超簡単!老け見えする「くま」を薄くする3つの方法

超簡単!老け見えする「くま」を薄くする3つの方法
AD

昔は気にならなかったのに、いつのまにか目の下にどんよりできていて、老けて見える原因になりがちな「くま」。

くま
(c)Shutterstock.com

コンシーラーやファンデで隠せば隠すほど、「隠してる感」が出てしまって逆に目立つ、とお悩みの方におすすめしたいのは、しっかりと「血流を良くする」こと。

なかなか予約のとれない美容鍼灸師・中根一さんによる「くまを改善する方法」をご紹介します。

◆そもそも、「くま」って何?


「くま」は、東洋医学では「瘀血(おけつ)」と呼ばれる、血流不全から起きる症状とされています。つまり「くまができる」ときは、全身のめぐりが悪くなっているということ。中でも「青ぐま」と呼ばれる、「静脈の目立つ青っぽいくま」ができるときは、呼吸が浅くて血液内に酸素が足りないうえ、目のまわりの筋肉が緊張して血流不全になっています。
これを直すためには、次の3つのアプローチがあります。

 

◆1.あたためる


家を出る前にできることとしては、ホットスチーマーや、蒸しタオルなどをまぶたの上に5分あてましょう。これだけでも血流はかなり良くなります。

 

◆2.加重する


まぶたの上に150グラムくらいの重みのものをのせると「アシュネル反射」という、血圧を下げて、自律神経が副交感神経優位になる反射が起きます。
体は「頑張るときに優位になる【交感神経】」と「リラックスしているとき優位になる【副交感神経】」を切り替えながら体調を整えています。
血流が悪いときは、頑張りすぎている証拠。強制的に副交感神経に切り替えさせてリラックスし、体のすみずみまで血液を届ける必要があります。
市販されている、小豆の入ったアイピローなどを利用すると「あたため」と「加重」が一度にできるので、効果を感じやすいはず。

 

◆3.目のストレッチ


「くま」ができるときは、「眼輪筋(がんりんきん)」という、目のまわりをドーナツ状に囲んでいる筋肉が疲れているので、目をぱちぱち開けたり閉じたりしてみましょう。これだけでこわばっていた筋肉がほぐれて、血行が良くなります。
加えて、目のまわりやまぶたの上を、中指と薬指でピアノタッチをするようにタッピングしてあげると、非常に効果が出やすいです。ただ、タッピングをするときには、「ごく弱い力で、トントンと叩くだけ」ということを心がけましょう。強く押したりこすったりすると、シミやシワの原因にもなります。皮膚の薄い目のまわりは特に注意しましょう。

クマが治らなくて困っている……という方、是非お試しくださいね。

情報提供元/大和書房

★詳しくはこちらの書籍もチェック!

『めぐり美容』
めぐり美容 表紙

中根一 著/大和書房
1400円+税

★年齢より老けて見えるのは“オバライン”が原因!ほうれい線・ゴルゴ線・マリオネット線の撃退法!

★おすすめコンシーラー6選|くまやシミ・ほくろやニキビを隠す人気&プチプラコンシーラー

>CanCam.jp TOPにもどる

関連記事

Source: cancam