2018年は幸福だった? もっとも「幸福度」の高かったのは、東京でも福岡でもなくアノ県でした!

2018年は幸福だった? もっとも「幸福度」の高かったのは、東京でも福岡でもなくアノ県でした!
AD

2018年もそろそろ終盤。この時期になると、毎年どんな1年だったか振り返ることも多いのではないでしょうか。新しいことに挑戦してみたり、努力が実ったり……。今年はどんな1年でしたか?

ということで、今回は今年1年を振り返って自分の「幸せ度合い」に点数をつけてもらいました! 幸福度が高い人の多い年代、地域は一体どこでしょうか?

幸せ

◆2018年の幸福度が高かった年代は?

0~100点満点で自己採点してもらった「幸福度」。自己採点理由と共に、まずは年代ごとに見ていきましょう。

1位「10代」66.2点
2位「20代」66.1点
3位「60代以上」65.8点
4位「30代」65.3点
5位「40代」63.0点
6位「50代」62.3点

10代以下が66.2点で1位という結果となりました。青春真っただ中の10代は幸福度も高いようです。

「大学生になり、新しい出会いや恋人ができたりと嬉しいことがたくさんあったから。」(10代・男性)

新しい環境に変わって、新しい出会い。大学などって10代だからこそ体験できることですよね。また恋人…聞いているだけで幸せなのが伝わってきます♡

続いて、20代が2位に。新社会人や新婚も多く、将来への希望から幸福度も高いのかもしれませんね! 幸福度が高かった方に自己採点理由を聞くと、

「海外ボランティアに行ったから。」(20代・女性)」

だそう。20代になり金銭面にも余裕が生まれ、今までやりたかったことに挑戦することができたという方が多かったです。海外ボランティアって中々経験のできないことですし、達成感を味わえますよね。

3位は60代以上となりました。子どもの独立や仕事がひとだんらくしたことで、余暇を持てるようになり、幸福度が高いのかもしれませんね!

「子どもが結婚して元気な孫が生まれた事。」(60代・女性)

60代になると、相手のことでも幸せだと感じられる心の余裕ができるのでしょうか…。たしかに今までずっと育ててきた子供の結婚や孫の誕生は嬉しいことですよね。周りの大切な方が幸せだと自分も自然と笑顔になれそうです♡

一方で、40代・50代は他の世代に比べて低い結果となりました。社会的な責任が重く、気苦労も多いのかもしれません…。続いて、都道府県別の幸福度を見ていきましょう!

◆1番幸福な都道府県は……?

1位「沖縄県」66.3点
2位「三重県」66.1点
3位「山梨県」65.5点
4位「京都府」「福岡県」「愛知県」「奈良県」65.4点
8位「滋賀県」「兵庫県」「岡山県」65.3点

1位は66.3点で沖縄県。青い海と温暖な気候のもとで暮らす南国の方々は、幸福度が全国で最も高い結果となりました。沖縄って訪れるととてもゆったりとした雰囲気を感じられる、のんびりと自由な場所ですよね。穏やかな気候は、楽観的で穏やかな人柄を作り、幸福に感じられる方が多くなるのでしょうか。

続いて僅差の2位で三重県、3位に山梨県となりました。

 

みなさんの2018年は何点でしたか? 様々な出来事があった中できっぱりと何点! と決めるのは難しいですよね。もうすぐ2018年も終わり。良い年だった人もそうでなかった人も、2019年が素敵な1年になるよう今から準備を整えましょう♪ (齋藤有紗)

情報提供元/株式会社LINE

 

>>CanCam.jp TOPヘ

関連記事

Source: cancam