あ(A)えて結婚(K)しない男子=「AK男子」。女性はどう思う?

あ(A)えて結婚(K)しない男子=「AK男子」。女性はどう思う?
AD

50歳まで1度も結婚したことのない男性が4人に1人いるといわれる現代。そこに登場したのが、没頭できる仕事と趣味を持ち家事能力も高く、友達と充実した日々を過ごす“あ(A)えて結婚(K)しない”男子=『AK男子』たち。

(C)テレビ朝日

こんな時代だからこそ生まれた“新たな男性ゾーン”にスポットを当て、高橋一生さん、斎藤工さん、滝藤賢一さんがそんなAK男子に扮して、今までにない恋愛・結婚観でアラフォー独身男性の本音を体現していく土曜ナイトドラマ『東京独身男子』(テレビ東京系・毎週土曜23時15分)が、4月からスタート。

今回、3人の独身アラフォー男性を揺さぶり、惑わし、ぶった斬る女性キャストとして、仲里依紗さん、高橋メアリージュンさん、桜井ユキさんが出演することが明らかになりました。

石橋太郎(高橋一生さん)はメガバンク勤務、三好玲也(斎藤さん)はバツイチの審美歯科クリニック院長、岩倉和彦(滝藤さん)は大手弁護士事務所のボス弁。人並み以上の容姿を持ち、スペックも高く、気の合う仲間とつるみながら独身ライフを謳歌していた3人ですが、ある時を境に結婚を猛烈に意識する事態に。さらに、その先に待っていたのはとんでもない“難婚ワールド”で…!?

今回、玲也の妹で兄の審美歯科を取り仕切る影の立役者・三好かずなを仲さん、太郎の元恋人で太郎との再会をきっかけに彼の恋心に再び火をつける竹嶋舞衣を高橋メアリージュンさん、岩倉の事務所に所属する美貌のやり手弁護士・日比野透子を桜井さんがそれぞれ演じることに。

既成概念に捉われない、奔放な言動で、3人のAK男子たちを大いに翻弄していく女性を演じる仲さん、高橋さん、桜井さんが、“AK男子”に関して“女性としての率直な感想”を明かしています。

●仲里依紗さん(三好かずな役)

一人で生きられるものをすべて揃えていて、すごいと思います。ただちょっと、しっかりしすぎているのかもしれませんね。女性関係が派手な訳でもなく、自分が明確に持っているテリトリーを守りたい“ひとり好きな男性”は今、増えているんだろうと思います。だから台本を読んで、“こんな人いる?”という違和感はなく“ああ、いるよね”と納得しました。

この仕事をしていると、周りにそういう方は多いので、なおさらですね。でも、ふと気づくと電撃入籍してたりしますけど(笑)。“AK男子”はどんな私生活を送っているんだろうという興味も、ちょっとありますね! その謎の部分も、このドラマでは見られるのかな。ひょっとしたら、あえて結婚しない自分に酔っている人も、いるかもしれないですね。こういう俺、カッコいい! みたいに思って(笑)

●高橋メアリージュンさん(竹嶋舞衣役)

このドラマの男性たちは“AK男子”と言いながらも、それぞれの事情で結婚相手を求めていく展開だということで、女性として“すごくありがたいな”と思いました(笑)。この3人は、やっぱり男性として素敵な方々ですからね。

でも、もしずっと結婚しない道を選んでいたとしたら、ちょっと“こじらせている”と思うかもしれません。女性の側も、素敵な男性を求めているので、結婚しないと決意されてしまうと悲しいですよね。でもこの3人は相手を求めているので、好意的に見守りながら撮影に臨めそうです!(笑)

●桜井ユキ(日比野透子・役)

仕事柄こういう男性は周りに多いので“そんな訳ない”という感覚はなかったですね。自分も含め、芸能界の女性にも同じ感覚の方は多いように思うので、ちょっと親近感も覚えました。

例えば、もし好きになった人がAK男子だったら…そういう考えの人だと割り切って、しばらくは“並走”すると思います。ただ自分が結婚したいと思った時には、相手との温度差は気になりますよね。だから、しばらくは並走を続けると思いますが、もういよいよダメだと感じたら、さよなら、でしょうか(笑)。

結婚とは? 恋愛とは? あえて結婚しない男たちと、一筋縄じゃいかない女たちといった不器用な大人たちが繰り広げる「結婚」を巡る冒険譚…。結婚したい女子たちにとっては、婚活のヒントになるかも!?

★CanCam.jp編集部厳選!気になるテレビ番組まとめ

CanCam.jp TOPへ戻る

関連記事

Source: cancam