あなたはどう?「別れた彼氏と友達に戻れない人」はこんな人!

あなたはどう?「別れた彼氏と友達に戻れない人」はこんな人!
AD

あなたはどう?「別れた彼氏と友達に戻れない人」はこんな人!


カップル

 

あなたは恋人と別れた後に、友達に戻れますか? 全然OKと考える人から、絶対にムリという人まで様々でしょう。ふたりの関係性によるところが大きいかもしれませんが、最終的には自分の気持ちひとつですよね。そこで今回は、「別れた彼氏と友達に戻れない人の心理傾向」をご紹介いたします。

 

■自分が納得せずに別れている

別れた後、友達に戻れない人の多くは振られた側であるケースが多いと言えます。なぜなら、達成したことや納得したことは、速やかに忘れられるのに対し、未完の出来事や完成されていない課題はいつまでも心に残るためです。これは心理学者レヴィンの提唱する心理効果です。まだ恋人と関係を続けたいと思っていたのに、一方的に関係を断たれたら感情的なしこりが尾を引くため、友達に戻ることはできなくなるのです。

 

■相手の行動に悩んで答えを出した

付き合いの中で別れがあったとしても、自分で考えて答えを出すことで、その体験が心に深く刻まれてしまうこともあります。これを心理学では自己説得効果と呼び、自分から積極的に行動したことの方が記憶に残るとされています。これは良い側面もあるのですが、例えば、相手が自分勝手な行動をとったことで、あなたが悩んで結果を出した場合、自己説得効果によって記憶に残ってしまい、そのネガティブな度合いによっては二度と相手と友達になることができなくなるのです。

 

■友達に戻る必要がない

心理学者バウアーは記憶に関して、情動と情報は一緒に記憶の中に貯蔵されると考えました。つまり、感情と出来事は一緒に結びついて覚えられているということです。これは例えば、恋において不幸な出来事があった人が悲劇的な映画を観ると、細部まで思い起こすことができることと似ています。これをバウアーは気分適合的情報処理と呼びました。この心理効果によると、相手の嫌な部分を具体的に知っていると、もはや友達に戻る必要すらないと考える人も少なくないのです。

 

■相手に許せない何かがある

ハーバード大学のロジャー・ブラウン教授はフラッシュバック記憶なるものを提唱しました。これは個人的に重大な出来事は、あたかも写真のように鮮明に記憶されるというもの。このように衝撃的な出来事、つまり相手に対して許せない何か、例えば浮気や暴力などがあった場合は、友達として親しくなることは不可能でしょう。いつまでも根深いところで許せないため、関わりたくないと思う傾向に。

 

日本におけるある調査によると、恋人と別れた後に友達に戻れると考える人は68%だと分かりました。この数字からも分かるように、別れた後も仲良くできる人はやや少ないよう。
やはり表面上では親しくしようとしても、どこか感情的なしこりが残るのかもしれません。別れた後でも仲良くできているカップルは、よほどいい別れ方をしたのかもしれません(脇田尚揮)

脇田尚揮
認定心理士。Ameba公式No.1占い師として雑誌やTVなどに取り上げられ、現在テレビ東京「なないろ日和」にてレギュラーコーナー担当。また、自身が監修したアプリ 「マル見え心理テスト」はTBS 「王様のブランチ」 などでも紹介され、120万DL。著書『生まれた日はすべてを知っている。』(河出 書房新社)。

 

★モテない女子の特徴はコレ!モテるためにすべきこと&心理学

 

>>CanCam.jp TOPヘ

関連記事

Source: cancam