仕事は命を懸けるものではない!「残業ゼロ、定時で帰る」がモットーの新ヒロイン誕生

仕事は命を懸けるものではない!「残業ゼロ、定時で帰る」がモットーの新ヒロイン誕生
AD

吉高由里子さんが、4月スタートの火曜ドラマ『わたし、定時で帰ります。』(TBS系・毎週火曜22時)で、TBSドラマ初主演。“残業ゼロ! 定時で帰る!”がモットーのニューヒロインに扮します。

(C)TBS

同ドラマは、朱野帰子さんのお仕事小説『わたし、定時で帰ります。』(新潮文庫刊)が原作。近年、「働き方改革」が多くの関心を集めていますが、新世代のワーキングガールの主人公が奮闘する姿を通して、曲がった仕事観や恋愛・結婚観、人間関係、ブラック企業問題、孤独死などの身近にある様々な社会問題を考え直し、「何のために働くのか?」「自分を大切にすること」「仲間を大切にすること」などのシンプルなメッセージを伝えていきます。

また、吉高さんの他にも豪華出演者が集結! 向井理さん、柄本時生さん、泉澤祐希さん、シシド・カフカさん、内田有紀さん、ユースケ・サンタマリアさんほか、個性豊かな俳優陣が作品に華を添えます。

今作で吉高さんが演じるのは、32歳独身OLの東山結衣。過去にあるトラウマを抱え、以来「必ず定時で帰る」というモットーを貫くワーキングガールです。

「仕事は命を懸けるものではない」という思いを持ち、誰よりも集中して仕事を終わらせ、プライベートも大切にする。そんな結衣は、同僚たちの様々な悩みに寄り添い、時に振り回され、そして解決していきますが、その背景には新人時代のトラウマやワーカホリックだった元婚約者の存在があり…。

吉高さんは結衣について「ドラマに出てくる役柄の中で、一番偏っていないキャラクターなんじゃないかなと感じています。過去のある出来事から、定時で帰るというのがモットーですが、いい意味で “普通”の女性。一般的な会社に勤めているという、共感しやすいキャラクターを頑張って演じられたらなと思っています」と意気込みを。

また、「会社員の経験が一度もなく、不安もありますが、一般の企業に勤めている会社員の友人に話を聞いたりしながら役のイメージを膨らませています」と役作りについて明かし、「このドラマには思わず感情移入してしまう、人間味溢れる個性豊かなキャラクターがたくさん登場します。お仕事されている方もそうでない方も、見終わった後には心が少し軽くなって明日が前向きになれるような作品になっていくと思います。ぜひ楽しみに待っていてください」とアピール。

プロデューサーの新井順子さんと八尾香澄さんは「日々の仕事や家事に追われ、自分でも気づかないうちに、つい無理をしてしまう人たち。将来やりたいことが見つからなかったり、自分は今の仕事に向いてないんじゃないか? と不安に思う人たち。『働き方改革』の時代に、サラリーマンも主婦も学生も、百人いれば百通りの悩みを抱えているのだと思います。肩肘張って一生懸命生きている人たちが、少し気持ちを楽にして、もっと自分を大切にしようと思える、そんなシンプルなメッセージを詰め込んだドラマになればと思います」とコメントを寄せています。

働くとは? 仕事とは? そして本当の幸せとは? このドラマからその答えを探してみては?

★CanCam.jp編集部厳選!気になるテレビ番組まとめ

CanCam.jp TOPへ戻る

関連記事

Source: cancam