女はこんなとき、未練を持つ。元彼を忘れられない7つの理由

女はこんなとき、未練を持つ。元彼を忘れられない7つの理由
AD

「今彼」とは違う、どこか懐かしく、甘酸っぱい感情を抱かせてくれるのが、「元彼」というフレーズです。

女性

終わった恋とはいえ、やはり女子にとっては、一度付き合った彼は「特別な存在」と言えるのかもしれませんね。

あなたには、「もう一度やり直せたら……」と思ってしまう元彼はいますか?
女子たちの赤裸々な本音を、18~39歳の女性122名にアンケートで聞いちゃいました。

Q.忘れられない、未練がある元彼はいる?


忘れられない元彼はいる?

いる 18.9%
今は吹っ切れたけど、過去にいた 43.4%
いない 37.7%

「いる」「過去にいた」という意見を合わせると、6割以上の女子たちが、元彼に対して未練を抱いた経験があることがわかりました。
よく「男性の恋愛は名前をつけて保存、女性の恋愛は上書き保存」と言われるように、男性と比較すると「恋の切り替えが早い」と言われがちな女子たちですが、実際はそうでもないように思われます。

では「いる」と答えた女子たちに、もう一歩踏み込んだ質問をしてみましょう。

Q.【いる方】その彼のこと、忘れたいですか?


忘れたいですか?

忘れたい(未練をなくしたい)40.4%
今のままでいい 59.6%

なんと「未練を抱えたままでも、今のままでいい」と回答した女子が、半数以上! 未練は抱きながらもその未練にさえ愛おしさを抱いているような、複雑な気持ちが見え隠れします。

では具体的に、元彼のどんなところが忘れられないのでしょうか。未練を感じた経験のある女子に、教えてもらいましょう。

 

女性たちが、元彼を忘れられない理由

■初めての彼氏だった


「人生で初めての彼氏で、約3年間お互いの青春を一緒に過ごしたからです。思い出があまりにも多くて忘れることができませんでした」(27歳・自営業)

「初カレでどうしたらいいか分からないまま自然消滅してしまった」(23歳・会社員)

「中学の時の初彼。放課後付き合うって話になりましたが、それ以降お互い恥ずかしすぎて喋る事も出来なくなって自然消滅」(32歳・会社員)

女子の思い出に残りやすい元彼といえば、やっぱり初彼!
まだまだ恋に不器用だった自分に対する、「後悔の気持ち」も含まれているのかもしれませんね。
また「初彼と一緒に行った場所に行くと、必ず思い出します。今彼とは行けません」という切ない意見も寄せられました。

■ドストライクな魅力


「どタイプだったから」(24歳・専業主婦)

「かっこよくて、給料も高くて、付き合い期間が短かったから、あのまま続いてたら……と思う」(25歳・会社員)

「こんなに容姿が自分の理想にどストライクな人に会ったことないくらいの人で、スタイルも良く、ハイスペックだった」(24歳・契約社員)

「初めて付き合った彼氏はイケメンで長身で思いやりがあって王子様みたいだった」(30歳・会社員)

「顔がどタイプのイケメンで、レディファーストやキザなセリフがそのときは最高でした」(24歳・専業主婦)

別れたときには理由があっても、時間と共に、嫌な思い出は薄れていくもの。

相手が自分の好みにドストライクな相手であればあるほど、「逃した魚は大きかったのかも!?」なんて気持ちにとらわれてしまうのかもしれません。とはいえ「もし今会ったらあ~こんなイヤなところあったなと思い出す気がします(笑)」と、冷静に見つめられる方もいらっしゃいました。

 

■忘れられない優しさ


「自分が病気になったとき、すごく心配してくれたこと」(31歳・家事手伝い)

「凄く優しく尽くしてくれた。お姫様みたいな扱いをしてくれた。初めての彼氏だから悪いところがない、純粋で甘酸っぱい感じ……忘れられない」(31歳・専業主婦)

「優しかった。空気のように楽だった」(32歳・会社員)

「ふとしたときの優しさと、ユーモアの明るさ」(36歳・会社員)

特に「今」が辛いときには、過去の彼の優しさが身にしみてしまいます。
「もう今は自分のものではない」と実感するたびに、なんだか胸にグサっときます。

 

■一方的に終わりになってしまった


「お笑いが好きでツボが同じで、一緒にいて楽しかった。また友達として話したいけど、相手に避けられてしまったので、余計に仲良しに戻りたい……と未練が残ってしまっています」(31歳・専業主婦)

「年上の人で、早い段階で振られてしまった。もっと知りたいな、と思っていたので、しばらく引きずっていました」(25歳・専門職)

「別れた理由がよくわからなかった。もしかしたら私に遠慮してはっきり言わなかったのかもしれないけれど、なぜ好きじゃなくなったのかははっきり伝えてくれなかった」(29歳・専門職)

自分はまだ好きだったけれど、相手の中では何かの理由があって終わりになってしまった恋。強制終了になってしまったり、避けられてしまうと、なおのこと「もっとできることがあったのでは……」と未練を持ってしまいますよね。

 

■私を受け入れて肯定してくれた


「私のすべてを受け入れてくれたところ」(26歳・契約社員)

「自分のことをいちばんに考えてくれた」(26歳・アルバイト)

「私を溺愛してくれて、肯定してくれる存在だったところ」(24歳・専業主婦)

「常に私のことを考えて楽しませようとしてくれたこと」(25歳・契約社員)

「全力で私を好きになってくれていた」(30歳・会社員)

その人との恋愛まっただなかのときは「私のすべてを受け入れてくれる」「私のことを全力で好きになってくれる」ということが当たり前なのではないかと思っていたけれど、別れて、そして次の人とお付き合いして「あれは当たり前じゃなかったんだ」と、終わってから初めて気づく彼の大切さ。どんなことも「当たり前ではない」ということは、改めて実感しておきたいことです。

 

■尊敬できる人だった


「とにかくタイプだし、いつも自分の勉強になる人でした」(31歳・会社員)

「仕事に対する姿勢などがとにかく大人に見えて、人間として尊敬できたところ」(35歳・会社員)

「とにかく顔がかっこいい」とかそんな理由で始まる恋もあるけれど、結局「人間として尊敬できる」人とじゃないと、なかなか長くは続かない。そしてそんな男性に出会えて付き合えるって、人生の中でそう多く訪れることではありません。

そして、最後は……。

■とにかく、大好きだった


「ただただ、大好きだった」(24歳・会社員)

「初めて本気に好きになった人なので、一生忘れないと思う」(27歳・専業主婦)

「一緒にいて、本当に幸せを感じたから」(31歳・契約社員)

きっとここにはいろいろな理由が含まれているとは思いますが、結局どんな回答も「本当に大好きだった」からこそ、忘れられないもの。未練があったり忘れられないってときにはつらいこともあるけれど、短い人生の中で、そんな人に出会えたことはずっと宝物になるはず。現在、もしくは将来の旦那さんには言えないけれど……でも、そんな過去がある女性って、きっと、とても魅力的なはずです。(柴田美香)

 

撮影/booro(BIEI) ヘア&メイク/佐藤亜里沙 モデル/板橋美奈(CanCam it girl)

 

★実は後悔してます。女子が元カレと別れて後悔している5つの理由

★「元彼と会ったことある」女子、約7割。どうして会うことになったのか聞いてみた

>CanCam.jp TOPにもどる

関連記事

Source: cancam