【イラスト解説】かっこいい女の特徴7つ<髪型、服装、メイクのコツ>

【イラスト解説】かっこいい女の特徴7つ<髪型、服装、メイクのコツ>
AD

「かっこいい女」と聞くと、「仕事ひと筋のキャリアウーマン」であったり「芯の通った妥協を許さない性格」であったり、“強い”イメージを持つ人も多いでしょう。

かっこいい女性に憧れるのは、その生き方に潔さがあるから。

決断力や行動力など、男女問わず「こうありたい!」と思いますよね。

そんな女性にはどんな特徴があるのか、恋愛コラムニストのひろたかおりが内面だけでなくファッションやメイクなどもご紹介します。

■男性が惹かれるかっこいい女性は「対等な女性」

男性が心を動かされる「かっこいい女性」とは、まず「男性と対等である」ことが挙げられます。

「女だから」と影に引っ込むのではなく、男性の前であっても堂々と自分の意見を口にし、自信を持って歩いていく姿には憧れと尊敬を覚えるもの。

男性に頼って生きることを当たり前とせず、自分の力で人生を切り開いていく力を持っている。そんな姿勢が男性の恋心を引きつけます。

◇男性は「かっこいい女性が好き」

男性のなかには、女らしさを前面に出したかわいらしい女性が好きな人もいれば、男勝りでアクティブな性格をした女性が好みという人もいます。

「かっこいい女性なんて、男性から見れば魅力的ではないのでは?」と思うかもしれません。しかし、行動力があって自分のスキルを高める意識の強い女性などは、男性にとって「俺もこうありたい」と思える存在です。

生き方に芯のある人は、その力強さが一番の魅力です。

かっこいい女性は、近くにいるだけで「俺もがんばろう」とよい刺激を与えられる存在。そんな油断できない環境が、男性の成長のきっかけになることも。

だからこそかっこいい女性を好きになる男性は多く、お互いに切磋琢磨できる関係を望んでいるのが本音なのです。

■かっこいい女性の特徴7つ

では、具体的に芯のあるかっこいい女性とは、どんな特徴があるのでしょうか。

◇(1)仕事に誇りを持っている

かっこいい女性は、自分の選んだ仕事に誇りを持っています。

うまくいかないときでも、会社や環境のせいにするより先に努力できる部分を考え、実行することで変えていく力を持っているのですね。

仕事に対する愚痴や不満があっても、それを口にするより自分のできることをやる。常に前向きな姿勢で仕事と関わるので、よい結果をおさめていくことが多いのです。

◇(2)他人の意見を受け入れる余裕がある

意思の強い女性を見ると「人の意見は聞かない」と思われがちですが、かっこいい女性ほど他人の言葉を受け入れる余裕を持っています。

それは、常に自分が正しいと過信しているのではなく、他人の意見にも価値があることを知っているから。

まわりの声を聞き、自分の意見もしっかり述べることでより価値のある答えを導き出す姿勢を忘れません。

◇(3)肩書きで人を判断しない

プライドだけが高い女性だと、年収や肩書きで男性を判断したり、相手の年齢や立場でコロコロと対応を変えたり、態度に一貫性がありません。

そんな女性は信用できないと思われるのが当たり前で、かっこいい女性の場合は誰に対しても変わらず心を開いて接します。

どんな人でも平等に向き合うのは、相手を尊重する気持ちがあるから。「自分が一番」ではなく「まわりも一緒」の意識があるので、多くの人にいい印象を持たれるのですね。

◇(4)恋人は同じように自立した人

かっこいい女性が恋人に選ぶのは、自分と同じように自立した精神で生きる人。

自立した心は自分を愛することで育ちますが、かっこいい女性はそれを理解している男性とポジティブな交際を望みます。

「女は男のうしろにいるべき」のような古い価値観の男性は、まず求めていません。

◇(5)恋愛に依存しない

かっこいい女性は、恋愛に依存しません。

お互いに別々の人間であることを理解しているので、自分の人生を相手に背負わせるような頼り方、相手を感情で振り回す交際はしないように自分をコントロールできます。

かといって恋愛に淡白なわけではなく、好意を持ったらしっかりと相手を見極めようとする意思も持っています。

依存するような恋愛はお互いのためにならないと知っているのです。

◇(6)家族や友人を大切にする

かっこいい女性は自分を愛し、家族や友人とのつながりも同じように大切にします。

ひとりでは生きていけないこと、まわりの助けがあって生かされていることに感謝の気持ちを忘れず、何かあれば全力で助けます。

どんなに魅力的な女性でも、身近な人をおとしめたり馬鹿にしたりする姿は決して気持ちのいいものではありません。かっこいい女性は、自分以外の人間をしっかりと「認めること」ができるのです。

◇(7)悪い人間関係を断ち切る勇気がある

最初はいいなと思っていた人でも、付き合いが長くなると合わないなと感じるときもありますよね。

価値観が変わるのは仕方のないことですが、かっこいい女性は自分にとってよくないと思った人間関係は断ち切る勇気を持っています。

その際のポイントは相手を悪者にするのではなく、「今までありがとう」と関わりに感謝して離れていくということ。尾を引くような終わり方はしません。

自分を大切にできるからこそ、人間関係も整えていくことを忘れないのでしょう。

お手本にしたい「かっこいい女性芸能人」

実在する「かっこいい女性」にはどんな方がいるのでしょうか。ここでは、女性芸能人をお手本に見ていきます。

◇ (1)柴咲コウさん

多くのドラマや映画に出演する女優としての顔以外にも、歌手としても高い評価を得、最近はオーガニックコットンを使った衣類の販売を手がけるなど、実業家としての活躍もめざましい柴咲コウさん。

好きなことを突き進めるパワーは多くの人の関心を集め、また称賛されています。

◇ (2)天海祐希さん

元宝塚歌劇団の月組トップスターとして、女優となったあとも迫力のある演技でたくさんのドラマや映画に出演、ファンからの支持が厚い天海祐希さん。

いつまでも衰えない美貌は若い女性だけでなく多くの年代の心をつかみ、今後もその生き方に注目が集まります。

◇(3) 米倉涼子さん

国民的美少女コンテストで特別賞を受け、モデルとしての活躍も人気だった米倉涼子さん。

女優業に場を移してからは悪女役でも高い評価を得、海外でのミュージカルも好評と多くの面で才能を発揮しています。

恋愛面では結婚、離婚を経験しましたが、それからさらに魅力が上がった女性のひとり。これからも活躍の場は広がっていきそうですね。

■かっこいい女性の見た目をめざすには?

かっこいい女性になるには、どんな見た目をめざすのがいいのでしょうか。具体的に考えてみましょう。

◇髪型は「落ち着いた黒やブラウンが◎」

かっこいいと思われる女性の髪型は、首筋をすっきりと見せるショートカットであったり、柔らかさを強調するセミロングであったり。ただし、「その人の雰囲気に合うこと」がもっとも重要です。

セットをするならヘアアイロンで巻くよりも、ナチュラルなストレートかゆるい癖づけ程度がスマートな印象。ジェルワックスで、流行の濡れ髪に仕上げるのもオススメです。

あまりに脱色した髪色は悪目立ちすることがありますが、落ち着いた黒やブラウンなどは見る人にいい印象を与えます。

また、枝毛や飛び出した白髪などがなく、美しい髪であることはお手入れに気を抜かない姿勢も伝えてくれます。

◇服装は「はっきりした色味かつシンプルに」

かっこいい女性は足の形を綺麗に見せるジーンズや脚長を強調するスラックスなどを上手にはきこなします。黒のスキニーパンツにシンプルな白Tをさらっと羽織る、ラフな着こなしもいいですね。

スカートなら、足さばきを邪魔しないタイトな形であったり膝上の長さであったり、動きを邪魔しないデザインが◎。

パステルカラーのように淡い色合いのものより、パキッとしたビタミンカラーや黒、ホワイトなどはっきりした色味にチャレンジしてみるといいでしょう。

着飾りすぎていないおしゃれこそ、かっこいい女性になれるヒントです。

◇メイクは「リップを赤やオレンジで引き締める」

かっこいい女性のメイクは、甘めよりシャープに見せるテイストが目立ちます。

目の端までしっかりと引かれたアイラインに、ビジネスでもプライベートでも通用するブラウンのアイシャドウ。濃淡を活かして力強い目元に仕上げるのが特徴です。

薄く入れたチークで柔らかさを出しながら、リップでは赤やオレンジなど引き締める色を使うことできりっとした表情に。

女性らしさを押し出すより、意思の強さを感じさせるメイクをイメージするといいでしょう。

かっこいい女性になるのは努力次第

自分に自信があり、男性に対してもはきはきとものを言うかっこいい女性を見ていると、「私なんて無理」と思うかもしれません。

ですが、誰だって最初からそうだったのではなく、かっこいい女性は努力を重ねて今の自分を手に入れているのです。

自らを信じる強さや他人を受け入れる心の余裕は、意識を変えれば誰でも持てるものであり、そのためにはまず自分を愛することを忘れてはいけません。

自分自身を大事にできることで、意見に自信を持ち、まわりを見る落ち着きも得られます。

かっこいい女性は、努力次第でなれるもの。「こうありたい」と描き続ける心を忘れないでくださいね。

(ひろたかおり)

※画像はイメージです

Source: マイナビウーマン