嫉妬しない彼氏の心理。嫉妬深い男性の特徴と嫉妬させるテクニック

嫉妬しない彼氏の心理。嫉妬深い男性の特徴と嫉妬させるテクニック
AD

「彼氏が全然嫉妬してくれない。私のこと好きじゃないのかな?」

こういったお悩みを抱えている女性は結構いらっしゃるのではないでしょうか。嫉妬というのは、好きのバロメーターだと思われていますが、一概にそうだとは言えません。今回の記事は、嫉妬しない彼氏の心理と嫉妬深い男性の特徴についてお話しさせていただきたいと思います。

■彼氏が嫉妬しない。好きじゃないってこと?

まず、嫉妬しない彼氏がどういう心理状態なのか、ケース別にご説明させていただきます。

◇(1)彼女のことを信用している

交際相手である女性が上辺だけではなく本当に誠実な女性であれば、浮気の心配がないのでそもそも嫉妬する必要がありません。

人を見る目がある男性なら、自分の彼女が誠実かどうかはちょっと付き合えばすぐにわかることですし、恋人が誠実だとわかれば、たとえ男性のいる飲み会に彼女が行っても「何もないだろう」と安心しています。

とはいえ、彼女に嫉妬はしないけれど、その場にいる男性が彼女に言い寄ってきたり変なことしてきたりしたら嫌だなという不安は、口に出すか出さないかだけで多かれ少なかれあると思ったほうがいいでしょう。

◇(2)自分よりいい男なんていないと思っている

自己肯定感が高く自信に満ちあふれた男性だと、交際相手が自分以外の男性と浮気しないと本気で思っていることも多いです。

もちろんこういった男性の中には、自分のことを高く見積もりすぎているだけの勘ちがい野郎も存在します。

しかしそうでない場合、自分の彼女がほかの男性とコミュニケーションを取っていても、根拠に基づいた自信があるので、意識的か無意識的か「俺の彼女がほかの男に目移りするわけがない」と思っているんですね。

ちなみに、「浮気したら別れるからね。でもするなら私よりかわいい子として」と言う女性がいますが、これは「私といういい女がありながら浮気するなんてありえないけど、顔で負けたならまだ折り合いがつく」という意味でもあり、彼女たちもまた自己肯定感が高く、自信に満ちあふれています。

◇(3)自分の彼女はモテないだろうと思っている

このケースは意外に結構多いです。

彼女である女性からすると不名誉きわまりないことですが、「自分の彼女はどうせモテないだろうし、言い寄ってくる男もいないだろう」という前提なので、嫉妬心がわかないんですよね。

しかし、実際に彼女に対して本気でアプローチしてくる男性の存在がわかるやいなや、急に不安になって嫉妬しだすのが多いケースでもあります。

◇(4)好きじゃないから嫉妬しない

身も蓋もないですが、そういうことです。

厳密に言うと、最初からそれほど好きじゃない状態で付き合ったか、最初は恋愛感情があったけど、交際がはじまってから冷めたかのどちらかですね。

■嫉妬深い男性の特徴

それでは次に、嫉妬深い男性の特徴をお話しさせていただきましょう。

◇(1)自信がない

嫉妬というのは根本をたどると、自分にないものを持っている人に向けて起こるものです。

自信がない人は、自信がない分だけ「ないものねだり」をしているので、たとえ自分のことを一番好きでいてくれる彼女ができたとしても、彼女に関わる男性が全員敵に見えることは、決して珍しいことではないんですよね。

自信がなさすぎる男性と付き合って、全然信用されないから、「どうしたら私のことを信じてくれるんだろう?」と悩んでいる女性がいますが、残念ながら本人が自信をつけないとどうにもならないので、彼氏に自信がないうちはどんなに誠実に対応しても信用されません。

◇(2)愛がない

人に対して愛がある人は、同じように愛がある人のことがわかります。

しかし、愛がない人は愛がある人を見ても、自分に愛がないから「そんなヤツいるわけがない」という前提で見てしまうんです。

たとえば、彼女がほかの男性に対し「人として」行った善意を、「やましいことがあるからにちがいない」と決めつけて嫉妬します。これは、「見返りなしに人に尽くすことができる人間なんてこの世にいない」という前提だからなんですね。

ちなみに、浮気する男性は自分がそうしているから彼女も浮気しているにちがいないと思って束縛するなんていいますよね。これも根本をたどると、男性側に愛が足りないから異性の愛情を求めて浮気を繰り返すのが原因となっていることがほとんどです。

◇(3)独占欲、支配欲が強い

このタイプの男性はとにかく一番になりたがるので、彼女に対しても自分が一番じゃないと気が済みません。

だから、少しでもほかの男性を優先されると腹が立つんですが、これを「それだけ私は愛されてる」と勘ちがいしている女性は多いようですね。

この場合、残念ながらそこに愛はなくて、彼女のことを「所有物として」独占し、ほかの誰かに取られたくないだけです。

交際相手のことをアクセサリーだと思っていて、彼女のことをルックスや職業だけで見ている男性に多い傾向にあります。

◇(4)男友だちがいない

ある程度の年齢になって男友だちがいないのはかなりヤバいと思うのですが、男友だちがいない男性は遊ぶ相手がいないので何かに依存しやすいです。

そういった男性は人によって依存対象がちがいまして、スマホゲームに依存する人もいれば、ギャンブルに依存する人もいます。交際相手に依存する人だと、彼女にどっぷりとハマってしまいます。

彼女に依存すればするほど、彼女がいないと生きていけないという状態に近づいていくので、誰かに取られないように必然的に嫉妬深くなっていきます。

◇(5)単純に彼女のことが信用できない

女性側が交際前の過去にしてきた男遊びや浮気の経験をついうっかり話していると、「自分も浮気されるんじゃないか」と不安になり、そこから嫉妬につながることがよくあります。

つまり、「私の彼氏は昔遊び人だったから信用できない」と言っている女性と同じですね。

■彼氏を嫉妬させる方法

やめとけ。いらんことするな。

その理由は2つありまして、ひとつ目は、相手がどう思うかは相手が決めることであり、こちらに決定権はないということ。

いくら彼氏に嫉妬してほしいと思っても、嫉妬するかどうかは相手次第ということです。

2つ目は、「嫉妬させる」という行為はある意味「試す」ことと同じです。

縁あってお付き合いすることになった相手と、これから信頼関係を築いていかないといけないのに、試すようなことをしてどうするんだという話ですね。

大切なのは2人が信頼し合っているか

彼氏が嫉妬してくれるかどうかで自分に対する気持ちを推し量ろうとするのは、まだまだ子どもの恋愛の域を脱していません。

そんなことよりも重要なのは、お互いが信頼し合っているかどうか、ちゃんと向き合っているかどうかではないでしょうか。

いくら彼氏が嫉妬してくれたとしても、信頼もなく向き合ってもくれなかったとしたら、その恋愛は長続きしませんよ。

(藤本シゲユキ)

※画像はイメージです

Source: マイナビウーマン