「今日の会議はコンセンサス方式で行います」今さら聞けないビジネス用語の意味わかる?

「今日の会議はコンセンサス方式で行います」今さら聞けないビジネス用語の意味わかる?
AD

「今日の会議はコンセンサス方式で行います」今さら聞けないビジネス用語の意味わかる?


ビジネス用語
(c)shutterstock.com

街にはクリスマスソングが流れ、イルミネーションがキラキラと輝く12月。忘年会などイベントごとも多く、年末に向けて楽しいことばかりだという方も多いかもしれません。しかし同時に、インターン等の活動を始める学生が増える時期でもあります。
そんな学生さんや、もちろん社会人の皆さんにも、知っていてあたりまえ、今さら人には聞けないビジネス用語をレベル別に3つ紹介! 全ての意味がわかるかチェックしてみてください♪

第一問
レベル★☆☆ リマインド

例文 「今度の予定のリマインドよろしく」

これは学生の皆さんもよく使っている言葉ではないでしょうか。

 

答えは……

【思い出させること】です。

 

リマインド 【remind】
思い出させること。思い起こさせること。

デジタル大辞泉より引用

つまり上の例文は「今度の予定の再確認をよろしく」という意味になります。
ビジネス用語として紹介しましたが、スマホのリマインダー機能など日常的にも使われている言葉です。

これは簡単でしたかね?
次はレベルアップしてもう少し難しくなりますよ。
ふたつ目はこちらです。

第二問
レベル★★☆ コンセンサス

例文 「今日の会議はコンセンサス方式で行います」

コンセントではありませんよ。
答えは……

【意見の一致。合意。】です。

コンセンサス 【consensus】
意見の一致。合意。「社内の―を得る」

デジタル大辞泉より引用

つまり上の例文は「今日の会議は全会一致方式で行います」という意味になります。
ちなみに似た単語のコンセントには同意という意味もありますが、ビジネスシーンではコンセンサスを使うのが無難でしょう。

どうでしたか? 段々と難しくなってきましたね。
続いては最後の用語です。

第三問
レベル★★★ バッファ

例文「バッファがあるから大丈夫」

音楽家のバッハではありませんよ。これはちょっと難しいかもしれません。
答えは……

【記憶装置。保存領域。】です。

バッファー‐きおくそうち 〔‐キオクサウチ〕 【バッファー記憶装置】
コンピューターで、動作の異なる二つの処理システム間で、データ処理速度や処理を行う時間の違いを調整するため、一時的に記憶を蓄える装置。緩衝記憶装置。バッファーメモリー。

デジタル大辞泉より引用

このように、もとともコンピュータに関する用語でしたが、最近は「ゆとりがある」という意味でビジネス用語として用いられることが多いです。
つまり上の例文は「余力があるから大丈夫」という意味になります。
「バッファはあります!」と答えると、サポート役も任せられるかもしれません。

今回は以上3つのビジネス用語をピックアップして紹介しました。
どうでしたか、全てわかりましたか?

今回紹介したような用語や、当たり前のように使っている言葉でも、案外意味を取り違えていることは多いです。仕事上で、知ったかぶりをして大きなミスをしてしまう前に、素直に周りの人に聞いてみるのも大切かもしれませんね。(佐々木雪乃)

 

★他にもチャレンジしてみる? 雑学クイズ 記事一覧はコチラ!

>>CanCam.jp TOPへ戻る

関連記事

Source: cancam