美肌は作れる!スキンケアアイテムの効果的な使い方Q&A

美肌は作れる!スキンケアアイテムの効果的な使い方Q&A
AD

美肌は毎日のケアで作れる!スキンケアアイテムの効果的な使い方Q&A


スキンケアのときに、あなたは「なんとなくでいいや」と塗っていますか? それとも、きちんと効くように、丁寧にお肌に入れ込んでいますか?

スキンケア

同じアイテムを使っても、その「使い方」によって、肌の仕上がりは違ってきます。
数あるアイテムの中から、せっかくそれを選んで使っているのだから、「もっと効かせる使い方」をしてみたいと思いませんか?
本日は、皮膚の専門家が作ったメディカルコスメで有名なドクターシーラボさんに「スキンケアアイテムの正しい使い方」をうかがいました。

Q.スキンケアアイテムの効果を高める使い方を教えてください。


スキンケアアイテムは手のひらで丁寧に入れ込むように使いましょう。
また、クリームは手で温めてから使うと、より浸透します。

そしてゲルやクリームなどのアイテムを使う際には、一緒にマッサージを行うこともおすすめです。

血流が悪い肌は、肌に大切な栄養が不足している状態です。そのため、滞った血流を正常に戻してくれるマッサージがおすすめです。巡りを整えることで、スキンケアアイテムに配合されているさまざまな美容成分を肌にしっかりと取り込めるようになります。その結果、効果を実感しやすくなります。

<おすすめのマッサージ>

マッサージ

ゲルやクリームをお顔全体になじませた後、指の腹で優しくゆっくりとマッサージをしましょう。

1.頬を下から上へ向かってほぐします。
2.目の周りは、目の外側からはじめ、目の下、鼻の横、眉の内側から外側へとむくみや老廃物を流しましょう。その後額を上へとマッサージ。
3.鼻筋を上から下へマッサージし、むくみや老廃物を小鼻の周りへ流します。その後仕上げに、口周りを下から上へ持ち上げましょう。

 

Q.いくつかのスキンケアアイテムを重ねるときは、乾く前にすぐ塗ったほうがいいですか? それとも一定の時間を置いたほうがいいですか?


スキンケア

化粧水、乳液、クリーム……と、スキンケアアイテムを重ねる場合は、それぞれの間に一定の時間を置くことをおすすめします。どのくらい置けばいいかはそのときの肌状態により浸透速度が変わってきますので、その日のお肌をさわりながら調整してみてください。
目安としては、化粧水を塗って肌になじんだあと、手のひらでお肌をさわってみて、ピタッと吸いつくような感覚があれば、それは化粧水が浸透したサインです。そのような状態になったら、次の乳液などを重ねていきましょう。

ぜひ肌状態をしっかりと感じながら毎日のスキンケアをしてみてください!

 

Q.さまざまなスキンケアアイテムがある中、もし「1点高いものを買うならこのアイテムに投資するのがおすすめ!」というものはありますか?


美肌の要は、「肌の水分保持力」です。そのため、上質な水分で肌をしっかりとうるおし、そのうるおいを保つことが大切。そうすることで、肌は自然治癒力が高まり、どんな肌トラブルも寄せ付けなくなります。

ドクターシーラボから「もし投資するならこの1点!」とおすすめするなら、水分を肌の深部にたっぷり与え、しっかりと保持する“ゲル”素材を用いた、「オールインワンゲル」です。オールインワンゲルはその名の通り、ひとつで、化粧水の「水分補給」、美容液の「美容成分補給」、乳液・クリームの「水分のフタ」、化粧下地の「メイク前のなめらかな肌作り」を行えます。このひとつに投資することで、スキンケアを短くすることも、手持ちのアイテムと組み合わせることもできる万能性も兼ね備えている上に、使うほどに肌自体が美しくなります。

中でも、最新のオールインワンゲルには、肌のコラーゲンを生み出し、肌自体を強く、若さを保つものもあるため、継続して使い続けることで、5年後、10年後もトラブルや年齢悩みの少ない肌をキープできます。

アクアコラーゲンゲル エンリッチリフトEX

ドクターシーラボ アクアコラーゲンゲル エンリッチリフト EX

 

 

毎日のスキンケアを「なんとなくやらなければいけないもの」から「肌にしっかりと水分を与え、自分の肌をキレイにするための時間」と考えを変えると、きっと楽しくなっていくはず。毎日キレイになるための正しいステップを知り、正しいケアを行っていきましょう。

さて、次回は……スキンケアで何かを「塗る」よりも、おざなりになる方も多い「クレンジング」について。
オイル、ミルク、クリーム……など種類の多いクレンジング剤の選び方から、お肌にいい洗顔・クレンジング法まで、さまざまなものをご紹介します。(後藤香織)

取材協力/ドクターシーラボ

 

★肌の乾燥対策|おすすめ食べ物や習慣対策&クリーム・化粧水などスキンケアアイテム

★その使い方、コスメを劣化させてるかも!スキンケアや化粧品の正しい保管方法や使用期限

>CanCam.jp TOPにもどる

関連記事

Source: cancam