首にネギ?ハチミツ?医師が語る、風邪のとき食べるといいもの【風邪Q&A】

首にネギ?ハチミツ?医師が語る、風邪のとき食べるといいもの【風邪Q&A】
AD

風邪やインフルエンザが気になる季節。年末年始休暇で気を抜いていたら風邪をひき、せっかくのお休みが台無しになってしまった、新年仕事明け早々風邪でツラい……は、切ない! この機会に正しい風邪予防を知っておきましょう♡
CanCam2月号では、さまざまなメディアで活躍する医師・大谷義夫先生に「正しい風邪予防」を根掘り葉掘りうかがってきました。その中から一部をご紹介します♪

★普通の風邪なら、病院に行く必要なし!医師が語るその理由【風邪Q&A】

Q.風邪をひいたら、何を食べたらいいですか?


ハチミツが最強です。

ハチミツ
(c)Shutterstock.com

ハチミツには抗炎症作用があります。これまでにアメリカで1本、アジアで3本、「ハチミツと咳止めはどちらが効果的か?」という実験論文がありますが、実はすべてハチミツのほうが効果的というデータが出ています。肺炎やインフルエンザなどの場合はもちろん病院に行くべきですが、通常の「ちょっと風邪ひいたかな?」くらいの初期段階はハチミツをなめておきましょう。

食欲があるなら普通にお肉などを食べてもまったく問題ありません。
食欲がないときは無理して食べる必要はありませんが、一切何も食べないのは良くありません。免疫バランスを整えてくれるヨーグルトがおすすめです。

Q.「首にネギ」「大根のハチミツ漬け」が効くって……ホントですか?


「首にネギ」はまったく根拠がありません。しかも、ネギに風邪に効く成分が入っているかと言われると特にありません。含まれるアリシンという栄養素にリラックス効果があるくらいでしょうか……。
「大根のハチミツ漬け」も、大根が風邪に効くという医学的データはありません。ハチミツに抗炎症作用があるというエビデンスはあるので、普通にハチミツをいただいておけば問題ないかと思います。

 

ハチミツがここまで効果的とは驚き! この季節は常備しておきたいですね。
風邪にまつわるトピックスはまだまだ続きます。次回をお楽しみに!(後藤香織)

 

答えてくれたのは……
池袋大谷クリニック 大谷義夫先生
医学博士、日本呼吸器学会専門医・指導医、日本アレルギー学会専門医・指導医、日本内科学会総合内科専門医・指導医。日本一の呼吸器患者数を誇るクリニックの院長として知られ、テレビ、ラジオ、新聞、雑誌への出演多数。

★絶対休めない人の風邪対策。モーニング娘。’18の鉄人ガール、生田衣梨奈がしてること

>CanCam.jp TOPにもどる

関連記事

Source: cancam