結構見るけど意外と読めない!「諫言」の読み方、知ってますか?

結構見るけど意外と読めない!「諫言」の読み方、知ってますか?
AD

「諫言」の読み方、知ってますか?


本や書類を読んでいると、たまに「この漢字、読めそうで読めない」とモヤモヤすることありますよね。
そんな「意外と読めない漢字」シリーズ、「美人局」「月極」「水母」「謹呈」「巣窟」など、CanCam.jpではたくさんご紹介しています。(あなたはいくつ読めますか?)

本日のお題は、こちら!

諫言

「諫言」です。

歴史好きな人なら、結構目にすることがあるかも。現代の会話で使うとしたら、

「勇気を出して、上司に諫言する」
「イエスマンだけじゃなく、きちんと諫言してくれる部下が必要だ」

といったふうに、ビジネス書などで見かける機会がありそうです。なんとなく答えが想像できましたか?

しんげん? ……ちょっと違います。
じゃあ、きんげん?……うーん、すごく惜しい!

正解は……

諫言の読み方

「かんげん」です!

意味は「目上の人の過失などを指摘して忠告すること(デジタル大辞泉)」。ビジネスものの映画やドラマでよく見かける、熱血主人公が上司に「あなたは間違っている!」なんて言うシーン。あれぞまさに諫言です。

もっと身近なところでは、上司や先輩がうっかりミスをしたときに「ここ、違ってましたよ」とこっそり教えてあげるのも、立派な諫言と言えるかも♪

知っていればちょっと自慢できる「読めそうで読めない漢字」。もっと知りたい方はこちらもチェックしてみてください!(豊島オリカ)

 

★まだまだチャレンジしてみる?「漢字クイズ」記事一覧はコチラ

★これって褒められている?それとも貶されている?解釈を間違えると危険なワード3選

>CanCam.jp TOPにもどる

関連記事

Source: cancam