合コン後のLINEは女から送るべき? モテる例文3選

合コン後のLINEは女から送るべき? モテる例文3選
AD

はい、どうもみなさんこんにちは。

現役慶應生ライターのタイガモンスターです。

今回は恋愛に迷えるお姉さま方に向けて、こちらのテーマについて僕の持論を広げていきたいと思います。

■合コン後のLINEは「女性から送るべき?」問題

合コンで気になる男性がいたのにその後うまく関係が築けなかった……。

そんな経験、ありませんか?

もしかしたらその原因は「合コン後のLINEのタイミング・内容」にあるかもしれません。いや、あります。(断言)

◇合コン後のLINEやメールは「男から」がいい

結論から述べると、「合コン後のLINEは男から送らせろ」ということです。

え、なんで?

という声がめちゃめちゃ聞こえますね。落ち着いてください。

詳細を説明する前に、まず僕の持つ恋愛の根本の持論を展開させてください。

「女性は男性に『この子ならすぐ攻略できそう』と思われた瞬間終わり」

要するに見くびられたらダメっていうことです。

合コンは居酒屋で行われる「メンチの切り合い」。明らかに好意があると伝わってしまったら、恋愛対象としてではなく、気になる彼に「遊べる女」というレッテルを貼られてしまうかもしれません。

◇モテる女は「LINE上で自分から動かない」

一般的に男性は「追う恋愛」が好きといわれています。

ということは裏を返すとモテる女は「追われる女」であるということですね。

今度は「せんせ~! そんなのモデルさんみたいな美人だけじゃないんですか~?」という声が聞こえます。

そんなことはありません。

なぜなら「簡単には手に入らないイイ女」というブランディングをすることで、気になる男性の目にフィルターをかけることができるから。客観的に見たときよりも魅力的な女性として彼の目に映ることができるんです。

これを社会心理学では「ハロー効果」といいます。

では、どうしたら「簡単には手に入らないイイ女」になれるのでしょうか?

それはLINE上で「女性からは動かない」ことです。

実際に会っているときに比べてLINEは文字として形に残ります。そのため、LINE上で頻繁にデートに誘ったり、「あなたに好意があります」感をプンプン出したりしてしまうと、男性は「この子はすぐ攻略できそうだな」と思い、恋愛対象としての興味を失ってしまいます。

そういった意味で、できるだけ合コン後の最初のLINEは男性から送らせ、女性が一枚上手に出ることが大切です。

◇LINEはできるだけ気になる相手のみに絞る

また、女性陣と同様、男性陣も「合コン後に誰とLINEのやりとりをしているか」を共有していることがほとんどです。

したがって、自分だけ返信が来ているという優位性を与えてあげることで、相手は2人の関係性に「プレミア感」を抱き、関係を続けようと考えます。

気になる男性以外へのLINEは社交辞令程度にしておくのが賢明でしょう。

■合コン後「男性からLINEをもらうテクニック」は?

それでは、どうしたら男性からLINEを送ってもらい、なおかついい関係を築くことができるのでしょうか?

◇帰り際の「個人LINE待ってますね」でOK

結論、「合コン中からLINEは始まっている」と考えてください。

合コンの中で気になる男性がいたら、なんとなくその人に好意があるようなニュアンスの言葉をかけておきましょう。

そして帰り際に「個人LINE待ってますねっ!」とこっそり声をかけるだけ。

少しでも自分に脈のある人であれば、合コン後にLINEを送ってくれるはずです。

こちらから「連絡して」と言っている以上、奥手な男性であってもLINEを送るハードルが下がっている状態。むしろこれで連絡がこなかった場合、相手は自分にほぼ脈がないということで諦めたほうがいいでしょう。死人に構っていてもしょうがないですからね。

◇とはいえ「お礼LINE」はしなくていいの?

「ごちそうさまでした」などの社交辞令程度であれば先に送っても構わないと思います。ですが、男性が最初のLINEを送ってきた返信の中にそれを組み込む形でも全然問題ないのではないか、というのが僕の持論です。

また、合コンメンバーのトークルームが作られているのであれば、そこで社交辞令は済ませてしまってもいいかもしれません。

男性としては、女性から個別にお礼LINEが来なかったとしても、トークルームで「楽しかったです!」のようなLINEが来ていれば特に気になりません。

むしろ気になる女性には男性側からLINEを送っているので。

■合コン後の「LINE送り方マニュアル」

そうはいわれても「私は先に送りたい派!」という特攻隊系女子に向けて、合コン後に女性から来たらうれしいLINEの内容を、男性目線で紹介していきたいと思います。

◇送るタイミングは「1時間後」がベスト

合コン後の電車やタクシーの中ですぐに気になる彼へLINEを送ると、がっついていると思われ引かれてしまうかもしれません。

「オイオイ俺のこと好きなのか~?」

と勝手に調子に乗られないためにも、最低でも1時間程度経ったあと、家に着いてゆっくりしたくらいのタイミングで送るのがいいでしょう。

◇彼の心を掴む内容は? 例文3選

タイミングを見計らって送る内容は、次のようなLINEがいいでしょう。

☆(1)心から楽しかったことを伝える

「楽しすぎてあっという間だったね! 〇〇くんともっと話したかったなぁ(笑)」

男性が抱きがちな合コン後の不安として「女性が楽しんでくれたか」というものがあります。

社交辞令としての「楽しかったです」だけではなく、時が流れるのが早く感じたという感想を入れて彼を安心させつつ、もっと話したかったという短文を送りましょう。デートに誘ってもらうためのジャブも打つことのできるLINEです。

☆(2)「連れてってほしい」のパワーワードを

「今日話してくれた○○ってお店すごい気になる! センスあるんだなって思った!  今度連れてってほしいな~なんて(笑)」

2人で話していた会話の内容を盛り込むことで会話がスムーズに続くとともに、彼のセンスを褒めることで自分の好意も伝える作戦。

「今度行こう!」ではなく「連れてってほしい」という言葉も彼からのお誘いを誘引するためのパワーワードです。

☆(3)「もっと話が聞きたい」と伝える

「〇〇くんすっごく話しやすくてつい話しすぎちゃった(笑)。今度あの話もっとくわしく聞かせて!」

彼との会話が自分の中ですごく楽しかったということを伝えるのに有効な「つい話しすぎちゃった」という言葉。男としてはこれを言われてうれしくないはずがありません。

また、「相手が面白い系の人であれば面白すぎて飲みすぎちゃった(笑)」、賢い系の人であれば「私まで頭良くなった気になっちゃった(笑)」などの言葉で立ててあげるといいかもしれません。

そしてもっと話を聞きたいということで、こちらもデートのお誘いへのきっかけを作ることができます。

◇LINEからわかる「脈ありサイン」

では、LINEのやりとりからわかる男性の「脈ありサイン」にはどんなものがあるのでしょうか。

前提として「あなたからLINEを送る前に彼からLINEがくる」というのが、脈ありの第一段階です。

というのも前述の通り男性は基本的に気になる女性であればとりあえずLINEを送っているので、彼から連絡がない時点でほぼ脈はなしです。

とはいえ、運よくあなたからLINEを送ってやりとりが続いている場合は、以下の脈ありポイントをチェックしてみてください。

☆(1)合コン中に感じたあなたの長所を褒めてくる

もう原始時代から続いている異性へのアピールポイントですが、平成終わりかけのこのご時世ですらこれは脈を判断する材料になります。

笑顔が可愛かった、服装がすごくタイプなどと褒められたら脈ありです。

☆(2)具体的に次の機会を設定しようとする

機会があれば、また今度などのあいまいな言葉ではなく、「来週どこか会いてる日あるかな?」や「このお店気になるんだけど行ってみない?」など具体的に次の機会を設定しようとする場合はかなり脈ありです。

もう勝利の女神はあなたに味方しはじめています。コングラチュレーション!

☆(3)約束が決まったあともLINEを続けようとする

次の機会の日程が決まってもなお雑談などを続けようとしてくる場合は、もう脈がばくばくです。心臓発作級です。

ここまできたら少しだけ返信を遅くしたりして駆け引きを楽しみましょう。

合コンで勝利する女は男から誘わせるメンタリスト!

いかがでしたでしょうか。

恋愛での基本は男性から「完全に攻略した」と思われないこと。合コン中からもうLINEの駆け引きは始まっているんです。

これを読んだあなたにただの遊び人が寄ってきませんように。

タイガモンスターでした。

(タイガモンスター)

※画像はイメージです

Source: マイナビウーマン