あるある!大掃除で出てきた懐かしいもの

あるある!大掃除で出てきた懐かしいもの
AD

年末の大掃除では、普段手を付けられない場所まで、しっかりとお掃除したい!と思う方も多いはずです。普段あまりチェックしない場所から、「思いがけないアイテムが発掘された!」なんて経験はありませんか? 大掃除の手を止めてしまうトラップでもあり、また一方で、大掃除の醍醐味とも言えそうですね。176名に聞いた、みんなが過去の大掃除で発見した「懐かしいアイテム」を紹介していきます。

大掃除

■文集・アルバム・通知表


「小学生の時の卒業文集、アルバム」(17歳・高校生)

「幼稚園や学校のアルバム」(28歳・会社役員)

「通知表」(31歳・アルバイト)

昔のアルバムや、卒業文集など、なつかしさがたくさん詰まったアイテムに、つい大掃除の手もストップ! 大掃除あるあるですよね。年末年始に同級生と集まる予定がある方は、そのまま持っていくと盛り上がりそうですよ。

■日記・手紙


「中学生の頃の交換日記」(24歳・会社員)

「学生時代の友達からの手紙。今でも捨てられません」(42歳・会社員)

「写真やプリクラ、チケット、過去の手帳や日記」(24歳・会社員)

アルバムや文集よりも、よりプライベートな過去のやりとりが発見されて、驚く女子もいるようです。当時の自分や友だちが、どんなことを考えていたのか、鮮明に思い出させてくれるアイテムですよね。

■過去の恋の思い出


「幼稚園時代の好きな人とのツーショット写真! 」(17歳・学生)

「元彼と行ったディズニーで付けていたミニー耳」(35歳・会社員)

「元カレからの大量のラブレター」(28歳・会社員)

捨てようにも捨てられず、そのまま忘れ去られてしまった、過去の恋の思い出たち。懐かしい思いと共に、少しだけ苦い気持ちがよみがえってしまうかも……!? スッパリ処分した方が、前向きに未来へと進んでいけるのかもしれません。

■溜まっていくのに捨てられないアレ


「昔の漫画雑誌の付録」(23歳・学生)

「マンガのふろく」(19歳・学生)

なぜだか捨てにくいのが、漫画雑誌の付録です。堂々と使うのはちょっと恥ずかしいお年頃になってからも、「実は捨てられずとってある」という方も多いのではないでしょうか。せっかくの大掃除ですから、きちんと向き合ってみるのもオススメですよ。

■失くしたはずの物


「なくなったと思った本」(21歳・会社員)

「紛失していたアクセサリーです。ポケットに入れてしまうことが多くてよく失くしてしまいます」(36歳・会社員)

過去に失くしたと思ったアイテムを、大掃除で発見! これが大掃除の醍醐味だと言えそうです。どんな場所から発見されたのかをしっかりとチェックして、これから先に活かしていきましょう!

■黒歴史?


「へその緒。マンガキャラ宛のラブレター。めちゃくちゃ恥ずかしいです」(21歳・会社員)

「昔ファンだった芸能人に書きかけたファンレター。もちろん捨てました」(31歳・無職)

大掃除がきっかけとなり、思わず叫びだしたくなるような過去が発掘される可能性もアリ……!? 発見したのが今の自分で良かった!と前向きに考え、丁重に処分してみてください。

2018年の大掃除は、これから頑張る!という方も多いのかもしれませんね。頑張れば頑張るほど、過去の意外なアイテムが発見される可能性も大です。ぜひそんな「発見」も楽しみながら、気持ち良く新年を迎えるための準備をしてみてください。

★きれいな部屋への近道!年末年始の大掃除で「捨てた方がいい物」7つ

>>CanCam.jp TOPヘ

関連記事

Source: cancam