな色味で大人かわいい雰囲気をアピール♡

AYAMI'S STYLE 王道かわいい あやみAYAMI'S COAT KEYWORD 「ロマンティックな甘さをまとう」かわいいものが大好きなあやみ。冬のおしゃれのメインとなるコートこそ、ふわふわな素材ややわらかカラーで、とことん女の子らしく、SWEETに着こなすのがルール。『ダッフルコートは…「ミニボトム合わせでフレッシュかわいく」ダッフルコート自体がややカジュアルな印象なので、ミニ丈のボトムやワンピでアクティブにまとめるとバランスのとれた着こなしが完成します。あやみらしいキュートな雰囲気も♡』

ホワイトダッフルの女の子らしさを、花柄スカートで最高潮に高めて…♡ 白×ピンクの愛され配色に、レディなジャカードスカート、ふわもこファーバッグをプラスすれば、あざといくらいかわいいコーデの出来上がり!

CanCam2018年12月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/青山絵美 ヘア&メーク/森 ユキオ(ROI) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/石黒千晶、佐藤彩花

【3】花柄のロングスカート×黒タートルでほんのりレトロに♡

花柄のロングスカート×黒タートルでほんのりレトロに♡

タイトな黒タートルと、レトロ感のあるロングスカートを合わせたヴィンテージ風スタイル。キラリと光る耳と足元のビジューでひと盛りすれば、より洗練された着こなしにアップデート。さらにスクエアトウのビジューパンプスを合わせてレトロ感を加速させれば、フェミニンで今っぽい印象がまとえます♡

CanCam2019年1月号より 撮影/来家祐介(aosora) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/鈴木海希子 モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/田中絵理子

【4】顔周りもオーラもトーンアップするエクリュコートで美人映え♡

顔周りもオーラもトーンアップするエクリュコートで美人映え♡

トレンド感たっぷりのチェック柄ロングスカートにリブニットをIN。小柄な人でも攻略しやすい好バランスな着こなしは、今っぽい見た目と防寒が叶うおすすめコーデ。大柄のチェックならロング丈でも幼く見えず、シャレ感も抜群です。アウターは、顔周りもオーラもトーンアップしてくれる、エクリュのノーカラーコートできれいめな印象に。

CanCam2019年1月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/堀田 茜(本誌専属) 撮影協力/ビオセボン中目黒店 構成/浜田麻衣、時吉 茜

【5】目を引くイエローニットでイベント映えも確実♡

目を引くイエローニットでイベント映えも確実♡

おしゃれに気合いが入る日は、アクティブだけどトレンド感がアピールできる配色テクで差をつけて。クリアでおしゃれっぽいレモンイエローのニットをデニムですっきりまとめたら、パイピングが大人っぽいボアコートで大人めな印象に。さりげなく黒を効かせることで適度なメリハリ感が生まれるので、カラーニットの着こなしがぐっとおしゃれに決まります。足元はデニムからのぞくロゴソックスでさりげないストリートムードをプラスしつつ、厚底ローファーで今っぽい外しをさらにON! イベントシーズンの映えコーデには、 感度の高い小物合わせが重要です♡

CanCam2019年1月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/青山絵美 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/レモネードbyレモニカ渋谷ストリーム店 構成/浜田麻衣、時吉 茜

【6】シンプルコーデの鮮度を上げるもこもこコートが今旬!

シンプルコーデの鮮度を上げるもこもこコートが今旬!

思わず触れたくなる、毛足長めのもこもこファーが今っぽい♪ 抜け感のあるノーカラーなら、品はあってもゴージャスすぎない〝きれいめカジュアル〟が叶います。九分袖からニットの色をチラリとのぞかせて、おしゃれなレイヤードを楽しんで!

CanCam2017年12月号より 撮影/須江隆二(See) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI) モデル/宮本茉由(本誌専属) 撮影協力/田邉沙緒莉 VD/菅 博子 構成/新城真紀

【7】最旬フォルムの大人コートで定番コーデをアップデート♡

最旬フォルムの大人コートで定番コーデをアップデート♡

キュートなBIG襟とボリューム感が今っぽいミーハーコートは、はおるだけで絵になる存在☆ ニットにデニムを合わせた冬の「あるあるコーデ」には、バツグンにこなれて見える主役級コートが不可欠です。ゆるっとしたシルエットで、おしゃれに厚みをもたせてあげて!

CanCam2017年12月号より 撮影/須江隆二(See) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/RYO(ROI) モデル/まい(本誌専属) 撮影協力/田邉沙緒莉 VD/菅 博子 構成/新城真紀

【8】淡いホワイトグラデを秋色キャメルでレディに締めて

淡いホワイトグラデを秋色キャメルでレディに締めて

白ニット×ベージュのフレアスカートで、フェミニンな淡色グラデに。白×淡ベージュ×キャメルでまとめた品のいいカフェラテ配色は、かわいさだけでなく清潔感やきちんと感もアピールOK! 好印象が狙えるので、おしゃれ感度も恋愛力もグッと高めてくれそう♡ 冬の街に映えるピュアホワイトで、愛されオーラを振りまいて。

CanCam2017年12月号より 撮影/須江隆二(See) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI) モデル/宮本茉由(本誌専属) 撮影協力/田邉沙緒莉 VD/菅 博子 構成/新城真紀

白のショートコート 冬コーデ


【1】流行のエコファーはニュアンスカラーでシャレ感UP!

流行のエコファーはニュアンスカラーでシャレ感UP!

クリーミーなホワイトとふわもこファーで女の子らしさ3割増し! サイドに切り替えが入ったデザインで、華奢見せも叶います。スカート見えするチェックショーパンを合わせれば、鮮度もさらにUPします!

CanCam2018年12月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/青山絵美 ヘア&メーク/森 ユキオ(ROI) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/石黒千晶、佐藤彩花

【2】ボアアウター×ニットワンピで一歩先ゆくカジュアルに

ボアアウター×ニットワンピで一歩先ゆくカジュアルに

トレンドのボアジャケットをこっくりオレンジのニットワンピにゆるっと重ねて、こなれ感漂うリラックスカジュアルに。Ⅰラインのニットワンピに少し背抜きしてはおったコートが愛らしい雰囲気を引き立てます♡ バッグはワンピに近いイエローをチョイスして、カラーONカラーの色遊びを楽しんで。

CanCam2018年12月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/菊池かずみ モデル/楓(本誌専属) 構成/石黒千晶、佐藤彩花

【3】ボアコート×カラーニットでメリハリのある今どきコーデに

KAEDE'S STYLE 女の子カジュアル 楓KAEDE'S COAT KEYWORD 「一歩先ゆくカジュアル感」根っからのカジュアル好きな楓が選ぶのは、他と差のつくトレンド最新アウター。女の子らしいアイテムと組み合わせて、いちばん自分らしくいられるスタイルを完成させて。『ボアコートは…「メリハリカラーを加えてNOTほっこりに」ゆるっとしたシルエットに、もこもこした肌触りで冬らしいあたたかみのあるボアコート。目を引くカラーアイテムと組み合わせて着こなすことで、メリハリのある今どきコーデに!』

ボアコート×深みのあるパープルニットが、ほんのり大人な雰囲気を香らせる最旬カジュアル。ワイドパンツを合わせたゆる×ゆるのコーデも、ニ ットとバッグでINしたパープルがシャープなアクセントをプラスしてくれます。強いカラーを入れることで、スニーカー合わせでもNOTほっこりが叶います!

CanCam2018年12月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/菊池かずみ モデル/楓(本誌専属) 構成/石黒千晶、佐藤彩花

【4】洋服だと敬遠しがちなレオパード柄を小物でIN!

洋服だと敬遠しがちなレオパード柄を小物でIN!

ボリュームスカートからチラリと覗く足元に、旬のレオパード柄でさりげないアクセントを。アニマル柄の辛さをバレエシューズの甘さで緩和した一足は、トレンドのブラウン系コーデにもぴったりです。重くなりがちな冬コーデの足元に、派手柄と抜け感をプラスしてこなれた印象に仕上げましょ!

CanCam2019年1月号より 撮影/来家祐介(aosora) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/鈴木海希子 モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/田中絵理子

【5】白のショート丈ボアコートでミニスカを程甘に中和♡

白のショート丈ボアコートでミニスカを程甘に中和♡

ミニスカート投入で、親しみのあるかわいらしさをテーマに♡ コンパクトなシルエットと大人っぽい千鳥格子が映えるスカートは、人気ブランドH&Mでゲットできるプチプラ名品。黒トップスでモノトーンにまとめつつ、イノセントな白ボアコートで顔周りをパッと明るく! ボアコートはシンプルなデザインなので、ミニスカートの甘さを中和させてくれるのもポイントです。ベレー帽と筒型バッグで、感度の高い小物合わせも楽しんで♡

CanCam2019年1月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/青山絵美 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 構成/浜田麻衣、時吉 茜

【6】差し色のボディバッグでシャレ感&機能性もばっちり♡

差し色のボディバッグでシャレ感&機能性も準備万端♡

白ニット×黒パンツの王道モノトーンコーデは、トレンドのボディバッグとレオパード柄のフラット靴が程よいこなれ感を演出♡ 白のハイネックニットにエクリュのPコートを重ねることで、やわらかで女らしい白の奥行きも楽しめます。ストレッチの効いたジョガーパンツなら長時間の移動も楽ちん! 上品に見せながら動きやすさも機能性もばっちりなので、週末のショートトリップやドライブデートにオススメです。

CanCam2019年1月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/桑野泰成(ilumini.) モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/浜田麻衣、時吉 茜

関連記事

Source: cancam