「不倫カップル」がやりがちな5つのこと

「不倫カップル」がやりがちな5つのこと
AD

恋愛とは基本的には自由なものですが、すでに結婚をしているのにも関わらず、夫や妻以外の異性と恋愛をするということは、許されることではありません。そこで今回は、未婚の働く女性たちを対象としたアンケートを基に、不倫カップルがやりがちな3つのことをご紹介していきます。

■人目を気にする

・「人の目を気にして、自分たちのことを誰も知らない土地へ行く」(33歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「他人からの目線ばかり気にしている感じ」(25歳/医療・福祉/技術職)

やはり後ろめたい気持ちがあるのか、まわりの目を気にする不倫カップルは多いようです。あまりに気にしすぎてかえって不自然になり、そこから不倫が発覚するケースもあるかもしれませんね。

■携帯をロックする

・「人の目を気にしすぎているのと、携帯にロックをかける」(24歳/医療・福祉/専門職)

・「携帯やアプリにロックをかけて、他人から見られないようにしている」(22歳/その他/販売職・サービス系)

相手とのメッセージのやり取り、一緒に撮った写真、デートの模様を投稿したSNS、どこにいたかわかる位置情報など……。携帯には、不倫の証拠となってしまう情報がたくさん! もし本命に見られたら大変なことになってしまいますね。そのため、携帯は他人が触れないようにしている人が多いようです。パートナーが携帯をロックしていたら怪しいかも?

■まわりのことが見えなくなる

・「まわりが見えず、わがままになる」(24歳/金融・証券/事務系専門職)

・「まわりの事を考えず、自分たちだけしか見えていない」(30歳/食品・飲料/クリエイティブ職)

不倫をしているカップルは自分たちの世界に入り込んでいることが多いため、基本的にはまわりのことなんてお構いなし。自分たちがよければそれでいいという考えでいるのか、周囲が迷惑だと感じている言動や行動を取っていることに気づきもしません。不倫をしていることを知っている友だちの忠告やアドバイスすら耳に入らなくなり、だんだんとまわりが見えなくなっていきます。

■実はまわりにバレたいと思っている

・「あえて堂々としている。たとえバレても、うれしそうな顔をする人も」(25歳/医療・福祉/専門職)

・「逆に堂々としている。宣戦布告している」(34歳/その他/事務系専門職)

不倫のイメージは、周囲にバレないように隠れてするもの。そのため、不倫をしている事実を隠し通そうとするのではないでしょうか。しかし実際には不倫をしている本人たちは、意外にもまわりに気づいてほしいという態度や、あからさまに不倫をしているとわかるような行動を取るカップルもいるようです。

■SNSに投稿をする

・「一緒のタイミングでSNSに投稿してしまう」(31歳/食品・飲料/その他)

・「わざとSNSにのせたり、スリルを楽しんだりしている」(27歳/情報・IT/技術職)

誰でも気軽に使うことができて、近況報告が簡単にできるSNS。しかし、何気なく投稿した内容から、まわりに不倫をしていることがバレる可能性も。SNSの友人の中に共通の知人がいる場合、同じような写真を同時期にSNSにアップすることで気づかれてしまうということも。楽しかった思い出だからSNSに残したい! という気持ちはわかりますが、お互いに別のパートナーがいるのに気安くSNSに投稿するのは軽率すぎる行動です。

■まとめ

不倫をしているカップルがやりがちなことを5つ、ご紹介しました。不倫をしている本人たちは徹底的に隠しているつもりかもしれませんが、意外と周囲は不倫に気づいているものだと思っていたほうがいいかもしれませんね。また不倫をしたとしても、幸せになれるわけではありません。自分や相手の家庭を壊し、自分たちに関わる周囲の人を傷つけ、悲しませてしまうことになるということを理解しておきましょう。

(北原 古都那)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2019年1月28日~2月4日
調査人数:632人(22~34歳の働く未婚女性)

Source: マイナビウーマン