ハイウエストパンツで脚長に♡おすすめの冬コーデ15選

ハイウエストパンツで脚長に♡おすすめの冬コーデ15選
AD

美ウエスト&脚長をアピール!ハイウエストパンツの着こなし

今っぽくてスタイルがよく見えるハイウエストパンツは、今シーズンの冬コーデに必要不可欠!大人気のコーデュロイ素材など、今すぐマネしたい最旬のパンツコーデを紹介します。

ハイウエストパンツ 冬コーデ


【1】遠目からでも目を引く大柄チェックが街に映えて♡

遠目からでも目を引く大柄チェックが街に映えて♡

トレンドのチェックコートの中でも、黒×白のグレンチェックはよりマニッシュでクールな印象。かっこよさも大人っぽさも手に入るので、チェックを辛口に着こなしたい人にオススメです。着映えや今どき感、そして大人っぽさも叶えてくれるダークカラーのチェック柄は、離れた場所からも目に留まるので、冬のおしゃれコーデに最適。インナーに合わせたのは、Vネックのモヘアニットとコーデュロイのワイドパンツを合わせた最旬スタイル。素材感や柄など今っぽさを存分に詰め込んでも、落ち着いたカラーでまとめれば感度の高い着こなしに仕上がります。

CanCam2019年1月号より 撮影/YUJI TAKEUCHI(BALLPARK) スタイリスト/青山絵美 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 構成/石黒千晶

【2】おしゃれなスーパーロング丈はワントーンで感度高く

おしゃれなスーパーロング丈はワントーンで感度高く

ダスティブルーのコートにネイビーのパンツを合わせた、爽やかでおしゃれっぽいグラデコーデ。マスキュリンなくすみブルーのコートは、×ネイビーのコーデュロイパンツでとことんハンサムに振るのが正解です。

CanCam2019年1月号より 撮影/YUJI TAKEUCHI(BALLPARK) スタイリスト/青山絵美 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/トラウデン直美(本誌専属) 構成/石黒千晶

【3】旬のブラウンコーデはレオパード柄をアクセントに

旬のブラウンコーデはレオパード柄をアクセントに

ゆるっとしたアイテム選びはもちろん、ブラウンと白でまとめた色合わせが今っぽさ抜群! さらに流行レオパード柄のスカーフアレンジで、トレンドのゆるずるコーデもワンランク上の着こなしに♡ 主張しすぎず、程よくスパイシーなヒョウ柄小物は今季マスト!

CanCam2019年1月号より 撮影/来家祐介(aosora) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/鈴木海希子 モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/田中絵理子

【4】最旬のトレンド配色で存在がおしゃれな人に♡

こなれシンプル 恋の12月のリアルSTYLE 7

定番のニット×ワイドパンツの着こなしも、トレンド色を掛け合わせたパープルとブラウンのカラーリングでセンスUP! どちらの色味にも赤みがあるので、不思議とまとまりが生まれる配色です。オフィスにすんなり馴染むパンツスタイルは、ハイウエストの技ありデザインでシャレ感もさりげなく。ウエストのボタンやサイドのポケットなど、ほっそりウエストと高めの腰位置を演出してくれるディテールも魅力です♡

CanCam2019年1月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/青山絵美 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/ビオセボン中目黒店、レモネードbyレモニカ渋谷ストリーム店、ミーガン バー&パティスリー 構成/浜田麻衣、時吉 茜

【5】ボートネック×コーデュロイで女っぽさも漂わせて♡

idea2なんだか懐かしい…が新しい!【ほっこりコーデュロイボトム】を女っぽく着るKEY POINT 5『子供の頃に着ていたような懐かしいムードのコーデュロイボトムが大ブレイク中。ほっこりレトロな存在感だから、女っぽい要素を足してキレよく着こなすのがおすすめ。野暮ったくならないためのポイントはこの5つ!』

エクリュとブラウンのまろやかな配色に、インパクトのある千鳥格子を合わせた洗練コーデ。キャメルブラウン、ハイウエスト、程よいワイドシルエット、とレトロな要素が詰まった細畝のコーデュロイパンツや、トラッドなチェスターコートに女っぽさが漂うのは、パンツのさりげない光沢感とワイドボートネックのニットのおかげ♡ ちらっと見える肌の抜け感が重要なんです。さらに、小ぶりのバッグやベージュのブーツをプラスする、レトロフェミニンな小物使いもポイントです。

CanCam2019年2月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/川嵜 瞳(PEACE MONKEY)モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/木村 晶

【6】クラシカルなフリルブラウスで最旬レトロMIX

idea4今すぐから春まで味わい尽くすなら…【レディブラウス】を冬→春へ着回しまSHOW!『本気の古着でも新品でも、選びの決め手はクラシカルでレディライクなこと。繊細レース、フリル、シルキー素材、ガーリーなギャザーetc.大げさなくらいのディテールも今シーズンはアリ!今すぐ買って冬服とレイヤード、春になったら一枚で、とことん着回し尽くそう♪』

ギャザーフリルのブラウスは、古着ならではの繊細なディテールがツボ♡ ブラウスのボタンを開けてほんのり大人っぽく着こなせば、カジュアルなパンツもきれいめな印象にシフトします。小物は黒パンプス&黒バッグで、ヴィンテージブラウスを都会的に引き締めて。

CanCam2019年2月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/遊佐こころ(PEACE MONKEY)モデル/トラウデン直美(本誌専属) 構成/木村 晶

【7】短丈ニットでつくる今どきモードなバランスが旬

短丈ニットでつくる今どきモードなバランスが旬

ショート丈ニットにチェック柄のワイドパンツを合わせて、今どきっぽいトラッドコーデに。ドラマティックカラーが軽やかに着られるのも短丈ニットの魅力。浮いちゃう? と気になるビビッドな赤は、トレンドの短丈でぜひトライを♡ 強い色でも軽快なコーデに仕上がります。

CanCam2018年12月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/木村 晶

【8】短丈ニット×コーデュロイのワイドパンツで旬バランスに

短丈ニット×コーデュロイのワイドパンツで最旬バランスに

ボリューム感のあるボトムと好相性の短丈ニットは、合わせるだけで今っぽい全身バランスがつくれる推しアイテム。今季はコーデュロイ素材のパンツを指名して、全体を辛口にまとめるのが気分です。コンパクトなニットが一枚あれば、ワイドボトムでもスタイルアップが叶います♡

CanCam2018年12月号より 撮影/酒井貴生(aosora) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/堀田 茜・石川 恋(以上本誌専属) 撮影協力/田中かほり 構成/西村真樹

【9】ハッピーな赤ニットで男前なカーキをトーンアップ!

ハッピーな赤ニットで男前なカーキをトーンアップ!

赤・カーキ・ベージュにトレンドのレオパード小物をプラスした、おしゃれ感度の高いカラーMIXコーデ。素材感が繊細なカシミアニットは、ニットアウターを重ねてももたつかないのが魅力です。

CanCam2018年12月号より 撮影/鈴木 新(go relax E more)スタイリスト/塚田綾子 ヘア&メーク/小澤麻衣(mod’s hair) モデル/トラウデン直美(本誌専属) 撮影協力/鈴木敦美 デザイン/芋生麻子(Beeworks) 構成/西村真樹

【10】トレンドの色合わせ×首元に〝大人な遊びゴコロ〟を♡

トレンドの色合わせ×首元に〝大人な遊びゴコロ〟を♡

白ニットにブラウンのワイドパンツを合わせたきれいめコーデに、透明感のあるブルーのコートをON! まろやかな配色と首に巻いたスカーフが、旬のレトロムードを醸し出す大人っぽい着こなしに。ボリューム感のあるワイドパンツでつくる重めシルエットも、首元が開いたVカラーコートならすっきりスマートにきまります。

CanCam2018年12月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/青山絵美 ヘア&メーク/MAKI(P-cott) モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/石黒千晶、佐藤彩花

【11】ゆとりのあるケーブルニットでこなれ見えも抜群!

ゆとりのあるケーブルニットでこなれ見えも抜群!

ベージュのワイドパンツに合わせた大きめのケーブルニットは、ベーシックにまとまりすぎないようにファー付きコートで鮮度をアップ! 襟ぐりがすっきりしているノーカラーのデザインなので、オーバーサイズのタートルニットと相性も抜群です。アウターは合わせやすいネイビーをチョイスすれば、着回し力も期待度大♡

★【今日のコーデ】GUの「ゆるニット」が驚異の着回し力を発揮!

【12】ショート丈ダウンが主役のドライブデートstyle♡

ショート丈ダウンが主役のドライブデートコーデ♡

この時期に頼れるアウターのダウンコートは、ショート丈でコンパクトに取り入れるのがトレンド。ベーシックなネイビーを選べば、ジャンル問わず活躍します。 さらに全体的に重くなりすぎないように、明るめのボトムを合わせて引き算コーデに。寒さ対策をしながらも、しっかり洒落見えも叶えましょ♡ 足元は、ポインテッドトウのパンプスで女性らしさをONすれば、冬のドライブデートにぴったりな上品カジュアルが完成します。ショートダウンが主役の日は、ニットのクラッチバッグで抜け感や軽さをプラスするのもポイント。投入するだけでトレンド感がアップするおすすめのアイテムです。

★【今日のコーデ】冬のデートにも♡ダウンはショート丈が美人!

【13】どんなスタイルにも合うノーカラーコートでラフに防寒

どんなスタイルにも合うノーカラーコートでラフに防寒

暖かさ+シャレ見えも叶えてくれるアウターといえば、ノーカラーのコートがイチオシ。襟がついていない分すっきりと着こなせたり、タートルネックなど襟元にアクセントのあるアイテムとも相性抜群♪ カジュアルなワイドパンツスタイルにはもちろん、オフィスシーンでも活躍する注目のアウターです。そんなコートを主役に、他のアイテムはモノトーンですっきり統一。定番のボーダートップスは、バルーンスリーブなど癖のあるデザインを選ぶのがベスト。コートを脱いでもおしゃれがきまる、この時期頼れるアイテムです。

★【今日のコーデ】今買って春までお役立ち。ベージュのノーカラーコートは万能!

【14】ベーシックカラーに馴染むラベンダー色のパンツで美人見え♡

ベーシックカラーに馴染むラベンダー色のパンツで美人見え♡

寒い日のコートスタイルは、ボトムにラベンダーカラーを取り入れるだけで女性らしくて洗練された着こなしに。トップスやアウターを変えればガラリと印象が変わるので、春先まで着回せるのも嬉しいところ。ラベンダー色を選ぶだけで、ハンサムなワイドパンツがぐっとフェミニンな印象にきまります♡

★【今日のコーデ】美人スタイリストがお手本!極寒でも春先取りのおしゃれ

【15】ふわふわニット×コーデュロイパンツで旬素材コーデに

ふわふわニット×コーデュロイパンツで旬素材コーデに

シンプルなワンツーコーデは、ヴィンテージ感のある配色で鮮度を上げて。くすみパープル×ブラウンの新鮮カラーミックスなら、今っぽいムードが加速します! 色で旬をアピールすると、シンプルコーデが洗練されておしゃれっぽくきまります♡ 足元はコンバースで、こじゃれた抜け感を。

CanCam2018年12月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/トラウデン直美(本誌専属) 構成/木村 晶

関連記事

Source: cancam