お正月に食べたいご馳走ってなんだろう?女性の答えは…

お正月に食べたいご馳走ってなんだろう?女性の答えは…
AD

お正月には、家族そろってご馳走を囲むのが楽しみ!という方も多いのではないでしょうか。普段は食べられないようなお正月料理を堪能できるのも、この時期ならではの魅力ですよね。とはいえこの「御馳走」、地域や各家庭によって、差があるケースも多いようで……。

そこで今回は、女性たちが思う「お正月の御馳走」について176名にアンケートを実施しました。早速結果を紹介していきます。

お正月

■お正月の定番「おせち」

「おせち。栗きんとん」(26歳・会社員)

「おせち料理! 高級ホテルやレストランのおせちだとテンションが上がります」(25歳・会社員)

「実家のお節料理」(47歳・会社員)

お正月の御馳走の定番といえば、やっぱり「おせち」です。重箱に詰められた、おめでたい料理の数々は、一年の始まりを実感させてくれますよね。手作り品にも購入品にも、それぞれの良さがあります。その年の気分に合わせて選んでみるのもオススメですよ。

■おせちとセットで楽しみたい「もち料理」

「お雑煮」(31歳・自営業)

「磯辺焼き」(20歳・学生)

おせちとセットで楽しみたいのが、「もち料理」です。お雑煮が定番ですが、それ以外の食べ方を好む方も少なくないようです。お雑煮は、日本で古くから親しまれてきた、「ハレの日」に食べる料理です。地域ごとの差が大きい料理でもありますから、身近な人と「オススメのお雑煮」について情報交換してみてはいかがでしょうか。

■いろいろ楽しめる「オードブル」

「おせち……と言いたいところだけどオードブル」(31歳・無職)

「オードブル」(19歳・学生)

近年、おせちの代わりに用意する方も増えているのがオードブルです。内容を自由に決定できること、小さな子どもでも比較的食べやすいことが人気の秘密です。「おせちを作っても大量に余ってしまう……」なんてときには、オードブル導入を検討するのも良さそうですよ。

■普段はなかなか食べられない「高級魚介類」

「鯛です」(20歳・学生)

「蟹」(27歳・専業主婦)

「伊勢海老のお造り」(25歳・会社員)

お正月のおめでたい雰囲気の中で、普段はなかなか食卓に並ばない、高級魚介類を堪能する方も多いよう。今年はどんなメインにしようか、考えるのもお正月準備の一つです! ぜひ、家族みんなで楽しんでみてください。

■ガッツリ系メニューの代表「肉」!

「ステーキ、ローストビーフ」(25歳・会社員)

「すき焼き」(29歳・専業主婦)

「ふるさと納税の牛肉」(28歳・会社員)

お正月でもガッツリ系メニューは外せない!と思う方には、お肉メニューがオススメです。思い切って洋風メニューを取り入れるのも良いですし、「すき焼き」であれば和の雰囲気を楽しむこともできるでしょう。好みに合わせて選んでみてくださいね。

■懐かしいあの味

「おばあちゃん家のご飯」(18歳・学生)

「のっぺ!」(24歳・会社員)

お正月という特別なタイミングだからこそ、自分にとって懐かしい味を楽しみたい!と思う方も多いのでしょう。「のっぺ」は新潟県の郷土料理で、野菜や鶏肉の煮物に、里芋でとろみをつけた「おふくろの味」です。実家に帰るのも良いですし、自分自身で再現メニューに挑戦してみるのもオススメですよ。

日本にはさまざまな行事がありますが、「お正月はやっぱり特別!」と感じる方も多いのではないでしょうか。ぜひ好みの御馳走を用意して、家族でホッコリできる時間を過ごしてみてくださいね。美味しい食事が、みんなの絆をより一層深めてくれるはずですよ。

 

>>CanCam.jp TOPヘ

関連記事

Source: cancam