忘年会シーズン到来!女子達がやってしまったお酒にまつわる「恐ろしすぎる」失敗談

忘年会シーズン到来!女子達がやってしまったお酒にまつわる「恐ろしすぎる」失敗談
AD

女子達がやってしまったお酒にまつわる「恐ろしすぎる」失敗談


忘年会シーズン真っ只中の今、12月から1月は何かとお酒を飲む機会が多いもの……というわけで、今回のテーマは「何回お酒に酔って記憶をなくしたことがありますか?」です。

飲み過ぎが原因でやらかしてしまう、なんてこともこの季節のあるある。CanCam.jp編集部が20~30代女性100人(平均年齢25.5歳)に独自調査した平均データと、記憶ロスト経験者チームの爆笑エピソードをあわせてご紹介します!

お酒で記憶をなくした経験ある女子のガチエピソード


へべれけ

 

Q.何回お酒に酔って記憶をなくしたことがありますか?

何回お酒に酔って記憶をなくしたことがありますか?

平均:1.2回
最高:数えきれない
最低:0回
最も多かった回答:0回
記憶ロストの経験がある人:38%

意外とみんな記憶ロストしたこと、なし!

 

ただし、経験がある人は「数えきれない」「10回」など常習犯の方も多いようです。一度記憶をなくすとなくしグセがついてしまうのでしょうか?
さらに「記憶をなくしたことはないけど忘れたいことは5回くらいある」「酔いすぎて“酔いの覚まし方”を延々ググッていたことはある」など、記憶ロスト予備軍の方もいるようで……皆さん女の子なんですから気をつけて!

さて、それでは「記憶ロスト」経験者チームの思い出深いエピソードを一挙ご紹介します!

 

■きっと楽しかったんだろうなあ編

「自分が爆笑している写真がスマホにいっぱい入っていた」(記憶ロスト歴:1回)

「高いところに登って、くまのプーさんに出てくる男の子、クリストファー・ロビンのモノマネをしていたらしいです。アニメも見たことないのに……」(記憶ロスト歴:30回)

記憶にないことが悔やまれるほど楽しい場だったのでしょう!

 

なんでこんなことになってしまったの編

「朝、気がついたら顎が外れてた」(記憶ロスト歴:数えきれない)

「クラブ帰りの朝、気がついたらブサイク3人とファミレスで朝ごはん食べてた……」(記憶ロスト歴:数えきれない)

「一見普通に見えたそうですが、コンビニで3,000円分食料を購入し、びっくりするほど普通に帰ったらしいです」(記憶ロスト歴:数えきれない)

「気がついたらブサイク3人とファミレスで朝ごはん」という文の味わい深さに乾杯。

現実とフィクションの境目があいまい編

私「岡田くんの友達が死んじゃったの……(号泣)」
友「そっか……つらいことがあったんだね……」
私「岡田くんの友達がフカに食べられて死んじゃったの……!(嗚咽)」
友「?」
映画『永遠の0』で、V6岡田くん演じる軍人の部下が飛行機で墜落したシーンについて泣きながら説明していたらしいです」(記憶ロスト歴:数えきれない)

ありますよね。フィクションの話を現実のように話してしまうこと……。

 

文明に頼れない編

「大学生の冬、気づいたら「お客さん終点ですよ」状態に。お金がなさすぎて缶コーヒーであたたまりながら歩くも、途中で携帯の電池が切れてしまい、なんとGoogle Mapにも頼れない状況に。「わたしならだいじょうぶ……!」とブツブツ言いながら、深夜2時の住宅街を疾走して帰りました」(記憶ロスト歴:3回)

無事に帰宅できて何よりです。帰巣本能バンザイ!

 

たたみかける壮大な恥ずかしいエピソード編

「トイレで大のほうをして、そのまま流さずにトイレで寝てしまいました。心配した友達が、トイレの扉を登り中に侵入。パンツをあげて、トイレを流して次の店まで連れていってくれました。が、次の店(小さい馴染みのBAR)でも爆睡していて、起きたときにはあたしの失態が店中の笑い話に! 店のマスターも「毎年この日はう○こナイトだ! ドリンク半額だぞ(笑)!」と異常な盛り上がりを見せていました。しかも、ちょうどデリケート部分の脱毛中で、アンダーヘアがないことが知れ渡ったことも恥ずかしかった」(記憶ロスト歴:5回)

これだけやらかしてしまえばもう何も怖いものはなさそうです。

 

味わい深いエピソードの数々、いかがでしょうか。こんなになるほど酔いたくない……と思うと同時に、自分が記憶を失ったらいったいどうなるのか怖いもの見たさで気になる方もいるのではないでしょうか。でも、「救急車で運ばれた」といったエピソードもありましたから、飲み過ぎには充分ご注意ください。お酒は楽しくほどほどに!

 

>お酒で記憶をなくした経験ある女子のガチエピソードがやばい

 

お酒にまつわる「ありえない」失敗談


酔ったノリで悪ノリしてしまったり、好きな人に恥ずかしい姿を見せてしまったり、他人に迷惑を掛けたり……お酒を飲み過ぎて失敗しちゃった経験はありませんか? 飲み過ぎが原因でやらかしてしまった……今回は、お酒をこよなく愛する人に聞いた、「お酒にままつわる失敗談」をご紹介します!

お酒
(c)Shutterstock.com

【お酒の失敗談】ケース① 行きつけのバーで

行きつけのバーに行ったが、その前に結構飲んでたからソファーで爆睡。しかも、その寝顔(仰向けで口開けてた)が本当に酷すぎたらしく起きた瞬間みんなに笑われ、バーに来るお客さんみんなに私の寝顔を見せられてた。恥ずかしすぎて酔い冷めました……。(27歳/女性)

これは恥ずかしい! 自分ってこんなひどい寝顔をしていたんだ……と軽くショックを受けてしまいそうです。

 

【お酒の失敗談】ケース② 目が覚めたら一文無し

飲み会で飲みすぎ、目が覚めたらなぜか品川駅改札前に(帰り道ですらない)。しかも、リュックごと、財布、携帯、定期、家の鍵、iPod、衣類などを盗まれていて一文無し。警察に1,000円借りて帰宅できましたが、後日学生証と衣類だけ道端に放棄されているのを警察が発見してくれました。(23歳/男性)

災難すぎるエピソードですね……。何日間か立ち直れなくなりそう。

【お酒の失敗談】ケース③ 某ファミレスのワインで泥酔

某ファミレスの安いワインをデキャンタで頼み記憶を失った。気がついたら駅途中の駅員室にあるベッドで毛布を掛けられて寝ていた。 誰もいなかったのでお礼のお手紙を置いて失礼しました……。(28歳/男性)

安いから、とついつい飲み過ぎてしまうのもお酒のあるある。しかも、ワインは悪酔いしやすいのでこんな事態にならないように気をつけたいですね。

【お酒の失敗談】ケース④ 上司に絡みまくる

会社の忘年会でつい飲み過ぎて、上司に絡みまくってしまった(しかもタメ口で)。あとでその様子を同僚に聞くと私の言動にみんなドン引きしていたらしい。翌日気まずくて上司の顔を見ることもできなかった。(24歳/女性)

翌日気まずくなる気持ちも分かりますが、絡まれた上司の気持ちもお察しします……。

【お酒の失敗談】ケース⑤ 気づいたら病院のベッドに

大学時代に普段飲まない日本酒をイッキ。急性アルコール中毒になって、気づいたら病院のベッドの上。もう2度と日本酒は飲まないと誓いました。(28歳/男性)

意外と多かったのが「急性アルコール中毒」。楽しいお酒の席ですが、これだけは本当に気をつけてほしいですね。

 

>もう消えたい…。お酒にまつわる「ありえない」失敗談

 

禁酒したほうがいいなと真剣に思った瞬間


お酒って楽しいけどその反面、怖い一面があるじゃないですか。飲みすぎて次の日起きて「ああ、もうお酒やめよう」と決心するような、そんなお酒の失敗。

お酒の失敗

ということで次は、お酒がなかなかやめられない成人女性45人に「禁酒したほうがいいなと真剣に思った瞬間」について聞いてみました。

禁酒したほうがいいなと思った瞬間ランキング

4位 つき合うきっかけがお酒……8%

・起きたら知らない人とつき合うことになっていたことが3回続いたとき(36歳・会社員)

・自分から告白したのか相手からされたのか、大事なことなのに覚えていなくて、それから半年は反省して禁酒しました(29歳・WEBデザイナー)

4位はお酒を飲みすぎて始まった交際を後悔したという意見。ただ、起きたら日常が変わってるなんて幼いころに憧れた少女漫画のようですね、前向きに考えれば。

 

3位 お金がない……15%

・飲み代にお金がかかりすぎて、他を節約しなきゃ生活できなくなるっていうところまで懐が寒くなったとき(28歳・アパレル)

・どんなに飲んでも理性は失わずそして酔いもさめる。なくなるのはお金と時間だけで無駄だなと気付いたときは虚しい気持ちになった(33歳・会社員)

3位はお金がないがランクイン。飲んでどうでもよくなって毎回タクシー帰宅や、終電に乗ったのに気持ち悪くなって途中下車して結局タクシーなど飲み代はもちろん、タクシー代がかさんでお金がないという人、多かったです。

あと、酔うと支払いたくなる人も。見ず知らずの人にまでおごって、起きて財布すっからかんどころかカードの請求が信じられない額だったときに禁酒しなきゃと思ったそうです。

 

2位 起きたらどこか分からない……26%

・知らない駅、知らないお店の椅子の上、知らない人の家、知らないベッド……と、知らない場所で起きること多数で、やらかすたびにやめようと思うのにまだ禁酒できてません(29歳・医療事務)

・電車で寝てしまい、起きたら隣の県(終点)で、漫画喫茶で一晩明かして、そこから折り返したら、まだ酔いがさめてなくて寝てしまい逆サイドの隣県にある駅(逆の終点)で、合計1都2県を行ったり来たり、家に通常20分のところ家に帰り着くのにほぼ半日かかったとき(31歳・美容師)

永遠のお酒の失敗の定番が2位に。起きたら知らない場所とか命の危険があるので、これは本当に自分の飲み方を改めたほうが良さそうだなと思います。こんな人がたくさんいて、でもなんとなく笑い話になる……日本は平和な国だなと思いました。

 

1位 怪我が多い……38%

・旅先の韓国で酔っ払って横断歩道でダッシュしたら両足捻挫してた。した瞬間は酔ってて気付かず、翌朝気付いた。海外で怪我や病気は治療費が怖いので控えなきゃと思った(33歳・経理)

・起きたらベッドが血だらけだったとき。原因はコケて擦り傷がそこかしこにできたまま寝相悪く寝たことでした(30歳・会社員)

これは本当に危ない。そして痛すぎる。なかには怪我はなかったものの、タクシーを止めようと前に飛び出して体で止めた、なんて人も。酔うと気が大きくなったり注意力散漫だったりと怪我の原因になりそうなものがたくさんありません。怪我の原因が酔っ払いなんて笑いはとれても誰にも同情されず悲しいだけなのでご注意ください。

 

お酒がないと生きていけない女子が「禁酒しよう」と思った瞬間ランキング

 

「お酒は飲んでも飲まれるな」そんな言葉も痛いくらい沁みますね。お酒はほどほどに、楽しい飲み会をしてくださいね!

★周りから早く帰ってほしい…と思われてしまう「忘年会ブス」がやりがちなこと

>>CanCam.jp TOPヘ

関連記事

Source: cancam