熱が出たら冷やすのはおでこじゃダメ!医師が語る正しい高熱の対処法【風邪Q&A】

熱が出たら冷やすのはおでこじゃダメ!医師が語る正しい高熱の対処法【風邪Q&A】
AD

熱が出たら冷やすのはおでこじゃダメ!医師が語る正しい高熱の対処法【風邪Q&A】


風邪と言えばつきものなのが「熱」。熱が出るとだるいしつらいし、できれば早く下げてしまいたいですよね。
だから解熱剤を飲んで、おでこを冷やして……とやりがちですが、実はそれって、間違った対処法のようです。
熱が出たときの正しい対処法を、さまざまなメディアで活躍する医師、大谷義夫先生にうかがいました。

高熱
(c)Shutterstock.com

 

Q.熱が出たらどうしたらいいですか?


よく高熱が出るとおでこを冷やしている方を見かけますが、あまり意味はありません。首やわきの下、そけい部などの血流が多い部分を冷やしたほうが、解熱効果は期待できます。病院でクーリングを行う場合はそのような箇所を冷やしますので、39℃台まで上がってしまったり、高熱でつらさを感じるようであれば、そういった部分を冷やしてみましょう。
また、若い方であれば、38℃くらいであれば冷やさなくても基本的に問題ありません。

熱はウィルスや菌と戦っているサインで、熱だけを下げてしまうと風邪が治ったのか、治っていないのかわからなくなり、以前の患者さんの例だと肺炎の発見が遅れたこともあります。症状だけをおさえてしまうと、ウイルスが体ではびこって治りが遅くなります。

解熱剤もできれば飲まないほうが、結果的に治りは早くなります。ただ、解熱剤のすべてを否定するわけではなく、大事なプレゼン前や学校の試験など、どうしても外せない用事と高熱が重なったら、1日1~2回程度、昼間だけ飲む、くらいにしておくことをおすすめします。

 

 

確かにおでこを冷やすとひんやりして気持ちいいけれど、効果があるのは首やわきの下、そけい部など……というのは覚えておきたいポイント。熱でつらい、というとき、是非試してみてくださいね。(後藤香織)

【風邪対策記事一覧】

★風邪は予防できる!正しい手洗い&うがいのポイント【風邪Q&A】

★そのマスクのつけ方、無意味です!医師が教える正しいマスクの使い方【風邪Q&A】

★普通の風邪なら、病院に行く必要なし!医師が語るその理由【風邪Q&A】

★首にネギ?ハチミツ?医師が語る、風邪のとき食べるといいもの【風邪Q&A】

★医者に聞いた!風邪で熱がある時、お風呂に入ってもいいの?【風邪Q&A】

★お医者さんはなぜ風邪を引かないの?日常的にやっている6つの対策【風邪Q&A】

★風邪予防には「ビタミンC」より「ビタミンD」!お医者さんが語るその理由【風邪Q&A】

答えてくれたのは……
池袋大谷クリニック 大谷義夫先生
医学博士、日本呼吸器学会専門医・指導医、日本アレルギー学会専門医・指導医、日本内科学会総合内科専門医・指導医。日本一の呼吸器患者数を誇るクリニックの院長として知られ、テレビ、ラジオ、新聞、雑誌への出演多数。

 

★絶対休めない人の風邪対策。モーニング娘。’18の鉄人ガール、生田衣梨奈がしてること

>CanCam.jp TOPにもどる

関連記事

Source: cancam