「モテたいだけの男」に要注意! モテたい心理と特徴5つ

「モテたいだけの男」に要注意! モテたい心理と特徴5つ
AD

こんにちは、恋愛評論家の井上敬一です。

「恋愛は、所詮錯覚である」と私はよく言っています。

恋愛に夢中になっているときには夢のように素敵な瞬間がたくさんあります。しかし、恋愛を裏で操作しているのは遺伝子 だったとしたらどうでしょうか。

好きな人ができたから「結婚したい」「子どもがほしい」という感情がわいてくるのではなく、遺伝子にプログラミングされた“種の保存“という目的が先にあり、それを達成するために、遺伝子が恋愛を作り出したとしたら。

「モテたい」という男性の気持ちについても、そんな遺伝子の考え方が関与しているのではないか、と私は考えています。

■男性の「モテたい心理」はもはや本能

男性にとって「モテたい」という気持ちは、もはや本能です。

「モテたい」というと、その人の意思のように思えますが、そうではありません。「子孫を残せ」と命令している遺伝子が作り上げた感情なのです。

男性については、自分の種をできるだけ多く撒き散らすことが、生物としての最終ゴールである“種の保存”につながります。そのため、遺伝子に突き動かされ、「モテたい」という欲求に行き着くのではないでしょうか。

男性370人を対象に、モテたいか、モテなくてよいかを尋ねたアンケートでは、以下のような結果が得られました。

Q.あなたは女性にモテたいですか?

モテたい(63.8%)
別にモテなくてよい(36.2%)
※有効回答数370件

63.8%と「モテたい」男性の割合が多い結果となりました。先ほど説明した通り、生物としての究極のゴールである子孫繁栄を目的に、遺伝子に突き動かされて生まれたのが「モテたい」という欲求です。

この欲求は本能と直結しているので、100%に近い男性が「モテたい」と答えたとしても、不思議ではありません。

「別にモテなくてよい」と答えた36.2%の人の中には、自分はモテないと自覚しているため恋愛を諦めている人、モテないことを認めたくないため「モテなくてよい」と答えている人が少なからず含まれていると思います。

また、20代前半の若者の中には、まだ自分の遺伝子を残すという本能が芽生えていない男性も。そういったタイプも「モテなくてよい」と回答していると考えられます。

■「モテたい男」は恋愛感情がなくても女性を口説く

「モテたい」という男性の本能と、「好き」という愛情のどちらであなたに近づいているのか見極めるのは簡単なことではありません。

口説いている本人でさえ、どちらなのかわからない場合が多いからです。男性の中には相手に恋愛感情がなくても口説こうとする人が存在します。

先ほどの「あなたは女性にモテたいですか?」という質問。これに「モテたい」と答えた236人を対象に、以下のような問いを投げかけました。

Q.恋愛感情がなくても、モテたいときは、好感度を高める態度やアプローチを女性にしてしまいますか?

はい(50.0%)
いいえ(50.0%)
※有効回答数236件(「モテたい」と回答した人)

もし、同じアンケートを女性に行ったとしたら、「いいえ」が圧倒的に多い結果になるでしょう。女性は恋愛感情がなければアプローチしないことがほとんどです。

しかし、男性の場合はそうではありません。

恋愛感情がないにもかかわらずアプローチをした場合、女性の気持ち次第では厄介な問題へ発展することなど容易に想像がつきます。それでも、とにかく「モテたい本能」が上回る男性が50%存在するのです。

相手を口説けば、恋愛、結婚に発展する可能性があるが、そこまでの責任は負えないと感じているときにはアプローチをしない派が残りの50%です。

ただし、「いいえ」と答えた人の中には、「モテたいけれどアプローチの仕方がわからない」という人たちも含まれます。

■「モテたいだけの男」を見極めるポイントは言葉より行動

では、このアンケートで「はい」と答えた男性はどのようなタイプなのでしょうか。

簡単にいえば、無責任で感情的なタイプだといえます。相手に関心があるのではなく、自分に関心があり、矢印が自分に向いているため、“自分のために”相手を口説き、 “自分のために”恋愛をしているのです。

「いいえ」と答えた男性は、相手との将来に対して責任を取る覚悟があり理性的。相手に矢印が向いている男性だといえます。こういった「モテたい」欲求に流されない男性は、本気で将来を考える相手でないとアプローチをしないのです。

モテたいだけの男性を見極めるために大切なのは、「言っていることよりもやっていること」を判断する目。矢印が自分に向いているか、相手に向いているか、を意識して相手の行動を見てみましょう。

たとえば、レストランに行ったとき、メニューを自分のほうへ向けるのか、相手のほうへ向けるのか、食べるペースを合わせてくれるのか、ずっとスマホを見ているのか。

そういった細かな所作から相手の本質が見えてきます。

■要注意!? 「モテたいだけの男」を見極める特徴5つ

「モテたい」という感情は男性にとって自然な感情ですが、相手に対して愛情もないのに女性にアプローチをするモテたいだけの男性は要注意です。

このタイプはいくつかに分類することができます。タイプ別に、心理の分析、行動パターンについて解説します。

◇(1)自分が優位に立っていたい「遊び人タイプ」

自分が好きになるよりも、相手に好きにさせることで、2人の関係性において優位に立ちたいと考えるタイプです。

パワーバランスで優位に立つことで、相手に束縛されることなく、自由でいることができます。このタイプは「自由でいたい」という欲求を強く持っています。

口説き方はパリピ的で、最初はノリもよく悪い気はしないのですが、女性側がその気になると、とたんに興味を失うことがあります。

このタイプの男性は、相手を振り回す傾向にあるため、「今日会える?」と急に連絡してきたり、相手よりも自分のやりたいことを優先したり。デートでも自分の行きたいところへ行くことが多いです。

◇(2)とにかくマメで献身的「さみしがり屋タイプ」

このタイプは「つながりたい」という欲求を強く持っているさみしがり屋です。

このタイプにとって、モテるということは「相手に受け入れられた」「つながれた」という充実を意味します。

人とのつながりをモテることで証明したいのです。いつも彼女がいる人、いつも誰かと一緒にいたいという人はこのタイプに当てはまります。

口説き方はとにかくマメ。夜中に急に電話してきたり、付き合う前から毎日連絡をくれたりするなど、「つながりたい」という欲求ゆえの行動を取ります。

女性が精神的に弱っているときなどは、このタイプの男性を受け入れてしまうことが多いといえます。

◇(3)付き合ったら急に冷たくなる「ゲーム感覚タイプ」

このタイプの男性にとって、モテることは「自分がやっていることの正しさの証明」です。

口説いてうまくいった、会話で相手を楽しませた、相手を落とすための戦略がうまくいった、といった満足感をモテることで確認したいのです。

女性を口説くときには、いろいろなところへ連れて行き、話題も豊富で、女の扱いに慣れている人が多いです。

しかし、付き合い始めると態度が一変し、急に冷たくなり、連絡をする頻度も下がります。いわゆる釣った魚に餌をやらないのが、このタイプです。

ワンナイトだけの関係で終わるのもこのタイプが多いといえます。

◇(4)相手を自分色に染めたい「自己顕示欲タイプ」

とにかく力の証明をしたいのがこのタイプです。相手のことが好きというよりも、モテることで、雄として認められたい人といえます。

女性に対して非常に理想が高く、相手にその理想を押しつけます。

自分がいかにいい女を連れているかにフォーカスしているため、とにかく面食いです。彼女を自分の色に染めたいという欲求が強いため、エスカレートすると、場合によってはDVに走るケースもあります。

女性を口説くとき、自慢が多いのがこのタイプです。自分の地位の高さやお金などを見せつけ、お店は行きつけの高級店に連れて行き、常連ぶります。

◇(5)過剰なまでに献身的「サポータータイプ」

相手の役に立ちたい、貢献したいという思いが強いのはこのタイプです。

女性を喜ばせるにはどうしたらいいかと常に考え、細かなところまで気がまわります。

ただし、男らしさに欠けるため、少し物足りなさを感じる女性も。「結婚にはいいけれど、異性としては何か物足りない」と感じることもあるでしょう。

このタイプは、お土産をことあるごとに買ってきたり、女性が好きなアーティストのチケットを取ったり、とにかく相手が喜びそうなことはなんでもやって口説こうとします。

いつも女性の心配をしているため、病気になると薬を家まで届けに来て、病院にも付き添おうとします。

一見すると、相手のことを思っての行動に思えるかもしれませんが、この行動が過剰な タイプの男性は、相手に尽くし、相手を喜ばせている自分のことが好きなのが特徴です。

■「モテたいだけの男」を好きになると間違いなく苦労する

単にモテたいだけか、相手への愛情があるかどうかのちがいは、相手に関心がなく、矢印が自分に向いているか、相手に関心を持ち、矢印が相手へ向いているかのちがいです。

モテたいだけの男性は自分への関心が強く、自分の欲求を満たすためにモテようとし、恋愛を利用しています。本人にも自覚がないため、モテたいだけの男性を好きになると、女性は間違いなく苦労することになります。

2人の関係性において、彼の矢印がどこに向いているのかを見極めるため、付き合う前は慎重に判断する期間を設けることをおすすめします。

しかし、慎重になりすぎてしまうと、いい男を逃してしまうことも。ある程度見極めたら、次は信用して付き合ってみる。3カ月は研修期間のようなものだと思って付き合ってみましょう。

私からあなたへ最後にお伝えしたいことがあります。

それは、あなたも「モテたいだけの男」と同じように、相手よりも自分への関心が大きくなっていませんか、ということです。

モテたいだけの男性を見極めることも大切ですが、もっと大切なのは、あなた自身が相手に関心を持ち、愛情を持っているかということです。

さみしさを埋めるため、体裁のために彼氏がほしいという人もいるかもしれません。

自分への関心が勝っている状態では、絶対に恋愛はうまくいかないことを覚えておいてください。

(井上敬一)

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2018年6月1日~6月2日
調査人数:370人(22~39歳の男性)

 

Source: マイナビウーマン