セックスしたくない時の伝え方。彼氏を傷つけない3つの方法

セックスしたくない時の伝え方。彼氏を傷つけない3つの方法
AD

セックスを「したい時」と「したくない時」、女の子にはいろんな気分があるものです。

でも大好きな彼から誘われると、どうしてもNOと言えない。はたまたNOは示したものの、うまく伝えられず、険悪な空気が流れてしまった。なんてことはないでしょうか。

セックスしたくない自分はおかしいの? 冷たいの?

そんな悩みを抱える女性に、今回は「セックスの上手な断り方」についてご紹介します。

■「セックスをしたくない」は当たり前の感情

彼のことは好きだけど、今日はセックスしたくない。

そんな風に考えるのっておかしいのでしょうか。

そこでまず、女性たちには「セックスしたくない」と思う日があるのか、22~34歳を対象に聞いてみました。

◇「セックスしたくない日がある女性」は約8割

Q.彼氏や好きな人と「今日はセックスをしたくない」と思う日はありますか?

ある(76.3%)
ない(23.7%)
※有効回答数645件(22~34歳の女性)

結果はご覧の通り、約8割近い女性が「彼のことは好きだけれど、今日はセックスしたくないな~」と思った経験があると回答しました。

◇男性と女性では「セックスしたい理由」がちがう

男性にとってのセックスに占める目的が「カラダの本能的な欲求」なのに対し、女性のセックスには、本能的な欲求だけでなく「心とカラダのつながり」や、バランスを取る 意味が含まれています。

ホルモンバランスなどによって気持ちの状態が大きく変化し、男性よりも「心のつながり」を重視する女性にとって、好きだけどセックスをしたくない日があるのは当然なのです。

■セックスしたくない日がある理由

もう少し具体的に、なぜセックスをしたくない日があるのか、女性視点での理由を考えていきましょう。

◇単純に疲れているから

男性が疲れると「種の保存の法則」からセックスがしたくなるといわれているのに対して、女性は疲れるとそうはならない人がほとんどです。

疲れた時は寝たい。それは当たり前のこと!

疲労とセックスのテンポが男女間で合わないことは、カップルにおいてよくあることなのです。

 

◇実は精神的に参っているSOS

女性にとって、セックスはカラダのつながりだけでなく、心のつながりも重視された行為。

つまりカラダが元気だとしても、精神的に参っていたり、彼への気持ちが離れていたりすると、カラダが無意識に拒否反応を示すことがあります。

過去相談を受けた例をご紹介すると、ある女性は彼から強い束縛を受けていました。それを我慢して関係を継続していると、ある日彼に触れられるだけでも嫌悪を抱いてしまい、もうセックスどころの話ではなくなってしまったそうです。

このように心の状態が彼を受け入れられない理由になっていることもあります。

SOSのサインに気づいたら、気持ちがもう一度彼に近づくための話し合いをする必要があります。無理に我慢して乗り越えようとすることは、あなたをさらに苦しめるだけです。

■断ったら彼を傷つけてしまうの?

セックスを断ると彼氏と険悪になる。

そんな風に考え、彼からの誘いをモヤモヤしながら受け止める女子もいることでしょう。

しかし男性がなぜセックスを断られると傷つくのか。理由を知れば、少しだけ対処方法がわかってくるはずです。

◇「男性能力を否定される」と彼は傷つく

ズバリ男性がセックスを断られて傷つく理由は、そこに“男性能力(テクニック)の否定”があるように感じるからです。

つまり「あなたとはセックスしたくないのよ」という意思表示のあとに、「それはあなたが能力不足だから」といった推測が男性側でなされるような対応だと、男性はもれなく傷つき、険悪な空気が流れるというわけです。

では実際どんな対応だと男性側がよくない想像を巡らせるのか。基本的には理由を伝えない断りはすべてネガティブな想像を働かせると思ってください。

Point! 彼が傷つく「セックスの断り方」

・寝たふりをする
・無言で手を払う
・「したくないの!」の一点張り

 

このような対処は、間違いなく男性側に「俺とはもうしたくないってこと?」と不安の種を植えつけます。

「言いにくいことだからさりげなく……」と思って、こういった対処をする女子もいると思いますが、実はそれ、逆効果なんです!

■彼が迫ってくる時は? 断り方のコツ

では実際男性がセックスを迫ってきたけどしたくない。そんな時はどう断ればいいか、断る際にできるだけ相手に伝えてほしい3つのポイントを紹介します。

◇ポイント1:断る理由を伝える

まず、セックスを断る際には必ず理由を伝えてください。これはもうマストです!

「今日は体調が悪い」「どうしても眠い」「生理前でそういう気分になれなくて」などなど、素直に伝えてください。

この時ポイントになるのは、あくまでも断る理由はあなたの男性能力が原因ではない、ということをわかってもらうことです。

それが伝われば、ほとんどの男性はそうかと納得感を持ってくれるものです。

◇ポイント2:今してほしいことを伝える

断っただけだと少し罪悪感が残るという人は、ぜひ“今やってほしいこと”を彼にお願いしてみてください。

「手をつないで寝て」「お腹をさすってほしい」「キスをして」

お願いごとは、正直なんでもいいです。

断ったあとに簡単なお願いをして聞き入れてもらうコミュニケーションは、2人の関係が険悪になるのを防ぐと同時に、男性の自尊心を満たすことに繋がります。

甘え上手は恋愛上手。ぜひ彼に甘えてみましょう。

◇ポイント3:いつならセックスできるかを伝える

“可能であれば”のポイントですが、「いつならセックスできるか」を断る際に伝えると、より険悪な空気は生まれにくくなります。

でもセックスをいつするか約束するのって、なんだか色っぽくないので、できる人だけ伝えてみましょう。

この3点をなるべく満たすように伝えれば、彼のセックスを断っても険悪になることはほとんどないでしょう。

逆にこれだけ誠実に対応したのに不機嫌になる男性なんて、こっちから願い下げです!

Point! 険悪にならない「セックスの断り方」

・断る理由を伝える
・今してほしいことを伝える
・いつならセックスできるかを伝える

◇「断る理由」を伝えにくい場合の断り方

ただし、この断り方では対応できない場合もあります。

それはセックスをする、しないの前に、精神的に彼を拒む別の理由がある場合です。

たとえば簡単なものであればケンカしているとか、言いたいけど言えない不満がずっとくすぶっているとか。

そういった心の引っかかりを抱えていると、誘われてもセックスには臨めないものです。

その場合は明確な断る理由が出てこない(伝えにくい)と思いますので、早い段階で改めて膝を突き合わせての話し合いをオススメします。

セックスで上手に心の距離を縮めて

セックスって、気持ちよくできた日も、そうではない日も、実は2人の信頼関係を深めてくれます。

気持ちよかった日は幸せを共有し合う。断る時は理由を伝え分かち合う。心の引っかかりは早めに向き合う。

セックスはどんな時も、深いコミュニケーションを生み出すきっかけになってくれます。

だからこそ険悪になるのを恐れず、彼にどんどん心を開き、そして深いコミュニケーションがとれるといいですね。

(おおしまりえ)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2019年1月19日~1月21日
調査人数:645人(22~34歳の未婚女性)

Source: マイナビウーマン