行きたくない…面倒な会社の飲み会を上手に断るコツ

行きたくない…面倒な会社の飲み会を上手に断るコツ
AD

「仕事の延長」というイメージも強い、会社の飲み会。お酒や周囲とのコミュニケーションを楽しむ場でありながら、「やはり先輩や上司、周囲に気を遣って疲れてしまう!」なんて方も多いのではないでしょうか。「面倒だから断りたい!」なんて思うこともありますよね。角を立てないためには、どのように断るのがベストなの? 195名を対象に、リアルな意見を集めてみました。

Q.会社の飲み会で行きたくないと思ったことはありますか

ある 69%
ない 31%

「ある」と答えた方は、7割近くという結果になりました。その気持ち、上手に伝えることができれば、心の負担も軽減できるのではないでしょうか。「ある」と答えた方に、その理由や断り方を教えてもらいましょう。

■気を遣う飲み会はイヤ!

「お酌をしたくない! 取り分けをしたくない!」(26歳・女性)

「上司の武勇伝等を延々と聞かされるのが苦痛、否定する事も出来ないから常に作り笑いをしていなきゃいけない(26歳・女性)

「気を使うだけで楽しくない(評価されている気分にもなる)仕事の延長にしか思えない」(37歳・女性)

会社の飲み会が嫌な理由として、非常に多かったのが「気を遣う!」という意見です。お酒が入っても、気を遣って全然酔えない!というのが、みんなの本音なのかもしれませんね。

■苦手な人もいる

「苦手な人が多い時など」(22歳・女性)

「生理的に無理な人がいる」(21歳・女性)

「嫌な上司や同僚がいるから」(30歳・女性)

どこの職場でも、「みんな仲良し、良い人ばかり」というわけにはいかないもの。一人や二人や三人や四人!? 苦手な人がいる……なんて方も多いのではないでしょうか。飲み会きっかけで、普段より距離を近付けても、あまり良いことはなさそうです。

■金銭的な負担が重い!

「お金を出してまで気を使いたくない」(31歳・女性)

「会費を払いたくないとき」(30歳・女性)

飲み会に参加するということは、参加費用を支払うということ! 参加した場合のメリットとコスト負担について、冷静にコスパを見極めようとする女子の意見も目立ちました。「飲み会で今日のお給料が吹っ飛ぶ!」なんてことになれば、本末転倒です。

■上手な断り方1「体調不良」

「体調が不安定でお酒を控えています、すみません。って言う」(22歳・女性)

「すいません、今日ちょっと調子悪いので帰ります」(21歳・女性)

「子供が体調悪い」(29歳・女性)

ではここからは、みんなが気になる「上手な断り方」を紹介します。誰にも文句を言わせない断り方その1は、断然「体調不良」です! とはいえ何度も繰り返すのは、若干不自然なような気もします……!? 上級者になると、自分だけではなく家族の体調も、上手に使っているようですね。

■上手な断り方2「先約があって」

「実家暮らしなので「夕飯を作らないと行けないので今日行けないんです」と断る」(26歳・女性)

「〇〇時以降に宅配便が来るので今日は家にいないといけないんです、すみません」(27歳・女性)

「別の予定をたてる」(35歳・女性)

もう一つのパターンは、「すでに予定が入っている」というものです。嘘にしないため、「実際に予定を作ってしまう」なんて猛者もいるよう! 「宅配便」パターンは、若干「え!?」と思われるかもしれませんが……それも戦略なのでしょうか。

■「嫌じゃない」と回答した方の理由とは?

「会社の人と親睦を深めたい」(26歳・女性)

「いろんな話が聞けるから」(45歳・女性)

「面白い話が聞けたり、キャリアパスの参考にできたりする。仕事上のコネクションが生まれることもありがたい」(28歳・女性)

最後に紹介するのは、「そもそも飲み会が嫌じゃない」という女性たちの意見です。社内コミュニケーションを重視する方にとって、飲み会は絶好のチャンスと言えそう。どうしても断れないときには、彼女たちの意見を参考に、気持ちを切り替えてみてはいかがでしょうか。

会社の飲み会問題は、至るところで発生している身近な問題だと言えそうです。「気が重いな……」というときには、なんとか断る口実を考えてしまいがちですよね。今回紹介したみんなの意見も参考にしながら、スマートに対応してみてください。(あい)

 

もう帰りたい!女性100人が人生でいちばんつらかった飲み会7つ

>CanCam.jp TOPへ戻る

関連記事

Source: cancam