平成30年間で、冬の服装は1.3キロ軽くなった!一体何があったのか検証してみた

平成30年間で、冬の服装は1.3キロ軽くなった!一体何があったのか検証してみた
AD

平成30年間で、冬の服装は1.3キロ軽くなった!一体何があったのか検証してみた


平成最後の冬、皆さんいかがお過ごしでしょうか? CanCam.jpではこれまで平成30年間での比較記事をご紹介してきました。

★「遊ぶ」ってみんな何してるの?平成3世代の「女子高生の遊び方」を比べてみたら…

安室奈美恵最強伝説!3世代の女子高生が愛した「平成の歌姫」ランキング

今回は「冬のファッションの変化」についてご紹介。皆さん、平成初期のファッションであるボディコン・ワンレン・肩パッドなどは知っていますよね。

では、服の素材について、平成30年間でどう変わったのかはご存知でしょうか? 実はファッションの変化はデザインだけではありません。ということで今回は、格段に進化した服の機能性に着目した比較結果を見ていきましょう!

【平成元年】重ね着しまくり、コートは重くて当たり前


平成元年の服装は、何枚もの重ね着で冬の寒さを防ぐのが基本。当時の服装を再現し、その重量を測ってみると、なんと約2.5キロ(2567g)にもなっていました。

当時はダウンコートでも軽量・お手頃な値段のものはほとんどなく、下の図のようなモッズコートやウールコートで厳しい冬を乗り切るのが基本でした。

平成元年

平成元年の冬服

【平成元年のファッション実験結果】

衣服の総重量:2567g
衣服内最高温度:34.0℃
トップス着用枚数:計5枚
ボトムス着用枚数:計2枚
着用したトップス:モッズコート+スウェットシャツ+綿のタートルTシャツ+フランネルシャツ
着用したボトムス:デニムレギンス(10分丈)+レギンスパンツ

平成元年では暖かくするために、トップスを5枚も重ね着していたことに驚きますよね……。また着ぶくれ気味がデフォルトだと、可愛い洋服やこだわりのファッションができなさそうです。

では、平成30年の洋服の機能性をチェックしていきましょう!

【平成30年】衣服は30年間で半分の重さに軽量化


ヒートテックやウルトラライトダウンなど、軽くて暖かく、加えてお手頃価格といった衣服が登場したことで、現代の服装の重量は1.2キロ(1237g)でした!

平成元年の服装と比べると、重量は半分以下の重さになっていました。30年の時を経て、衣類の機能性が大きく高まり、冬の極端な寒さでも快適に、アクティブに冬を楽しく過ごせるようになりました。

平成30年おしゃれ

平成30年洋服

【平成30年のファッション実験結果】

衣服の総重量:1237g
衣服内最高温度:34.4℃
トップス着用枚数:計3枚
ボトムス着用枚数:計2枚
着用したトップス:ウルトラライトダウンジャケット+フランネルシャツワンピース+ヒートテックタートルネック
着用したボトムス:ヒートテックデニムレギンスパンツ+ヒートテックタイツ

トップス3枚で平成元年の5枚よりも0.4℃高く、衣服の重量も半分になっています。これは洋服の素材の進化に感謝しなきゃですね。また、この結果を見てみると、現代に生まれてよかったなとしみじみ思えます……。

現代の冬の服装があれば、平成最後の冬も楽しく過ごせるはず。暖かい服装に身を包んで、冬を満喫してくださいね。(かすみ まりな)

 

 

★おしゃれに防寒♡タートルネックを投入したおすすめ冬コーデ12選

★「平成を振り返って一番流行したファッション」1位は…みんな持ってるアレです、アレ!

>CanCam.jp TOPにもどる

関連記事

Source: cancam