宮崎謙介が教える「彼氏の浮気を防ぐ方法」 #芸能界の悪い男

宮崎謙介が教える「彼氏の浮気を防ぐ方法」 #芸能界の悪い男
AD

「悪い男といえば“浮気する男”だよね」

編集会議でマイナビウーマン1~3月の特集【悪い男】の企画案を話し合ったとき、全員が満場一致で“悪い男”と定義したのが「浮気・不倫をする男」だった。一番わかりやすく悪いことをしているし、なんだったら身近にいそう。もしかすると自分の彼氏だってこっそりしているかもしれない。

ということで、浮気する男性心理や対処法を知るために、私たちは浮気経験がある男性にインタビューすることになった。だけど、そのへんの一般人に話を聞いてもつまらない。

どうせだったら、日本中を激震させるほどの浮気騒動を起こした“あの有名人たち”に話を聞いて、浮気男に振り回されない最強メンタルの女になりたい!

悪い男に引っかかりがちな編集部のあーりんと、この世の悪い男を一匹残らず駆除したい編集部の真面目女子たかはし。正反対の2人が、約3年前の不倫報道で世間を騒がせた元衆議院議員・宮崎謙介さんに、インタビューを兼ねて恋愛相談をすることになった。

■【お悩み1】彼氏と長続きするには?

宮崎さん、今日はよろしくお願いします。マイナビウーマン編集部のたかはしです。「悪い男」目線で、私たちの恋愛相談に答えていただきたいです。
こちらこそよろしくお願いします。
私は今まで彼氏ができても数年単位で続いたことがないんですけど、どうすれば長続きできますか?
いつもどうして別れちゃうんですか?
パターンが2つあって。ひとつめは、そもそも私が相手のことを好きじゃなかったパターン。もうひとつは、付き合って半年くらい経つと私が相手にイライラするようになって、欠点を指摘するうちに喧嘩が増えたり距離ができたりして、最終的に振られるパターンです。
なるほど。今まで相手のどんなところにイライラしました?
たとえば、デートのスケジュールを決めるのが苦手な元彼が嫌でした。私の職業病なのかもしれないけど、イライラしちゃう。欲を言えば3カ月先まで決めてほしい。
3カ月先のスケジュールって、仕事でもなかなか決められないけどね(笑)。せめて1カ月先までにとどめてあげて。それに、人間誰しも得意・不得意はあるから、そこは彼女側も協力してあげるとか、相手を思いやることで長続きしますよ。
たしかに、思いやりが足りなかったかも……。

今は付き合っている人がいるんですか?
今は同棲中の彼氏がいるんですけど、あまりにも一緒にいすぎて、いつか女性として見てもらえなくなるんじゃないかと不安です。
同棲したら1~2年以内には結婚したほうがいいと思いますよ。ずっと衣食住をともにしていると関係性が落ち着いてきちゃうのが普通ですから。あと、お風呂のあとに裸で歩いたり、自分と彼の下着を一緒に干したりしてません?
あ、下着は一緒に干してもらっています! でも、心なしか彼はいつも私の下着を干すのをためらっているみたいなんですよね……。
洗濯するときは自分の下着だけランドリーネットに入れて、「下着は私が干すから」と言っておけばいいんです。常にがんばって女性らしく振る舞う必要はないけど、日ごろの些細な配慮は大事。
なるほど。女性らしさと配慮はちがうんですね。
そうじゃないと、彼もいつか僕みたいに……。
それは絶対に嫌!!

■【お悩み2】「悪い男」ばかり好きになる。どうすればいい?

宮崎さん、次は私の悩みを相談させてください! 編集部のあーりんです。
あーりんさん、なんとなく悪い男に引っかかりそうに見えますよね。
どうしてわかるんですか!? 私、いつも悪い男に引っかかっちゃうんです。
でも、悪い男に一度引っかかってみるのも学びがあると思いますよ。「私、悪い男のほうが好きなんだ」って気づけたりするし。
それ、まさに私です。
そうなったら、自分の気持ちに正直になって割り切る。リスク承知で悪い男と付き合っていくしかないですね。

とはいえ、やっぱり幸せになりたいから、試しにすごくいい人と付き合ってみたことがあるんです。でも「なんかちがうな」って思って、すぐ別れちゃいました。
それはよくないですね。僕の知り合いでもあーりんさんみたいな女性がいて、悩んだ末に「タイプじゃないけどすごくいい人」と結婚したです。でも、今ものすごく後悔していて、毎晩のように合コンに行っているらしいですよ。
やだ! 私の末路が見えた!!
あーりんさんもそうならないように気をつけて。誰かが決めた「正解」を選ぶより、自分の気持ちに素直になることのほうが大事だから。
私、悪い男のほかに「高学歴の男性」も好きなんです。だけど、アプローチしてもうまくいかなくて。知的な男性って、やっぱり自分と同じように知的な女性が好きなんですか?
いや、そうでもないですよ。僕の知り合いのコンサル会社の経営者とかは「ロジカルな女性より、ぶっ飛んだ思考の女性のほうが好き」って言うから。
ぶっ飛んだ思考……むずかしい。
知的な男性に限ったことじゃないけど、ある意味ぶっ飛んでいるような、強い自分軸を持っている女性は魅力的に見えますよね。だからあまり頭で考えすぎず、自分の感性を全面に出してアプローチしたほうがいいと思いますよ。
わかりました。次の合コンで試してみます!

■幸せな結婚をするために「必要なこと」

3年前に宮崎さんの不倫騒動が話題になりましたけど、他人事じゃないなって思いました。私たちの彼氏や好きな人にも起こりえるかもしれない。誰しも心の中に浮気心を持っていて、みんなそれを理性でおさえているんじゃないかな?
それは一理あるかも。特に男性は本能的なものも、多少なりとも……。
いや、世の中には浮気しない男性も存在するはず。全員が浮気するって考えはおかしい!
うーん、趣味を持っている男性は浮気しないかもしれないですね。ガーデニングとか、囲碁とか、ひとりでも没頭できる趣味。
彼氏の浮気を防止する方法はないんですか?
難しいけど、普段サポートしてもらっていると「この子を裏切っちゃいけないな」なんて理性が働くかもしれないですね(笑)。
サポートって、家事をしてあげるとかそういうことですか?
そうじゃなくて、精神的なサポート。特に、男性のほとんどが仕事中心の生活だから、仕事に対する理解があるとうれしいですね。褒めるときも「かっこいい」とか表面上の褒め方じゃなく、相手の仕事の内容を理解した上で「こんなに大変な仕事をいつもがんばっているなんてすごい」と褒めると、精神的に頼ってもらえるようになると思いますよ。
ひと昔前みたいに、女性が男性に頼る時代じゃないんですね。
そう、今はお互いに頼り合える関係じゃないと。そもそも「結婚」って、同じ方向を向いて人生を歩むことで、二人三脚なんですよ。「結婚したらこの子は俺の足にまとわりつきながら歩いてくるだろうな」と感じると重くなるでしょう? 一緒に歩んでいくためには、自分と同じように歩ける人じゃないと。だからこそ、男性も昭和的な価値観を捨てて、自立する女性をサポートできなきゃいけないと思いません?

たしかに、その通りかも……。あーりんも自立できるようにがんばる!
でも宮崎さんに不倫の前科があるってことは忘れませんからね。
僕もたしかに以前は「悪い男」だったかもしれないけど、今後はその経験を活かして、こういうふうにみんなの悩みや生き方に寄り添うような活動ができたらいいなと思ってます。
あ、ちょっといい人っぽく見えてきた。
でしょ? だから次は「いい男」特集に呼んでくださいね。
それは多分呼びません。

宮崎謙介さん、悩める私たちにたくさんアドバイスいただきありがとうございました! 次回は結婚前の浮気報道で世間を騒がせた、あの「悪い男」が登場します。

(取材・文:マイナビウーマン編集部、撮影:須田卓馬)

Source: マイナビウーマン