風邪を引いた彼氏に喜ばれる「気配りLINE」 #LINE道場

風邪を引いた彼氏に喜ばれる「気配りLINE」 #LINE道場
AD

気になる男性や彼氏にLINEをするとき、「なんて送ろう?」と悩む女性は多いはず。元人気ホステスで恋愛コラムニストの二宮ゆみさんに、男心をつかむLINEの送り方を解説してもらいます。今回は「風邪を引いた彼氏へのLINE」です。

短く端的に。が、鉄則です。

ヤバい超絶具合悪い……ベッドから起き上がるのもキツい……。死にそうなこんなとき。スマホの向こう側にいる人が、たとえ付き合って1週間の彼氏だったとしても。

「えー心配だよー……大丈夫? つらくない? 熱ある? ご飯はちゃんと食べられる? どんな感じ? 病院には行った?」

こんなLINEが来たら「そうじゃない……」って呟いて、スマホをそっ閉じ、しますよね。

男女逆でも同じです。「私はちゃんとあなたの体調を心配しているイイ女ですLINE」なんか、彼は求めていません(笑)。

本気で弱っているときは、たまっているYシャツをクリーニングに出しに行ってほしかったり、フルーツとゼリーとおじやを食べさせてもらいたかったり、ただずっと隣にいてほしいと思っていたり……。

とにかく「具体的行動において」やさしくしてほしいワケです。キャバ嬢的「とりあえずつなげておきたいから送っているテキトーな営業トーク」を求めているわけではありません。

こんなふうに、具体的行動を示した気配りLINEを送りましょう。

「いや、いいよ。うつると困るし、家遠いし」と強がりで遠慮されたなら、「イチゴとポカリ、玄関にかけといたから! ゆっくり休んでね♡」ってLINEしましょう。

きっと感激してくれるはずです♡

(二宮ゆみ)

>前回のLINE道場「男性がよろこぶお疲れさまLINE」はこちら

Source: マイナビウーマン