彼女から「元彼の話」は聞きたくない? #恋の答案用紙

彼女から「元彼の話」は聞きたくない? #恋の答案用紙
AD

女性が気になる恋愛のアレコレを、男性たちに2択アンケート調査。結果をもとに、恋愛コラムニストの神崎桃子さんが男心を分析します。今回は「元彼の話」にまつわるアンケート。

■彼女に「元彼の話」をされるのはアリ?

付き合っている彼女に「昔観たあの映画、すごく感動したんだよね~」「あの水族館すごくよかった~」なんて言われたら、彼はとっても気になっちゃう。

で、本当は聞きたくないのに……でも聞いちゃう、という複雑な男心(笑)。

男「え? それ、誰と行ったの?」
女「昔の彼氏だよ」
男「ふ~ん、どんな人だったの?」

聞かれたから正直に答えたのに、次第に彼の顔色が変わって……なんてパターンに陥ることも。

「別に今は好きでもなんでもない」という前提で話しても、彼からしてみれば、自分といるときにほかの男の話をされるのはハッキリ言って不愉快。

でも、そんなことを口に出してしまえば「器が小さい」「男らしくない」と彼女に思われそうだから飲み込んでしまう……という見栄もあるだろうね。

だけど今回は、飲み込んだその気持ち、正直に吐き出してもらいましょう!(笑) 男性諸君、本当はどう思っているの~?

Q.彼女に「元彼の話」をされるのはアリ?

はい:44.3%
いいえ:55.7%
※有効回答数230件

むむむ、ほぼハーフ&ハーフか……。なんとも判定が難しい結果。でも、意外と「元彼の話を聞いても平気」と思っている男性は多いのね。

逆に「ナシ」とキッパリ答えた男性は、絶対に聞きたくないんだろうね(笑)。それぞれの本音を深掘りしてみましょう。

■「彼女に元彼の話をされるのはアリ」派の心理

◇過去は気にならない

・「過去のことをいちいち気にしていても仕方ない」(35歳/金融・証券/経営・コンサルタント系)

・「すでに終わっている関係の話なので、別に気にしないから」(32歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

話の流れで元彼のことを聞いてしまっても、「それは過去のこと」としっかり割り切ってくれる男性は、恋愛に前向きなタイプともいえるよね。

今は自分のパートナーなんだから以前のことは関係ない、2人のこれからのことだけを考えていきたい、という気持ちの表れじゃない?

ただ、気にならないのはあくまでも「昔の話」……。今も元彼とつながっているとしたら、それは「昔の話」にはならないだろうから十分に気をつけてね。

◇彼女と付き合う上で参考になる

・「彼女の地雷や傾向がわかるから、対策を立てやすい」(37歳/その他/事務系専門職)

・「限度によるが、比較してもらって自分を改善したり、相手の好みを知れたりするのはけっこう重要なことだと思う。世の中には素直に言ってくれなければわからないこともある」(33歳/小売店/事務系専門職)

いくら好きな彼女でも、その女心を察するのは至難の業(笑)。デート中に「なんで急に無口になっちゃったんだろ、怒ってるのかな?」「俺なんか悪いこと言っちゃった?」という事態になったら困っちゃう。

そ・こ・で、元彼を“反面教師”にして、地雷を踏まぬように今後の対策を立てようってわけか! う~ん、学習能力高いわ!

たしかに、どんなに彼女のことが好きでも、元彼と同じ過ちを繰り返さないとは限らない。せっかく恋人同士になれたんだもの。無駄な喧嘩はしたくないし、2人が今後うまくやっていくために「どんな恋愛をしてきたか」を聞き出してくれるなんて……女性にとっては最高の彼氏だね。

■「彼女に元彼の話をされるのはナシ」派の心理

◇元彼と比較されているようで嫌

・「今は自分と付き合っているから、元彼と比較されているように感じると思う」(30歳/運輸・倉庫/その他)

・「昔こんな経験があった、とさらっと話すだけならいいと思うけど、元彼がどうのこうのと具体的に話すのは、比べられている感があって嫌」(37歳/情報・IT/技術職)

恋愛における以前のパートナーとの比較は、男女関係なくあまり気持ちのいいものではないよね。それが原因でイライラして「だったらその人とやり直せば?」なんて喧嘩に発展したら最悪~!!

元彼と比較されるという行為は、彼女をリードしている自負がある男性にとっては「自分自身を否定されている」という誤解にもつながるから、その点は注意したほうがいいね。

◇元彼に嫉妬してしまう

・「嫉妬するからやめてほしい。前の彼氏なんか別にどうでもいい」(24歳/その他/その他)

・「嫉妬してしまい、ずっと気になってしまうから」(33歳/団体・公益法人・官公庁/販売職・サービス系)

過去の話だとわかっていても、やっぱり元彼の話はおもしろくないよね。でも、ここまであからさまに「嫉妬するからやめて!」と言われたら、ちょっと胸キュンかも(笑)。

自分は何ひとつ引きずってないのに、元彼相手に嫉妬して顔や態度に表す彼氏に母性本能をくすぐられる……なんて女子もいそうだね。

「も~、これくらいのことでムッとするなんて本当に子どもなんだから~」と心の中で文句を言いながらも、彼には「ごめんね、誰よりも好きなのはあなただから」と伝えて、すぐに話題を変えてあげるのが吉!

■恋の教訓:元彼情報を垂れ流す必要はないけど、「自分の情報」は知ってもらうべき!

男性は、過去よりも“今の自分”とちゃんと向き合ってくれたらいいと思っているの。

ただ、表面上では「元彼のことなんてどうってことない!」とかまえている彼も、ことあるごとに「元彼はこうしてくれたな~」「元彼はそんなことしなかったのに」なんて言われたら、さすがに不機嫌になるかもね。

そうはいっても、自分の価値観を知ってもらうのは大事なこと。

それに、自分だって好きな相手のことなら知りたいよね。「彼が私の前にまだ現れなかったときのこと」「どんなふうに過ごして何を感じてきたのか」……そういう話をたくさん聞きたいはず。

お互いが知らない過去の話を「へ~、そんなことがあったんだね」「昔は○○だったんだ~!」と語り合えたら最高だよね! わざわざ自分から元彼情報を流す必要はなくとも、お互いのことをもっと知りたいと思う気持ちこそ、愛を深めるもの。

元彼話や元カノ話で盛り上がるのはナシでも「昔話で盛り上がるのはアリ」! 相手のことを思いやりながら、あなたの昔話を打ち明けてみて。

(文:神崎桃子、イラスト:タテノカズヒロ、構成:マイナビウーマン編集部)

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2018年12月20日~12月22日
調査人数:230人(22~39歳の働く男性)

Source: マイナビウーマン