結婚? 別れ? 「付き合って3カ月」で生まれる課題と攻略法

結婚? 別れ? 「付き合って3カ月」で生まれる課題と攻略法
AD

こんにちは。恋愛コラムニストのさかもとみきです。付き合って3カ月目は、好きな気持ちだけでなく「へー、そんな感じなのね」とがっかりする部分も見えてくるころでしょう。その恋を見切るか、長い付き合いにしていくか悩む時期でもあります。

だからこそ、ここで「付き合ってよかった」「もっと一緒にいたい」と思えたら、長続きし、ゆくゆくは結婚も視野に入れられる関係になるでしょう。今回はそんな見極めのタイミングでもある「付き合って3カ月」をどう過ごすか、またそのタイミングでの結婚や別れについても解説していきます。

■「付き合って3カ月」ってどんな時期?

お互いすこしずつ「素」を出せるようになってきた3カ月目。気が合うカップルは結婚を具体的に考え出すようになってきたかもしれませんね。一方で、「ちょっとちがうな……」と別れが頭をよぎっている人もいるのではないでしょうか。

◇マンネリしはじめる

相手の癖を知り、お互い甘えることができるようになり、新鮮さを感じていた1~2カ月目から比べるとマンネリしがちな3カ月目。「付き合ってよかった」「これからも一緒にいたい」とお互いの熱を確かめ合うきっかけが必要になる時期です。

◇性格の不一致に気づきはじめる

いいと思っていた彼氏の粗が見えたり、がっかりするポイントが見えたりするのも、少し気を抜きはじめる3カ月目の特徴です。恋愛体質の彼なら、釣った魚に餌をあげなくなる時期でもあります。

もしかしたら女性側も、元彼と比べたり、飽きたりしてつまらないと感じるころかもしれません。悩んでいるなら、無理しないで素を出してみたり、恋愛の優先順位を下げてみたりしてみましょう。それでだめになるならそれまでの関係だったということです。

◇愛が深まりはじめる

一緒にいることで愛情が深まりはじめるカップルもいるでしょう。「同棲」「結婚」「妊娠」など頭をよぎるかもしれません。また、婚活で出会ったカップルは結婚や同棲の具体的な話もすすむかもしれません。

ただ、気持ちが高まって、勢いで決めてしてしまうと後悔するリスクがあります。特に「妊娠」は仕事やお互いの人生を変えます。また、お金やお互いの家族も絡んできます。2人でしっかりと話し合って、計画的にすすめることをオススメします。

■「付き合って3カ月」の記念日を盛り上げるには?

では、付き合って3カ月記念ですが、どう祝えばいいでしょうか。ここで大事なのは金額ではなく「付き合ってくれてありがとう、もっと一緒にいたい」という気持ちを示すことです。

◇「付き合って3カ月」記念日が大切な理由

正直、大人にもなって3カ月記念を祝うのって中途半端で恥ずかしい気もしますよね 。でも言わなくてもわかると思いがちな大人の恋だからこそ、うれしい気持ちや感謝を伝えることが大事です。「私たちっていい関係だよね」という気持ちで記念日を楽しんでみてください。

◇3カ月記念にプレゼントを贈るなら

3カ月目の記念日はがんばりすぎない程度のかわいい演出や、ちょっとしたプレゼントがいいでしょう。

☆おいしいものでお祝い

レストランでコースを予約してドレスコードに合わせておしゃれ楽しむ、回らないお寿司屋さんに行ってみるなど、普段と少しちがう大人っぽい食事を楽しんでみてはどうでしょうか。また、彼氏の好きなメニューばかりの手料理をふるまうのも喜ばれるはずです。

☆手紙やちょっとしたプレゼントを贈る

手紙を渡すという非日常な演出も彼をドキッとさせられるかも。また、彼の好みや生活が見えてきたからこそ、下着や靴下など日常で使えるちょっとしたものを贈るのもオススメです。

☆旅行に行く

非日常な場所に旅行に行くことで、新鮮な気持ちを取り戻すことができます。時間があるなら泊まりで旅行したり、日帰りでも遠くに出かけたり、普段とちがう場所で記念日をお祝いしてみてください。より仲が深まるきっかけになると思いますよ。

■「付き合って3カ月」で別れないためには?

3カ月目を迎え、倦怠期に入ったり、付き合いはじめとはちがう彼氏の態度の変化に不安になったりすることもあるでしょう。。

◇「付き合って2カ月目」が鍵!? 過ごし方と注意点

よく、付き合って3カ月目は別れやすい時期だと言われますが、3カ月で別れないために、2カ月目にしておいたほうがいいことはあるのでしょうか。また、逆にしないほうがいいことは何なのか、男女のみなさんに聞いてみました。(※1)

☆2カ月目にしておいたほうがいいこと

<マンネリを防止する>

・「新鮮さがなくならないようにデートの仕方を変えたりする」(35歳女性/医療・福祉/事務系専門職)

・「新しいことをしてみる。2人で旅のプランを考えたりするのもいいかも」(37歳男性/その他/販売職・サービス系)

<本音で話し合う>

・「お互いに許せる範囲と許せない範囲について話をしておくこと」(31歳女性/その他/事務系専門職)

・「お互いが何を大切にしているのかを共有し合うこと」(26歳男性/建設・土木/事務系専門職)

<自然体で過ごす>

・「無理して相手に合わせてばかりいないで、普段の自分を出す」(34歳女性/その他/その他)

・「相手との距離を縮めるために遠慮せず思ったことは伝える」(38歳男性/電機/その他)

倦怠期や3カ月目の別れの原因はたいてい2カ月目には明確になっています。だから、きちんと自分を出しながら向き合い、離れたくないと思えるように距離を縮めてみてください。

☆2カ月目にしないほうがいいこと

<束縛をしない>

・「あまりにひどい束縛や干渉をしすぎないようにする」(31歳女性/医療・福祉/事務系専門職)

・「相手を束縛したりして自由を奪うこと」(30歳男性/学校・教育関連/専門職)

<馴れ合いにならない>

・「馴れ合いの関係にならないこと。身なりはキチンとする」(29歳女性/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「あまりにも馴れ馴れしく、思いやりの持てない言動をすること」(28歳男性/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

<結婚を考える>

・「結婚とか先のことを話しすぎない」(36歳女性/その他/その他)

・「結婚のことなどを言いすぎないこと」(25歳女性/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

2カ月目にお互いを知ろうと素を出すのは大事ですが、自分の気持ちを押し付けるのはNGです。楽しい時期だからこそ、束縛や、ひとりよがりな提案などは相手に引かれてしまう原因になります。

また、慣れてきたからこそ思いやりを大切にし、身なりにも気を使うようにしましょう。すっぴんを見せたからと、化粧も身なりも手抜きになるとがっかりされます。

◇「付き合って3カ月」の倦怠期&別れを防ぐ方法

付き合って3カ月で、彼氏にフラれた! というのはよくある話です。彼氏からすると付き合った時点で彼女を手に入れた達成感があり、そこから完全に自分に惚れさせたら、もう気持ちは冷めていくのみ。だからこそ、これからのために工夫が必要な時期なのです。

☆彼氏の知らない部分を持つ

別れたくないなら、彼氏を飽きさせない工夫が必要です。自分の知らないミステリアスな部分がある女性、自分をまきこんで新しい世界を見せてくれる女性には、男性も飽きることはないでしょう。

☆彼氏の趣味に寄りそう

駆け引きが苦手という人は、彼氏に見せない一面をがんばって作るよりも、彼氏に寄り添い、理解者になるのがオススメです。彼氏の趣味に付き合い、それを受け入れることで、彼氏にとって“自分をわかってくれる存在”になることができます。

☆トラブルや問題に向き合う

もし付き合って3カ月で別れ話が出てしまった場合、それは試運転の時点でNGになったということです。別れたいと思うのには理由があります。その問題にきちんと向き合い、話し合うことが、別れを防ぐためには重要となってきます。

■「付き合って3カ月」で同棲・結婚するってあり?

3カ月目には、この人が運命の人だと思う気持ちが高まり、結婚や同棲の話が出るカップルもいることでしょう。

◇付き合って3カ月で同棲するメリット・デメリット

同棲をするメリットは、会う時間が増える、金銭的負担が減る、相手のことをより知ることができる、結婚への足がかりを作ることができる、そして合わなければ関係を解消もできるなど、たくさんのメリットがあります。

ですが、もちろんデメリットもあります。衣食住と性欲も満たされる状況になると、男性は結婚せずとも満足してしまいます。だから同棲前にきちんと話し合い、ルールを決めることが必要です。

・家賃や生活費などのお金のルールは同棲をはじめる前に決める
・結婚するタイミングをある程度決めておく
・相手に尽くしすぎない(母親じゃないのだからお弁当までは作らないなど)
・お互いの両親にあいさつした上で同棲をはじめる

など。勢いも大事ですが、きちんと話し合ってルールを決め、守れそうな人なら踏み切ってもよいでしょう。

◇早い? 付き合って3カ月でプロポーズされたら……

付き合って3カ月でプロポーズと聞くと、よっぽど焦ってるのか、のぼせているのかなというのが個人的な感想です。メリットもありますが、注意も必要でしょう。

☆結婚するメリット

付き合って3カ月で結婚するメリットは、結婚に向けた駆け引きや付き合いなどを端折れることです。普通は時間をかけてお互いを知り、結婚に至るというのが多いですが、それだと最低でも半年~1年ほど時間がかかります。

お互い婚活をしていた場合など、早めに結婚したい、将来のビジョンも話し合っている、条件も相手も申し分ない、きちんと両親にも紹介できるというのであれば、早く結婚を決めても問題ないと思います。

☆結婚するときの注意点

先ほども書いたように、お互いが納得して決めた結婚なら問題ないかもしれません。しかし、そんなに早く結婚したい理由は何でしょうか。相手を信じるのは大切ですが、3カ月で決めるのは相手のことを知る時間が少ないからこそ「聞いてなかった」ことが出てくるリスクがあります。そうならないためにも、お互いにしっかりと話し合うことが重要です。

◇付き合って3カ月で妊娠がわかったらどうする?

まず、自分がどうしたいかきちんと考えてください。そしてなるだけ早く彼氏に相談しましょう。身体の変化は、悩んでいても止まってくれません。

☆彼氏と話し合う

ひとつの命が宿ることによって、思っていたよりも早く物事が展開することになるかもしれません。それをあなたや彼氏が受け入れることができる状態であるのならば、それも含め縁なのでしょう。

彼氏に伝える場合は、きちんと落ち着いて話せる時間と場所を選んで伝えてください。まずは彼の反応を冷静に見てみて、その上で、自分の意見を伝えるのがベターです。

また、産むことは決めても結婚しない、産まないし結婚もしないというのも選択のひとつです。2人で決めた形が今のベストになるはずです。

 

☆親に妊娠を伝える

親に伝える場合は、結婚するかどうかまで彼氏と話し合った上で伝えたほうがよいでしょう。妊娠が発覚して産むと決めた、結婚すると決めた場合は、両家の両親にアポを取り、きちんとした格好で手土産を持ってあいさつに行くようにしてください。

☆産むと決めたときの心構え

産むと決めたら、身体の変化を受け入れながら、無理をしすぎないようにしましょう。これからは自分だけでなく、2人の身体という意識を持ち、仕事や住居はどうするか、病院はどうするかなど情報を集めながらひとつずつ決めていってください。

■3カ月目を乗り越えたカップルは強い!

3カ月目は、極端に言えば試用期間が終わるタイミングです。これから寄り添える相手になるのか、別れを選ぶかの節目になりやすい時期です。

悩むということは、一緒にクリアしていきたい課題があるのかもしれません。それを乗り越えられると、絆は深まるでしょう。彼氏とどうなりたいか、自分はどうしたいかを考え、3カ月目も通過点! と思える恋になるといいですね。

(さかもとみき)

※画像はイメージです

(※1)マイナビウーマン調べ
調査日時:2017年4月7日~10日
調査人数:411人(22歳~39歳男女)

Source: マイナビウーマン