平成30年のJKファッション史。「おしゃれだと思うこと」で世代がわかる!

平成30年のJKファッション史。「おしゃれだと思うこと」で世代がわかる!
AD

平成30年のJKファッション史。「おしゃれだと思うこと」で世代がわかる!


平成も残りわずかとなってきました。

フリュー株式会社「GIRLS’TREND研究所」が、バブルな平成元年(1989年)、コギャルブームまっさかりの平成8年(1996年)、そして現代・平成30年(2018年)の3世代で「女子高生」だった人々に、「ファッション・美容」について調査した結果を見てみると、時代の移り変わりが見えてくるようです。

どんなものがかわいくておしゃれなのか……女子高生の流行から、平成の世の中を振り返っていきましょう!

おしゃれ

平成元年・8年・30年の女子高生が「洋服を買うときに重視してること」


まずは、平成3世代の女子高生たちが「洋服を買うときに重視していること」について、確認していきましょう。

 

Q.洋服を買う時に重視していることは?

洋服購入時に気にすること

【平成元年】

1位:デザイン・色
2位:値段
3位:流行
4位:着心地
5位:着回しがきくか

【平成8年】

1位:デザイン・色
2位:値段
3位:流行
4位:ブランド
5位:スタイルがよく見えるか

【平成30年】

1位:値段
2位:デザイン・色
3位:着回しがきくか
4位:流行
5位:着心地

平成元年、平成8年は上位3位が同じで、デザイン・色、値段、流行という結果に。

一方、平成30年は1位に「値段」、3位には「着回しがきくか」がランクインしていました。今どきの女子高生は、流行を追うことよりも、いかに安価で使いやすいかに注目しているようです。デザインや色より先に「値段」が来るのは、ファストブランド全盛期の現代を象徴しているようです。

では、「普段着ている服で、一番好きなブランドは?」と聞いてみると、あまりにもはっきりと時代の変化が表れます。

平成元年・8年・30年の女子高生の「好きなブランド」の変遷


Q.普段着ている洋服で、一番好きなブランドは?

女子高生の好きなブランド

 

【平成元年】

1位:POLO RALPH LAUREN
2位:FLANDRE CO.,LTD.
3位:VIVAYOU
3位:COMME des GARCONS
3位:PINK HOUSE

【平成8年】

1位:CECIL McBEE
2位:EGOIST
3位:HYSTERIC GLAMOUR
4位:AS KNOW AS
4位:one after another NICE CLAUP
4位:OLIVE des OLIVE
4位:ALBAROSA

【平成30年】

1位:INGNI
2位:GU
3位:Honeys
4位:earth music&ecology
5位:addidas Originals
5位:UNIQLO
5位:WEGO

平成元年からは、ラフな 「アメカジブランド」と、「DC(デザイナーズ&キャラクターズ)ブランド」と呼ばれる個性的なファッションカテゴリーが流行っていたことが分かります。

続く平成8年は、SHIBUYA109に出店するギャルブランドが圧倒的人気。一方で現代・平成30年はプチプラ、ファストファッションに人気が集まっていることが分かります。その時代によって人気のブランドはがらりと変わってしまうようですね。

ファッションや美容で「オシャレ」「イケてる」と思うことって、何?


続いて、女子高生の価値観に注目してみました。ファッションや美容でオシャレ・イケてると思うことについて聞いてみると、まさにその時代に流行った女性像が何なのかが分かる結果に。

 

Q.ファッションや美容で「オシャレ」「イケてる」と思うコト、モノは? 

平成の女子高生

【平成元年】

1位:パーマ・ソバージュ
2位:靴(スニーカー、ラバーソール)
3位:ルーズソックス
4位:DCブランド
5位:髪型に力を入れる

【平成8年】

1位:安室奈美恵(アムラー)
2位:ルーズソックス
3位:厚底ブーツ・厚底サンダル
3位:ミニスカート
5位:ギャルメイク・ガングロメイク

【平成30年】

1位:自分に似合っているモノ
2位:女性らしい・清潔感・かわいい服
3位:髪の毛を染める
4位:ピアス
5位:オルチャン

平成元年はバブルの象徴である「パーマ・ソバージュ」が1位。平成8年は「安室奈美恵さん」が1位となっていました。安室奈美恵さんは、1位以降にランクインしている「ミニスカート」や「厚底」にも影響があることが伺えます。この時代は「アムラー」の影響力がいかに大きかったかが分かりますね。

対する平成30年は「自分に似合っているモノ」が圧倒的1位で、自分らしさを重要視する結果となっています。個性が尊重されている素敵な時代に変わってきたようですね。これから安室奈美恵さんのような時代の象徴は、生まれることってあるのでしょうか……気になりますね。

意外に時代を象徴する……「女子高生の流行ってるダイエット」


最後に、いつの時代であっても女子高生が気にしているダイエット方法について、時代別に結果を見てみましょう。

Q.あなたの周りで流行っているダイエット法は? 

女子高生のダイエット

【平成元年】

1位:りんごダイエット
2位:カロリー計算・減食
3位:運動
4位:絶食
5位:パイナップルダイエット、油抜きダイエット、グレープフルーツダイエット、キャベツダイエット、バナナダイエット、炭水化物ダイエット

【平成8年】

1位:りんごダイエット
2位:絶食
3位:こんにゃくダイエット
4位:バナナダイエット、グレープフルーツダイエット

【平成30年】

1位:運動・筋力トレーニング
2位:食事・糖質制限ダイエット
3位:炭水化物ダイエット
4位:絶食
5位:ジョギング・ランニング・ウォーキング

平成元年、平成8年は比較的ひとつのものを食べ続けるダイエットが流行していました。平成元年、8年の結果から、懐かしいダイエット方法を思い出した人も多いのでは?

一方、平成30年は運動系ダイエットや糖質制限ダイエットなど、健康を意識した方法が多数でした! 昔の女子高生と比べて、危ないダイエットを実践している人が少なく、食事と運動を重要視している人が多いことが分かります。

昔と違い、今は正しいダイエット情報をきちんと得られているのかもしれません。

現代の女子高生

また、今回の調査結果から、ダイエット方法に限らずファッションも流行や誰かが着ているモノを選ぶのではなく、自分に合う=正しい情報を得ているのが今の女子高生の価値観とも言えるのではないでしょうか。

誰もが情報の発信者になれる現代。たくさんの情報の中から「本当に自分が必要なもの」を選びとって、流行に流されすぎず、マイウェイを進む現代の女子高生は、私たちが女子高生だった時よりもなんだか大人に感じます。(かすみ まりな)

情報提供元:フリュー株式会社「GIRLS’TREND 研究所」

 

★平成30年間のJKメイク史。「外せないコスメ」で世代がわかる!

★メイクもネイルも!100年前から変わらない「美人の心得」がためになりすぎる

>CanCam.jp TOPにもどる

関連記事

Source: cancam