出会いはどこ?平成のうちに結婚したい男女の「駆け込み婚」事情

出会いはどこ?平成のうちに結婚したい男女の「駆け込み婚」事情
AD

平成のうちに結婚したい男女の「駆け込み婚」事情


平成も残すところあと3ヶ月を切りました!

そんな中、平成終わりまでの「駆け込み婚」が話題となっているようです。そんな大人たちの婚活事情についてご紹介します。今回は株式会社IBJが20歳~49歳の独身男女1,500人を対象に「今ドキの婚活事情」に関する調査を行いました。女性

 

これまでの交際人数は?


Q.これまでの交際人数を教えてください。

これまでの交際人数を教えてください。グラフ

0人 146人
1~3人 605人
4~6人 443人
7~9人 149人
10人以上 183人

 

全体の約8割が「6人以下」で、最も多いのは「1~3人」。一方で、「0人」と回答した人が146人おり、最近の恋愛の奥手さがわかります。ということは逆に考えるとそこそこ「恋人いない歴=年齢」の方がいるので、もしそうだとしてもそこまで引け目に思う必要はない、ということでもありますよね。

 

では次は「出会い」について。恋愛経験のない方や、しばらく恋愛から遠ざかっていると「そもそも出会いっていったいどこにあるの?」と思いますよね。よく「学校」や「会社」と聞きますが、でもそれに頼れないといったいどうしていいかわからない……。

というわけで「これまで、異性との出会いで経験のあるもの」を聞いてみました。

 

みんな、どこで出会ってるの?


Q.異性との出会いについて、経験のあるものを教えてください。

異性との出会いについて、経験のあるものを教えてくださいグラフ

 

1位 婚活パーティー 1139人

2位 友人の紹介 1067人

3位 合コン 871人

4位 マッチングアプリ 559人

5位 相席居酒屋 229人

 

婚活パーティーを主催しているIBJさんの調査なので、おそらく「婚活パーティー」が若干多めに出ているようには感じますが、票が多いものから順に「婚活パーティー、友人の紹介、合コン」。ここまでは回答者の半数以上が経験しています。次いで「マッチングアプリ」。そして若干票数が離れて「相席居酒屋」「結婚相談所」「お見合い」となりました。

 

さて、次に気になるのは「SNSでの出会い」について。顔を知らない相手と会うなんて……と避けられていた時代もありましたが、今や共通の趣味を介してSNSで出会い仲良くなっていくのは、もちろんときには気をつけたほうがいいこともあるけれど、そこまで珍しくもない時代。そんな「SNS」での出会い、アリかナシか聞いてみました。

 

 

SNSでの出会いって、どうですか?


Q.SNSを介した異性との出会いはアリだと思いますか?

SNSを介した異性との出会いはアリだと思いますか?グラフ

 

【男性】

あり 60.4%
ありだと思うが自分はない 32.2%
なし 7.4%

【女性】

あり 45.9%
ありだと思うが自分はない 45.4%
なし 8.7%

 

男女ともに「ナシ!!!」な人は1割を切りました。毎日普通にやっているSNSも出会いの場になる可能性がある……と思うと、なんとなくもう少しポジティブなことを書こうかな、と若干意識が変わりますよね。ただ、男性はわりと「アリ」な方が多いのに対し、女性は「アリだと思うけど、自分はない」という方が多い傾向に。やはり女性は「もしかしたら身の危険があるかも……?」などと考え、「顔を見たことがないSNSでの出会い」は少々ハードルが高いもののようです。

 

さて、ある程度の年齢を超えると、「恋愛目的の出会い」から、「最初から結婚目的の出会い=婚活」にシフトしていく傾向があるように思えます。そもそもそんな「婚活」って、どう考えているのでしょうか? 正直抵抗があるのか、それとも特になんとも思わないのか……大多数の答えはコチラ。

「婚活」に抵抗感はほぼない!


Q.『婚活』をすることへの抵抗感はありますか?

『婚活』をすることへの抵抗感はありますか?グラフ

 

昭和生まれで「抵抗ない」と回答した人は80.7%、平成生まれで「抵抗ない」と回答した人は79.7%。約8割が「抵抗ない」と回答しています。ここ10年でメジャー化した「婚活」というワード。

それでは実際、いわゆる「婚活サービス」を利用してお付き合いに発展した方はどのくらいいるのでしょうか。

Q.婚活サービスからお付き合いに発展した経験はありますか?

婚活サービスからお付き合いに発展した経験はありますか?グラフ

 

男性の41.8%、女性の32.6%が「ある」と回答。約3人に1人は婚活サービスを利用してお付き合いに発展した経験があるようです。決して低い確率ではないので「結婚したい」と考えている方は、やってみる価値は大いにありそうです!

そもそも今回の回答者の方々に「現在の結婚願望」を聞いてみると「すぐにでも結婚したい」「2年以内には結婚したい」「いつかは結婚したい」が、だいたい3割ずつで同じような割合。(女性のほうがやはり「すぐにでも」が多く、「いつかは」が少ない傾向にあります。)

 

現在の結婚願望グラフ

 

では、この「すぐにでも結婚したい」チームの男女558名に、「改元まで残り3か月、平成駆け込み婚に期待しますか?」と聞いてみると、このような結果に!

Q.改元まで残り3か月、平成駆け込み婚に期待する?

改元まで残り3か月、平成駆け込み婚に期待する?グラフ

約4割の人が「期待する」と回答!

「この機会に……!」と考えている人が多いようです! 平成ではそろそろラストチャンス、多くの人が幸せを掴めますように♡

 

「平成最後の〇〇」「平成駆け込み婚」「平成JUMP」などさまざまなワードが飛び交う今、改元のタイミングにあやかり結婚へと至る方は増えるのでしょうか。去りゆく平成を大事にしながらも新しい時代に向けて、益々祝賀ムードが高まっていきそうですね! (中川瑞月)

情報提供元/株式会社IBJ

 

★「結婚したいけどできない」独身女性たちへ。既婚女性に聞いた、27のアドバイス

★Q5.今から半年の恋愛と結婚のゆくえは?【タロット占い】

>CanCam.jp TOPにもどる

関連記事

Source: cancam