銀座コリドー街はナンパの聖地!口説かれまくる現役CAが教えるテクと遊び方

銀座コリドー街はナンパの聖地!口説かれまくる現役CAが教えるテクと遊び方
AD

出会いに飢えてる女子に「銀座のコリドー街」がアツいワケ


人は、なぜ冬に近づくにつれて、彼氏欲しい欲が急上昇するんでしょうね。でも、彼氏をつくる第一歩の「出会い」がなかなかないというのが厳しい現状です。そんな、出会いを欲している女子に朗報! 今、銀座の「コリドー街」がアツいと話題なんです。

shutterstock_211038646

 

【理由1】商社マンや広告代理店、若手サラリーマンが多い!

銀座のコリドー街で飲んでいる男性陣の多くは、きちんとした会社に勤めている人が多く、質のいい出会いが多いのも人気の理由のひとつ。銀座の細い裏道にあるコリドーは、銀座や新橋、大手町などに構える企業のサラリーマンが帰り道で飲むことが多いそう。

声をかけてくる男性の多くは、大手商社や広告代理店、証券マンなど、なかなかの最良物件! さらに、年齢も20代後半から30代くらいと若めなのもポイントです♪

 

【理由2】気軽に飲めるお店が多い!

オープンテラスのようになっているお店や、スタンドで飲めるお店など、気軽に入れる飲み屋が立ち並んでいるコリドー街。声を掛けられた男性達と、1杯だけ、というのも気軽に出来るので、ダラダラと興味のない相手と飲んでしまって「すっかりこんな時間!」という心配もありません!

 

【理由3】ほぼ、必ず声を掛けられる!

コリドー街が最も盛り上がるのは、金曜日の夜22時以降から。そのタイミングを見計らってパトロールすれば、ほぼほぼ男性陣から声を掛けられます! ちなみに、男性2人で飲んでいることが多いので、女子も少人数の2人で行くのがおすすめ。遠目でもかわいらしい服装で気合を入れて行ってみて。

 

【理由4】2時を過ぎると徐々にお店が閉まりだすから安全!

銀座はだいたい深夜2時くらいに閉まりだすお店が多いので、遊びにいったはいいものの、結局朝まで飲んじゃって次の日が台無し……なんて心配もなし。誰とでもいいから存分に飲みたい人はいいと思いますけど、知らない男性達と朝まではキツいですよね。

いい出会いがほしいけど、クラブは少し怖いし、だからといってお見合いパーティや結婚相談所までは踏み出せない、と思っている女子こそ、コリドー街がおすすめなんです!

 

>出会いが欲しいなら「コリドー街」に行け!今、銀座がアツい理由4つ

 

出会いがあると話題のコリドー街は、出会いの宝庫です。

ただ、男性にチヤホヤされたい時に行くのはいいけど、できればその中から、「良い物件(ルックスがいいとか、有名大手企業に勤めているとか)」を見つけたいもの。でも、それを初見から見極めるのは至難の業。そこで、客室乗務員(CA)が、密かにやっているテクをご紹介します。

コリドー街,銀座,出会い,現役CA,客室乗務員,テク

現役CAが教える!出会いの場コリドー街で効率よく良い男性と出会うテク


男性と一緒に飲みに行く前】

【1】狙い目は金曜日の22時以降

コリドー街,銀座,出会い,現役CA,客室乗務員,テク

平日はあまり人がいないコリドー街。盛り上がりを見せるのが、金曜日の22時以降。土日休みのサラリーマンが集まるので、金曜日は時間を気にせずに飲めて、羽振りのいい男性も多く現れます。特に、2軒目、3軒目に移動しがちな22時はコリドーに流れてくるサラリーマンが多いんです。この時間に狙いを定めて行ってみるのがいいかも。

 

【2】一番最初に「一杯だけね♡」と断りを入れる

出会い,現役CA,客室乗務員,テク

声をかけられてお酒を一緒に飲むのはいいんだけど、ダラダラと飲んでは時間のムダ。できれば、テンポよくいろんな男性と会っておきたいもの。そういうときは、最初から「一杯だけね」と断りを入れておくことが大事。それで「じゃあやめよっか」なんて断ってくる男性はこちらからノーサンキュー。「一杯だけ」と断っておくことで、男性も短時間でもてなしてくれるし、こっちも長時間取られないで済むからね♪ サクッと飲んで、はい次!

 

【3】2組目には店の前で待っててもらう

金曜日のコリドー街は多くのサラリーマンで賑わいます。だから、何組からも声をかけられることがあるんだけど、2組目には「15分だけ待ってて!」とか「15分後にこのお店の前で集合ね」とか言って、1組目と飲んでいるお店の前で待っててもらう。そうすれば、時間の短縮にもなるし、次から次に効率よく出会うことができますよ♡

 

【男性と一緒に飲んだ後】

【4】お気に入りスタンプを用意しておく

一杯ごちそうになったら、流れでLINEを交換することになりますよね。でも、ぶっちゃけ「もう会わないだろうな」「顔がタイプじゃないな」とか思う男性も、悲しいことにいるんです。コリドーで大人数と連絡先を交換していると、あとから見たとき、誰が誰だかわからなくなっちゃう。でも、そんなときは一番最初のスタンプで「お気に入り」と「そうじゃない(今回限り)」を決めておくのがベスト。

◆もう一度会いたいor友達を紹介してくれそうな人に送るお気に入りスタンプ

出会い,現役CA,客室乗務員,テク,LINE

◆別にもう会わなくてもいい人に送るスタンプ

出会い,現役CA,客室乗務員,テク,LINE

あとからLINEを見返したときに、「このスタンプを送ってるってことは、この人よかったんだな」と思い返すことができます。まず一発目に送るスタンプを自分のなかで判断基準にしておくといいかも。

 

【5】★3つで評価する

出会い,現役CA,客室乗務員,テク,LINE

LINEの名前のところを自由に変更できるので、自分の記録用として勝手に変更しちゃうのもアリ。

出会い,現役CA,客室乗務員,テク,LINE

★3つ採点で、☆☆★=ルックスはいいけど肩書きは微妙、☆★★=肩書きはいいけどルックスは微妙、★★★=ルックスも肩書きもいい、とか自分なりにわかりやすいメモを残しておくといいかも。

これらを駆使したところ、短時間で32組と出会うことができました。1組2人だとしても、64人と出会ってることになります(笑)。でも、そうでもしなくちゃ、いいなと思う人となかなか出会えないのも現実! ぜひ、CA直伝のテクで金曜日の夜を楽しんでみて。

 

>現役CAが教える!出会いの場コリドー街で効率よく良い男性と出会うテク

 

出会いを求めて、年末のコリドー街に行ってみた!


続いては、コリドー街に、最近彼氏と別ればかり、絶賛彼氏募集中のアラサーが行ってきました。

仕事納めであろう28日。間違いなく賑わっているだろうと、一次会や二次会がお開きになる22時を狙って、女ふたりで乗り込みます!

 

 

1分に1組、声をかけられる!


実は人生初のコリドー街! 噂では、歩くたびに声をかけられると聞いているけど……アラサーだし、ナンパされることは少ないんじゃないかな?と思いながら足を踏み入れました。

ですが、入った瞬間に、「一緒に飲みませんか?」というお声がけが……! しかも、スマートなイケメンじゃないですか!

……いやいや、人生初コリドー街。色々歩いて見てみたい!という気持ちが強く、泣く泣くお断りすることに。その後も、数えるのが面倒になるくらい、前から後ろから声をかけられるんですね。「さすがコリドー街。噂通り!」というのが率直な感想です!

周りには、明らかに声をかけようと女性を探しているメンズがいっぱい。出会いを求めているのか、女の子だけのグループもたくさんいました。コリドー街で出会った男女のその後が気になります。

ナンパをしてくるメンズがやさしい!


何より驚いたのが、声をかけてくるメンズの中に嫌な感じの人がいなかったこと!

サラリーマンが多いという土地柄なのか、お誘いを断っても「良いお年を!」と声をかけてくれたり、「お話できただけで嬉しいです!」と言ってくれたり。良い気分にさせて去っていく人ばかり。しつこく絡んでくる人もいないことに驚きました。

ダメだったら次に声をかける人がすぐに見つかる場所だから、というのもあると思うんですが、断りやすいところも女性にはありがたいかなと思いました。

そこで気になったのが、メンズたちは、たくさん女の子のグループが歩いている中、どうやって声をかける人を決めているのか……。いつか調査したいところです!

おしゃれなお店が多い!


コリドー街には、オイスターバーやダイニングバーなど、出会いがどうでも良くなるくらい、キレイなお店がたくさんあることにも驚きました! 実際にお店に入ってみると、ここでも「あっちで飲んでるんだけど、よかったら一緒にどう?」とひっきりなしに声をかけられます。女の子同士で入店してくる子もチラホラ。

隣の席では、ナンパが成功したのが、スーツ姿の男性2人と女の子らしい甘めの服を着た女の子が2人。女性のひとりは、両手で頬杖をつくような、女らしい仕草。メンズの話に聞き入っていっていたので、彼のことを気に入ってるんだなと思ったり。

コリドー街では、外にいても、店の中にいても、ひっきりなしに出会いがあるんだなと実感しました。

 

私といえば、この日はメンズと飲むことはなく終わりました……。いざ行ってみたものの、ナンパをされて「じゃあ一緒に飲みましょう!」という切り返しってどうやってするんだっけ……?という初歩的なことができていなかったんです。う〜ん、もったいない。これは、またリベンジしたいと思います!

 

>ナンパの聖地として再熱! 出会いを求めて、年末のコリドー街に行ってみた

>CanCam.jp TOPへ戻る

関連記事

Source: cancam