モテる男は絶対やらない!女子が「もうデートしたくない」と思う男性の特徴5選

モテる男は絶対やらない!女子が「もうデートしたくない」と思う男性の特徴5選
AD

女子が「もうデートしたくない」と思う男性の特徴5選

モテに不思議のモテはあっても、「不思議の非モテ」はあまり存在しないもの。もちろんある程度相性の問題はあったとしても、「これをやったらちょっとヤダ!」ということは存在します。
今回は20~30代の女性たちに「もうデートしたくない」と思ったデートのエピソードを座談会で調査。その結果を発表します。

デートしたくない

【1】悪びれず遅刻


平日デートなら仕事が長引いたり、出る直前に上司に呼び留められたり。休日デートなら電車が目の前で行ってしまったり、運悪く信号が全部赤だったり……などなど、誰しも「うっかり遅刻してしまう」ということはあるもの。
遅刻自体はある程度仕方ないとしても、まったく連絡を入れなかったり、平然と遅れてきてまったく謝るそぶりを見せなかったり……などは、ちょっと「この人、人としてどうなのかな?」と、他のことも常識がないんじゃないかと不安になってしまうのが人というもの。

【2】道に迷う


駅やどこかで待ち合わせして、さてごはん屋さんにでも……と向かう途中、道に迷う男性、もしくは行く店へ向かう道のりについて「俺このへん全然詳しくないんだよね」と完全に放棄して女性まかせの男性。「下調べが下手な人は仕事ができなさそう」「付き合う前から丸投げだと、付き合ったらなおさら全部丸投げしてきて大変そう」と不評。

 

【3】ひたすら自分の話をする


それが楽しい話ならいいとして、過去の武勇伝や仕事の愚痴が延々続いたりすると、「毎回こうなのかな……」とうんざり。自分のことを知ってほしいと話したくなってしまう気持ちはわかりますが、そこはぐっとこらえて「相手の話を聞こうとする」という姿勢を、せめて最初は見せてほしいもの。

 

【4】滲み出る下心


お酒の勢いで……とか、酔ったことにして……なんて免罪符、女子たちは表面上は笑ってても内心は「ウザい!」しかありません。
相当気が合って、女子も「まぁいいかな……」と思っているならいざしらず、女子がそこまでまだ気乗りしていないのに帰り道に手を繋ごうとしてきたり、カウンター席で太ももに手を置いてきたりしたら、その瞬間「ナシ!」。
「最初からそれでガードする女はそもそも今後も発展しない」という説もあるかもしれませんが、最初から下心満開な男とは、こちらもあまり発展したくない。

 

【5】滲み出るケチさ


1円単位できっちりワリカン、お店の人の前では「俺が払うよ」と言ったのにお店を出た途端お金を請求される、端数を出したくらいで「おごってやった」感を出す、こちらに伝票を見せた上で「じゃあいくらでいいよ」と恩着せがましい口調で請求してくる……などなど、「ケチっぽい」男のエピソードが出てくる出てくる。
別に女子たちだって「全部おごらない男はケチ!」なんてことは思ってないし、ちゃんとお金を払うつもりもある。でも、こっちに伝票を見せないとか、そのくらいのことはせめてしてほしい。

お酒の勢いも含め「まぁ酔ってるからいいでしょう」と思う男性もいるかもしれませんが、たとえお酒が入っていたって女性は結構シビアに覚えているもの。もしうっかり無意識に行っている男性がいたら、是非ご注意ください。(榎本麻衣子)

 

★女子が「もう二度とデートしたくない」と思う男にありがちな12の特徴

★だからモテないんだよ!モテない人が超やりがちなLINE5パターン

>CanCam.jp TOPにもどる

関連記事

Source: cancam