そのマスクのつけ方、無意味です!医師が教える正しいマスクの使い方【風邪Q&A】

そのマスクのつけ方、無意味です!医師が教える正しいマスクの使い方【風邪Q&A】
AD

風邪やインフルエンザが気になる季節。年末年始休暇で気を抜いていたら風邪をひき、せっかくのお休みが台無しになってしまった、新年仕事明け早々風邪でツラい……は、切ない! この機会に正しい風邪予防を知っておきましょう♡
CanCam2月号では、さまざまなメディアで活躍する医師・大谷義夫先生に「正しい風邪予防」を根掘り葉掘りうかがってきました。その中から一部をご紹介します♪

★【風邪Q&A】風邪は予防できる!正しい手洗い&うがいのポイント

Q.マスクをつけていれば風邪はうつりませんか?


つけ方が間違っていれば効果半減です!

マスク

アンケート結果によると、マスクは正しく使えていない人が7割を超えると言われています。

×鼻を出している…これは論外です。

×2日以上同じマスクを使う…ウイルスがついているマスクを使っては無意味です。できれば外出ごとに取り換えるのが理想です。僕は診療日は1日に20枚くらいマスクを使います。

×顔との間に隙間ができている…ウイルスが侵入しやすくなってしまい、効果半減です。女性は小さいサイズのものを選んで、顔にしっかりフィットさせてください。

高いマスクを大事に使うよりは、安くてたくさん入っているマスクをどんどん使っていくほうが風邪予防効果は高いです。

正しいつけ方は…

1.まずは鼻部分のワイヤーを鼻にフィットさせる。
2.紐を両耳にかける。
3.マスクのプリーツをあご下までしっかり伸ばし、隙間をできるだけなくす。

です。

外すときは、マスクの表面をさわってしまいがちですが、表面にウイルスがついている可能性があります。片手で耳にかけている紐部分だけを持って外しましょう。

 

意外と「まぁマスクをつけていればいいよね」と、つけ方にまで意識が及んでいない方が多いのでは……と思います。ご注意を!
次回以降もどんどん風邪トピックスをご紹介していきます。お楽しみに!(後藤香織)

答えてくれたのは……
池袋大谷クリニック 大谷義夫先生
医学博士、日本呼吸器学会専門医・指導医、日本アレルギー学会専門医・指導医、日本内科学会総合内科専門医・指導医。日本一の呼吸器患者数を誇るクリニックの院長として知られ、テレビ、ラジオ、新聞、雑誌への出演多数。

 

★絶対休めない人の風邪対策。モーニング娘。’18の鉄人ガール、生田衣梨奈がしてること

>CanCam.jp TOPにもどる

関連記事

Source: cancam