女性が本当に嬉しい行動はコレ!「優しい男性」の条件9つ

女性が本当に嬉しい行動はコレ!「優しい男性」の条件9つ
AD

女性が本当に嬉しい行動はコレ!「優しい男性」の条件9つ


女性たちに「好きなタイプは?」と聞くと、今も昔も「優しい人」と回答する方が多いのではないでしょうか。
しかし、「優しい」って、結構曖昧な言葉。男性からしたらそれが「優しいことをしたつもり」でも、女性からしたらありがた迷惑だったりすることも、悲しいけれどよくあるものです。
10~40代の女性158名に「では、優しい男性ってどんな人?」と聞いてみると、女性たちが本当に求めている「優しさ」の傾向が見えてきました。

優しい男性

◆人を思いやって行動できる


「気遣いができる人」(回答超多数)
「思いやりがある人」(回答多数)
「気遣いができる人。レディーファーストだったり、当たり前だけど人を下げたりしない人」(20歳・学生)
「相手を気遣って先回りできる人」(24歳・契約社員)

やはりまずは「気遣い」ができる人。自分のことだけになるんじゃなくて、相手のことも思いやって行動できる。それが最も多い回答でした。

 

◆器が大きく、包容力がある


「包容力がある」(回答多数)
「心が広く、おおらか」(回答多数)
「器が大きい人」(回答多数)
「あらゆる場面で寛容」(24歳・会社員)
「失敗しても責めない」(27歳・家事手伝い)

器が大きい、寛容、心が広い、包容力……。そんな「頼れる」男性のことを、女性は「優しい」と思っている傾向にあります。大きな心で包み込んでくれる男性がそばにいてくれたら、それだけでとても心強いものですよね。

 

◆「さりげなさ」が大事


「さりげなく気遣いができる」(回答多数)
「さりげなくフォロー! さりげなく!」(21歳・学生)
「ふとしたときに手を差し伸べてくれたり、励ましてくれる人」(18歳・学生)
「何も言わなくともそっと手伝ってくれる」(37歳・会社員)
「優しさの押し売りをせず、さりげなくフォローしてくれる人」(47歳・会社員)

優しくしてくれたとしても「俺、優しくしてます!!!!」という感じで押し付けがましかったり、優しさアピールだったり、明らかに見返りを求めていそうな「優しさ」は、むしろちょっと引いてしまう。何かをするときは「さりげない」くらいが、むしろときめきポイントです。

 

◆困ったときに助けてくれる


「困ったときに助けてくれる人」(回答多数)
「さりげなく手助けしてくれる人」(24歳・アルバイト)
「困ってるときや悩んでるときにアドバイスをくれて、手を差し伸べられる人」(27歳・専業主婦)
「自分が助けてほしいときにそばにいてくれる」(21歳・学生)

たとえば彼が普段は優しい行動をしてくれていたとしても、困っている肝心なときにいなければ、「なんか違うな……」という印象。ここぞというときに助けてくれると、それだけで「優しいな」という度合いが上がります。

 

◆怒らなくて温和


「怒らない人」(回答多数)
「感情の起伏のない温和な人」(28歳・会社員)
「物を買ってくれたり甘い言葉を言ったりなど目に見える優しさではなく、いつでも怒らなかったり、さりげなく気遣ってくれたりと、目に見えない優しさがある男性」(25歳・会社員)
「相手の好みなどを最初から批判したりしない」(24歳・会社員)

感情の起伏が激しくすぐ怒ったり批判したり……などがなく、温和な人は、特に何をするわけでなくても「優しい」という印象に。

 

◆人の気持ちを考えて行動できる


「人の気持ちを考えて行動できる人」(回答多数)
「相手の立場に立って行動できる人」(30歳・会社員)
「どんなときも相手の気持ちを慮る人」(22歳・学生)
「自分の意見の前に、彼女の意見を聞いてくれる人」(26歳・会社員)
「自分が良いと思うことではなく、相手であれば何が最良なのかを考え、決断して動ける人」(42歳・会社員)

どんなにその男性が「いいこと」だと思ってやった行動も、相手が求めていないことならそれはありがた迷惑になってしまいます。自分が「いいこと」だと思うひとりよがりを押し付けるのではなく、相手の立場に立つ。それが「優しい人」は、きっとできている。

◆自然なエスコートができる


「うざ優しい男性はいつもヘラヘラしてなんでもこっちに合わせる。あと、こっちが喜ぶと思ってニヤニヤしながらドアを開ける。でも、本当に紳士的で優しい人は、それが自然にできて、女性を立てるのが上手く、女性に対しての気遣いをさらっとできている」(22歳・専業主婦)
「自然なエスコートができる人」(25歳・会社員)

こちらも押し付けがましくなく、あくまで自然に、がポイント。それが当たり前、くらいのテンションでさらっとエスコートしてくれる男性には、やっぱりときめきます♡

◆話を聞いてくれる


「話を聞いてくれる人」(回答多数)
「しっかり目を見て話を聞いてくれる人」(23歳・会社員)
「話をしっかり聞いてくれる人」(19歳・学生)
「理解しようとしてくれる男性」(26歳・会社員)

人と接する上での基本かもしれませんが、「話をしっかり聞いてくれる」と、それだけでも優しい人だな、と思うよう。しっかり聞いて、理解しようとしてくれる……そんな人には誰だって「いい人だな」と思いますよね。

 

◆きちんと叱ってくれる


「きちんと注意してくれる人」(24歳・専業主婦)
「しっかり叱ってくれる人」(29歳・専業主婦)
「厳しさの中にも正しい方向に導いてくれる人」(40歳・会社員)
「叱ってくれると甘やかしてくれるを両方できる人。女の人に対してだけでなく、人に対しての器が大きい人」(22歳・学生)

最後はコチラ。もちろん自分の感情まかせに「怒る」のではNG。あくまで冷静に正しい方向に、いけないことはいけないと注意してくれる、というのがポイントです。正しく叱ることは叱る側も気力を使いますし、本当に相手を想っていないとできないこと。ただただ褒めるよりも、よほど優しさがないとできませんよね。

女性が思う「優しい男性」は、結局のところ「芯があって頼れる男性」とほぼほぼ等しい……と言ってもよさそう。荷物を持つことだったりなんでも「合わせるよ」と言うことだったり……ではなく、困っているときに自然に助けてくれたり、誰かのことを考えて行動ができたり……。そういう人は男女問わず魅力的ですよね。
2019年、こんな本当の「優しい人」になるべく、少しずつ努力していきましょう♪(榎本麻衣子)

 

★優しいけど、友達どまり。「いい人だけど恋愛対象じゃない男」の特徴8つ

★こんな男性が女子は好き♡「清潔感がある男性」の特徴7つ

>CanCam.jp TOPにもどる

関連記事

Source: cancam