1年で約100人から6000人以上に急増の「Vチューバ―」。中の人をのぞいてみた

1年で約100人から6000人以上に急増の「Vチューバ―」。中の人をのぞいてみた
AD

今話題のディープな場所と中継を結び、知られざる場所を深掘り。総合演出のマツコ・デラックスさんが会議を開き、さらに掘ってみたいことをVTRにするバラエティ『マツコ会議』(日本テレビ系・毎週土曜23時)。2月16日は先週の放送に引き続き、話題のバーチャルYouTuberをさらに深掘りしていきます!

(C)日本テレビ

この1年で約100人から6000人以上に急増したというVチューバ―。先週の放送では、福山雅治さん似のイケメンボイスで話題のVチューバ―「ふくやマスター」と、クラウドファンディングで600万円以上を集めて誕生した、かわいすぎるVチューバ―「みみたろう」が登場。

また、Vチューバ―業界では禁断といわれる、みみたろうの魂(中の人)ともご対面。「みみたろうは見なきゃよかった」と後悔したマツコさんでしたが、後半戦となる今回も、マツコさんを圧倒する強烈キャラのVチューバ―が続々登場します。

まずは、美少女風なVチューバ―2人を発見。1人は、Vチューバ―界で「ママ」呼ばれる存在の美少女Vチューバー。彼女は、生配信で美少女キャラのイラストをリアルタイムに描いていく動画が人気なのだとか。

もう1人は、2か月前に始めたばかりで、チャンネル登録者数は約100人だという新人Vチューバー。ちなみに、「ママ」とはVチューバーのイラストを描いている人のことを言い、こちらの新人Vチューバーも自分でイラストを描いているため「ママ」と呼ばれているのだそう。

「魂とは会えないのよね?」と問いかけるマツコさんに、「会えますよ」と答える2人。本来は顔出しがご法度とされるVチューバーですが、今回も特別に魂と対面できることに。

(C)日本テレビ

早速2人の魂に会いに行くと、現れたのはなんと男女2人組。美少女Vチューバーの魂が男性だったという予想外の事実に、マツコさんも思わず笑いが止まりません。本業はイラストレーターをしているという「ママ」の仕事についても、マツコさんが深掘りしていきます。

そして、新人Vチューバーからはさらに追い打ちをかける新事実が発覚し、マツコさんは「えー!もう分からな~い!」とノックアウト寸前に。

そんなやり取りを経て、「Vチューバーやりたいと思いました?」という栗原ディレクターからの問いかけに、マツコさんは「やりたいと思わないけど、面白い。これからは、バーチャルのキャラを介してやりとりするのが結構普通なことになっていくのかしらね」としみじみ。新しい形の世界に関心を寄せます。

そして最後は、キャラ設定ゆるゆるの強烈Vチューバーが登場。美少女キャラに呪いがかかってしまった設定のキャラクターといいますが、想定外な質問を連発するマツコさんに戸惑いを隠せず……。キャラクター名に対しても「狙い過ぎよ!」とツッコむマツコさん。魂と対面し話を聞いていくと、さらなる事実が発覚。「お前もうVチューバーじゃねぇじゃねーか!」とマツコさんが吠え…!?

★CanCam.jp編集部厳選!気になるテレビ番組まとめ

CanCam.jp TOPへ戻る

関連記事

Source: cancam