【全文レポ】iKONの新アルバム『NEW KIDS』が発売!iKONらしい自由な雰囲気の記者会見の様子をレポート

【全文レポ】iKONの新アルバム『NEW KIDS』が発売!iKONらしい自由な雰囲気の記者会見の様子をレポート
AD

NEW KIDSプロジェクトの集大成となる新アルバム『NEW KIDS』が2月27日(水)に発売!


iKON、NEW KIDS 、B.I、BOBBY、YG

 

昨年の韓国国内の賞レースを総なめにした7人組ボーイズグループiKONが、2018年最大のヒット曲となった『LOVE SCENARIO』を始め、『I’M OK』『KILLING ME』『GOODBYE ROAD』などの日本語Ver.も含む全21曲を収録した新アルバム『NEW KIDS』を発売! これは、2017年にリリースした『NEW KIDS : BEGIN』から『RETURN』『NEW KIDS : CONTINUE』、『NEW KIDS : THE FINAL』までのNEW KIDSプロジェクトのすべての収録曲を完全網羅した、まさに集大成のアルバムとなります。それを記念して、都内某所で行われたiKONの記者会見に潜入! iKONの仲のよさと自由な雰囲気を伝えるべく、全文レポートでお届けします。

みたいな大賞をいただけた昨年を経て、今年はまた新しいiKONをみせていきたい。


 

ーー『LOVE SCENARIO』が社会現象になるほど韓国でロングランヒットでしたが、2018年はiKONにとってどんな一年でした?

JU-NE まずはアルバムをたくさん出すことができて本当にうれしかったです。ずっと活動した一年だったと思います。休む時間はなかったけど、いっぱい活動ができてずっと感謝の気持ちでした。そして結果的にもよかったと思います。だから2018年は感謝の気持ちですね。

JAY アーティストなら一回くらいはもらいたいと思う、夢みたいな大賞をもらえたし、今年も頑張りたいと思います。

iKON、B.I、DK、ドンヒョク

ーー韓国を代表する数々の音楽ショーレースにノミネートされるのみならず、さまざまな賞を受賞されました。『LOVE SCENARIO』が2018年の最大のヒット曲として証明されましたが、毎回違った演出で出演されていたのが印象的でした。その理由や準備する中で大変だったことはありますか?

B.I とても緊張しましたが、光栄なステージでもあるので、何か新しい姿をみなさんにお見せする特別な公演にしたくて、一生懸命練習して準備をしました。DK君が振り付けをたくさん作ってくれました。

DK 授賞式という特別な舞台だったので、いつもよりもさらに良く、そしてかっこいいステージにしたくて、普段の原曲のイメージとはちょっと違う姿を見せられるよう意識しました。メンバーも呼吸をぴったり合わせてうまくやってくれましたし、バックダンサーのみなさんも一生懸命手伝ってくれました。

ーー相当準備はされたんですか?

B.I いろんな授賞式に出させていただいたのですが、最初の授賞式は大体2か月くらい準備にかかりました。それ以外のステージも、それぞれ一週間くらい時間をかけました。

ーー授賞式当日の雰囲気や、印象に残っているエピソードがあったら教えてください

CHAN JAYさんも言っていたみたいに、僕たちが大賞をとることができて非常に驚きました。気分もよかったんですけれども、僕たちだけじゃなくて、一緒に苦労してきたマネージャーやスタッフのみなさんも喜んでくれたのでとてもうれしかったです。

『LOVE SCENARIO』は映画『ラ・ラ・ランド』からインスピレーションを受けて作られた曲!


 

BOBBY、iKON、バビ、ジナン

ーーでは、受賞された『LOVE SCENARIO』についてお伺いしたいのですが、B.Iさんが作詞作曲、BOBBYさんが作詞に参加されていますが、この曲にはどのような思いが込められていますか?制作時のエピソードも交えて教えてください。

B.I まずは『ラ・ラ・ランド』という映画からインスピレーションをうけて作った映画です。淡々としていて、目では泣いているけれども口では笑っているような、そんな感情を込めた歌です。作っていた当時は、子どものように純粋な気持ちで、なにか公園で遊ぶような気持ちで作っていました。

BOBBY 僕は作詞に参加したんですが、歌詞をかいてB.I君に見せたら一発でOKが出ました。
B.I ありがとうございました、BOBBYさん(笑)。

ーーいつもは一回でOK出ないんですか?

BOBBY 通らなかったということはないんですが、B.I君が「僕が言いたかったことだ」という風にすごく喜んでくれました。自分が言いたいことを表現してくれた、と。

ーー『LOVE SCENARIO』が爆発的なヒットを記録した要因は、ご自分たちからみてどこにあると思いますか?その魅力を教えてください。

B.I こんなにヒットするとは思わなかったのですが、まずは運がよかったと思います。先ほどもこの歌は、遊ぶみたいに純粋な気持ちで作ったと申しあげましたが、その気持ちがみなさんにも届いて、小さな子供たちまでこの曲を好きになってくれたのだと思います。

SONG まずB.I君にデモをもらったんですが、そのときに僕たちも何回か聴いただけですぐに覚えられるような、非常に分かりやすい曲だったので、子ども達にも通じたのかなと思います。『LOVE SCENARIO』という曲自体が、強すぎもせず弱すぎもしない曲なので、何回聴いても飽きがこない、そういう曲だったのではないかなと思います。

iKON、SONG、ユニョン

ーーでは、ミュージックビデオ(以下MV)の見どころ、撮影のエピソードを教えてください。

JU-NE 3泊4日くらいで撮影しましたが、そのときあんまり寝れなかったんです。ずっと撮影だったので大変でしたが、久しぶりの新曲なので、とても頑張って撮影しました。

DK 『LOVE SCENARIO』のMVを撮るときに、初めて使用するカメラがあって、いつも撮影する方法と違ったんです。それで、僕たちも非常に楽しく撮影できましたし、不思議な感じの撮影でした。

『NEW KIDS』 は今のiKONらしさがギュッと詰まったアルバム。歌詞にもこだわって作ったので、そこにも注目してもらえたら。


iKON、B.I、ハンビン

ーーでは、ニューアルバム『NEW KIDS』についてお伺いします。『NEW KIDS』は『NEW KIDS』プロジェクトの集大成となるアルバムとなりますが、このコンセプトやプロジェクトを発足させて経緯などを教えてください。

B.I  最初は『BLING BLING』という曲でスタートしました。そこで僕たちの強烈でiKONらしい姿をお見せしたくて。そのあと、ヒップホップとかiKONのボーカルのよさも見せようと思って、ラブシナリオを作りました。『NEW KIDS:BEGIN』から『RETURN』『NEW KIDS : CONTINUE』 そして『NEW KIDS : THE FINAL』まで、iKONが追求している音楽をみなさんにお見せしようと努力してきました。

ーー制作時に意識したことや、産みの苦しみを感じたことはありましたか?

B.I  『KILLING ME』を作ったときは、夏だったんですけど、すごく暑くて大変でした。それがいちばん苦労した点です。

ーーでは、曲作り自体は苦労することなくポンポンと?

B.I  『KILLING ME』をいちばん最後に作ったんですけど、いちばん修正する部分が多かったです。

ーーアルバム全体の聞きどころや、伝えたいメッセージなどあれば教えてください。

B.I 『RETURN』は僕が歌詞にいちばんこだわって作ったアルバムです。歌詞を読みながら聴いてくださるといいと思います。

ーーアルバムの収録曲についても解説をお願いします。まずは『I’M OK』から。

JU-NE 個人的に好きな曲です。切ない曲だと思います。大丈夫じゃないけど、大丈夫だよって。だから悲しい曲なんです。個人的に初めて聴いたときに、この曲いいなと思いました。僕は切ない曲が好きなので、悲しい気持ちを持っている方がこの曲を聴いてくださったら、絶対喜んでくれるのではないかと思います。

ーーMVでは車が燃えるところから始まりますよね。MVの見どころを教えてください

B.I JAYさんがゴミ捨て場で横になって歌う場面があるんですが、そのカットがかわいいです。

JAY 僕は、かっこいいと思ってやっているのでかわいくはないです(笑)。iKONのMVの中でもいちばん男らしくて若さが見えるMVになったと思います。

iKON、JAY、ジナン

ーーでは『GOODBYE ROAD』について。

CHAN 『GOODBYE ROADという曲は、僕の記憶では日本で初めてB.Iさんが聴かせてくれて、そのあとレコーディングした曲だったと思うんですが、初めて聴いたときメンバーみんなで「いい曲だね」と話しました。個人的には非常に好きな曲です。

B.I  CHAN君のパートが多いんです。

CHAN 重要なパートを任せてくれて感動しました。ありがとうございます。

チャヌ、iKON、CHAN

ーーMVの見どころは?

JU-NE 全体的に色がとてもきれいです。監督さんが上手に撮ってくれました。個人的に今まで撮ったMVの中で色がいちばんきれいだと思います。見るだけで癒やされます。

JAY 一年くらいかかって撮ったMVなので、メンバーの顔とか髪の毛の変化が見どころだと思います。

ーー『KILLING ME』について、SONGさんお願いします。

SONG まず『KILLING ME』という曲は、失恋した男性が付き合っていた女性のことを忘れられないという歌詞なんです。悲しい内容の歌詞なんですが、それとは逆にパフォーマンスは非常にパワフルなので、ステージやMVを一緒にみていただけると、2倍3倍楽しめる曲だと思います。

ーーそんなMVの見どころは?

SONG 『KILLING ME』のMVでは、サビの部分に入るときに全員でシンクロダンスを踊るんです。演技をしている部分から、みんなでそろったダンスに入るところがかっこいいので、それが見どころの1つです。

JU-NE ちなみに『KILLING ME』という曲の振り付けは会長(ヤン・ヒョンソク YG代表プロデューサー)とDK君が作ってくれました。

DK 振り付けをつくるときにB.I君と相談して、サビの部分はこういう振り付けが合うんじゃないかと。さらに会長にも相談して、どういう振り付けにすればかっこいいかというのを話し合いながら作りました。

iKONメンバーのお気に入りの曲は、それぞれのらしさがあふれた選曲に!


iKON、JU-NE、ジュネ

ーーでは、みなさんそれぞれが、アルバムの中でお気に入りを1曲あげるなら?

JU-NE 『JERK』僕は悪いやつなので(笑)、『JERK』が好きですね。僕たちの曲の中で唯一のブルースなんです。

SONG 僕がいちばん気に入っているのは、やっぱりたくさんの愛をもらった『LOVE SCENARIO』です。

DK 歌詞がいい曲が多いので、選ぶのが難しいのですが、僕は『COCKTAIL』という曲がおすすめ。夏の雰囲気があって、とても楽しくなる曲なので、ステージで披露していても楽しかったです。

B.I 僕は『FREEDOM』が好きです。とても自由な感じなので。

JAY 僕はやっぱり『I’M OK』が好きです。歌詞がきれいというか、詩的な歌詞が印象に残るんです。

BOBBY 『BLING BLING』です。非常に強い雰囲気の曲で、そういう曲がiKONにはそれほど多くないので、ヒップホップ的なところとか、『RHYTHM TA』 と言う曲に次いで強力な曲なので好きです。

CHAN 僕は先ほどもお話した『GOODBYE ROAD』が好きです。聴いた瞬間からメロディがいいと思いましたし、自分のパートが多いので好きな曲です。

ーー昨年末、2年連続京セラドーム大阪公演が行われましたが(12/22、23)、ドームのステージに再び立たれた感想はどうでしたか?

DK 大きなステージでみなさんの前でコンサートできたのは、とても光栄に思っています。その分、僕たちも非常に頑張って準備をしたのですが、どうだったか感想をお聞きしてみたいです。また、みなさんが普段からたくさん愛してくれるので、こういうステージでお返しできることが僕たちもうれしいですし、思い出に残ったステージでした。

iKON、DK、ドンヒョク

5月にはファン待望の、B.IとBOBBYのユニットでの活動予定も!


 

——2019年のグループの目標について教えてください。

JU-NE ずっと走り続けたいです。

——それは、日本でもたくさんリリースがあるということですか?ライブも?

JU-NE 日本での活動もたくさんしたいです。みんな頑張っていろんな活動をするつもりだです。さっき会長と連絡しましたが、会長からもいいよと言われました(笑)。

——日本での活躍も期待していていいですか?

JU-NE たとえばJAYさんと僕は日本語ができるので、日本での活動もしたいです。

——バラエティとかもですか?

JU-NE バラエティも出演できたらうれしいです。だけど、できるかな(笑)。

BOBBY 5月にB.I君とユニットで活動する予定ですのでみなさんチェックしてください。去年非常に忙しかったので、今年は少し休みつつ、余裕を楽しみながら活動していきたいと思います。

iKON、BOBBY、バビ

——最後に、日本のファンに向けてメッセージをお願いします。

DK 愛してます!

BOBBY いつも言いたいことなんですが、僕たちは国も違うし言葉も違うのに、こんなに愛してくださって感謝しています。また、音楽で1つになれることにもとても感謝しています。僕たちみたいにまだまだ未熟なところも多いグループをなぜ好きでいてくれるか、不思議なんですけれども、これからももっともっと努力してかっこいいステージを見せられるように頑張ります。

 

アルバムの中のお気に入りの曲を、メンバー1人1人が答える場面では、JU-NEさんやSONGさん、JAYさんが1フレーズ歌ってくれたり、メンバーが話している途中に他のメンバーがツッコミを入れるなど、iKONの仲の良さやサービス精神旺盛なところが垣間見られる記者会見でした!今年の活躍も楽しみですね!

『NEW KIDS』  2月27日(水)発売

2017年にリリースした『NEW KIDS : BEGIN』から『RETURN』、『NEW KIDS : CONTINUE』、『NEW KIDS : THE FINAL』の収録曲を完全網羅。
今作は日本オリジナルの収録内容となり【2CD+3DVD+PHOTO BOOK】-DELUXE EDITION-、【2CD+2BR+PHOTO BOOK】-DELUXE EDITION-、【CD+DVD】、【CD】の全4形態を発売。CDには、Billboard Koreaが発表した2018年上半期最多の1位を獲得をし、年末の賞レースのベストソング賞を総なめにした『LOVE SCENARIO』を始め、『KILLING ME』『GOODBYE ROAD』といったヒット曲の日本語Ver.を含む全21曲を収録。映像には日本語Ver.と韓国語Ver.のミュージックビデオ、メイキングムービーを収録。初回限定となるDELUXE EDITIONは、韓国語Ver.も追加した全34曲CD 2枚組仕様。さらに映像には韓国で行われた「iKON 2018 CONTINUE TOUR」の初日公演も一挙同時収録。
ライブ本編とドキュメンタリー映像、マルチアングル4曲をコンパイルした約5時間の超豪華内容です!

[2CD+3DVD+スマプラミュージック&ムービー] -DELUXE EDITION-
¥12,204(税込) 初回生産限定盤 封入特典:PHOTO BOOK

[2CD+2Blu-ray+スマプラミュージック&ムービー] -DELUXE EDITION-
¥13,284(税込) 初回生産限定盤 封入特典:PHOTO BOOK

[CD+DVD+スマプラミュージック&ムービー]
¥4,536(税込)

[CD+スマプラミュージック]
¥3,348(税込)

 

■リリース記念「トーク&ライブイベント」開催決定! 詳しくはこちらからhttps://ygex.jp/ikon/news/detail.php?id=1069939

■LIVE DVD & Blu-ray『iKON JAPAN TOUR 2018』3/20リリース

2年連続となる京セラドーム大阪公演を完全収録!

■「iKON JAPAN FAN MEETING」開催決定!

 

ご予約はコチラ♪

<iKONIC OFFICIAL SHOP>

https://shop.mu-mo.net/st/fc/BLNK.html

<YGEX OFFICIAL SHOP>

https://shop.mu-mo.net/avx/sv/list1/?jsiteid=YGSP&categ_id=302080103

<mu-mo shop>

https://shop.mu-mo.net/avx/sv/list1/?artist_id=IKONX

 

>CanCam.jp TOPへ戻る

 

関連記事

Source: cancam