男性が「好きな女性にだけ」してしまうこと

男性が「好きな女性にだけ」してしまうこと
AD

最近気になる相手といい感じになっているけれど、「でも私の勘違いかもしれない」と心配する女性も多いのではないでしょうか。相手がどう思っているのか気になりますよね。今回は社会人男性のみなさんに、「好きな女性にだけ」にしてしまう言動について聞いてみました!

■何かと相手を気にかけてしまう

・「最大限に相手に配慮するようになる」(28歳/学校・教育関連/販売職・サービス系)

・「『俺がやろうか?』と、その人が抱えているタスクを手伝おうとする」(28歳/商社・卸/技術職)

仕事場などで好きな女性のことを何かと気にかけてしまう男性が多いようです。困っているところを助けてくれる男性は、もしかしたら脈アリかもしれません。

■目で追ってしまう

・「意識しなくても結局気になり、チラチラ目で追ってしまうのと、関係ない会話の中でよく話題に挙げてしまうこと」(38歳/その他/クリエイティブ職)

・「常にその人のことを目で追うなど、気にかかる」(36歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

男女ともに、好きな人のことは無意識に目で追ってしまいますよね。何回も目が合ったら、あなたのことを彼が好んでいるサインかもしれません。

■すぐにLINEの返信をしてしまう

・「積極的にLINEなどを送って、相手からの返事にもすぐに返事をする」(36歳/医療・福祉/専門職)

・「忙しくても、すぐにLINEの返事をする」(32歳/情報・IT/営業職)

マメに連絡を取ることに苦手意識がある男性は多いですが、好きな人に対しては忙しくてもLINEの返信をしてしまうようですね。

■食事やデートに積極的に誘う

・「連絡をして、食事に誘い楽しんで、また誘う」(31歳/情報・IT/事務系専門職)

・「食事に誘うなど、一緒に出掛ける旨の連絡」(28歳/団体・公益法人・官公庁/技術職)

2人きりでのデートや食事のお誘いは、あなたとの仲を深めたいと思っているのかもしれません。快くOKして、距離を縮めたいですね。

■相手の好きなことが知りたい!

・「とにかく相手のことを知ろうとする。いろいろな相手の趣味などをリサーチして誘う」(37歳/医療・福祉/販売職・サービス系)

・「相手が好きなことを何か聞き出そうとすることが多いです。」(37歳/その他/その他)

相手の好きなことをリサーチする男性が多いようです。趣味の話など、共通の話題がひとつでもあると盛り上がりますよね。

■まとめ

意中の男性がいても、相手が何を考えているのかよくわからないときもありますよね。しかし、相手の好意的なサインは日常のさまざまなところに隠れているということがわかりました。これらの男性のサインを見逃さず、相手との仲を深められるようにしたいですね。

(マイナビウーマン編集部)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2019年1月28日~2月6日
調査人数:441人(22~39歳の働く未婚男性)

Source: マイナビウーマン