生理中の彼氏の「神対応」5つ

生理中の彼氏の「神対応」5つ
AD

女性にしかわからない生理中のつらさ。お腹の痛みやだるさ、貧血など、生理痛の症状は人さまざまです。そんな女性特有の大変さは、男性にはいまいち理解しにくいもの。今回は、そんな生理中に「彼氏がしてくれた神対応」についてアンケートで聞いてみました。

■温かい飲み物を用意

・「温かい飲み物をそっと出してくれる」(34歳/その他/販売職・サービス系)

・「温かい飲み物を用意してくれて、お腹をさすってくれた」(29歳/学校・教育関連/専門職)

生理中にお腹を冷やすのは厳禁。温かい飲み物をそっと用意してくれる、さりげないやさしさがうれしいですね。

■マッサージをしてくれた

・「つぼをマッサージしてくれた」(26歳/医療・福祉/専門職)

・「デート中にお腹が痛くなって動けなくなったとき、ネットで調べてマッサージをやってくれた」(23歳/学校・教育関連/秘書・アシスタント職)

生理中は腹痛や腰痛などがひどい人も。マッサージも効果的でありがたいですね。

■デートプランの変更

・「企画していたデートをドタキャンしても怒らない」(22歳/機械・精密機器/技術職)

・「デートの予定を変更して、家でのんびりさせてくれたこと」(30歳/医療・福祉/専門職)

楽しみにしていたデートも、この期間ではあまり楽しめないもの。そんなとき、中止や変更に快く応じてくれると女性としてとても助かります。

■お腹をさすってくれた

・「お腹が痛いときに、夜ずっとさすってくれた」(30歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

・「夜中にお腹が痛くなってガサゴソしていたら彼氏が起きてしまったけど、嫌な顔をせず腰をさすってくれた」(27歳/その他/技術職)

お腹や腰が痛くなる生理中。やさしくさすってくれるだけでも、彼のやさしさを感じられて安心できますね。

■イライラしても許してくれる

・「『イライラしたり、なにかあったりしたら俺にあたっていいよ』と言われた」(25歳/医療・福祉/専門職)

・「イライラしたとき、そのわがままに付き合ってくれたこと」(33歳/学校・教育関連/専門職)

なんてことないことにもイライラしてしまうこの期間。悪いとは思っても彼氏にあたってしまうことも。そんなとき大きな心で受け止めてくれる、まさに神対応ですね。

■まとめ

温かい飲み物や毛布を用意してくれたり、お腹をなでてくれたりしてくれるなど、やさしい彼氏が多いようです。女性にとって憂鬱な期間も、彼氏がやさしく寄り添ってくれるだけでだいぶ楽になりますね。

(おぜきめぐみ)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2019年1月28日~2月4日
調査人数:617人(22~34歳の働く未婚女性)

Source: マイナビウーマン