甘えさせてくれる人?成長できる人?あなたが選ぶべき理想のタイプがわかる!

甘えさせてくれる人?成長できる人?あなたが選ぶべき理想のタイプがわかる!
AD

甘えさせてくれる人?一緒にいて成長できる人?「本当に好きな人」との理想の関係性は?


女性

 

自分がどんな人が好きなのか、どんな相手と上手くいきやすいのかは、意外とわからないもの。自分で自分を客観視するのは意外と難しい上に、価値観もどんどん変化するため、何が譲れないポイントなのか見えなくなることも少なくありませんよね。でも、必ずコレ! と思える相手は確かにいるのです。それ知る手立てとして、「本当に好きな人」に求めるポイントを心理テストから探ってみましょう。

 

Q.あなたは引っ越しをしようとしています。家を選ぶ際に、最も重視する条件は何ですか。次のうち最も近いものを選んでください?

A:アクセスの良さ
B:良好な陽当たり
C:家賃の安さ
D:部屋の広さ

あなたはどれを選びましたか? それでは、結果を見てみましょう!

 

 

【診断できること】本当に好きな人との理想の関係性

 

深層心理において、“引っ越し”は、あなた自身の理想や憧れと密接であり、異性に対する期待感を意味するもの。そして、物件選びにおいて最も重視する条件は、あなたが恋をする上で外せない性格や気質と深いかかわりがあります。そのため、どのような条件を選ぶかによって、あなたが好きな相手に求める関係性がわかるのです。

 

■A……常にドキドキさせてくれる人

あなたが理想とする相手は、楽天的で何事に対しても好奇心旺盛な性格の持ち主でしょう。自分の知らないことや知らない世界に対して思いをはせるロマンチストな彼なら、一緒にいてまず飽きることはないと言えます。ただ、どちらも負けず嫌いなので、仕事や勉強ではライバルのような関係となりがちに。でも、お互いに意見を出し合い、衝突しながらも目的に進んでいくことができる楽しい関係になれそう。常に発見と刺激がある関係に、何だかんだで満足できるはず。

 

■B……甘えさせてくれる人

あなたが理想とする相手は、包容力があり恋人に誠実であろうとする性格の持ち主でしょう。特に弱者への思いやりが深く、気の毒な人や困っている人を放って置けない人情味のあるタイプに心を奪われるようです。大らかでお兄ちゃん気質の彼と、細やかで気配り上手のあなた。正反対の要素を持つからこそ、お互いを支え合える関係になれそう。あなたはそんな彼に対してベタベタに甘え、彼もそんなあなたを「守ってあげよう」と思ってくれるはずです。

 

■C……一緒にいて落ち着く人

あなたが理想とする相手は、素朴な性格でどんなことでも動じない落ち着きがあるタイプでしょう。自分のやり方で粘り強くものごとにじっくり取り組み、地道なことを毎日コツコツ続ける姿にキュンとしそう。集団の中ではいつも気を遣っているあなたも、彼の前では自然とリラックスすることができるはず。誠実な者同士なので、一度信頼関係が築かれるとそうそう揺らぐことはないでしょう。ただ、恋が発展するまでには少し時間がかかる場合も。

 

■D……一緒にいると成長できる人

あなたが理想とする相手は、まじめで責任感の塊のような性格でしょう。ややカタブツで浮ついたことが苦手そうな印象がありますが、彼の内に秘めた野心に触れるとドキドキ!ただ、ストイックな性格ゆえに要領が悪い部分を持っているかも。あなたはそんな彼に憧れを抱き、向上心をくすぐられるようです。普段は人と少し距離を置きがちな彼にとっても、優しく話を聞いてくれるあなたに、心を開いてくれるのでは。ムダなケンカをせず、お互いのことを理解しようと努力し合える大人の付き合いができるカップルになれそう。

 

 

性格の合う合わないは、かなり奥が深いもの。心理学的に見ると、出会いの段階では「類似性」が、ある程度親しくなってきたら「相補性」が大切になってくるとされます。そのため、実際は「似ている部分:異なる部分=50:50」が一番理想的。でも、それよりももっと大切なことがあります。それは、お互いの努力です。どんなに相性が良くてもそれにあぐらをかいてしまえば上手くいきませんし、悪くても譲り合えば上手くいきます。先天的な相性をひとつの参考に、努力も怠らず幸せなつきあいを目指しましょう。(脇田尚揮)

脇田尚揮
認定心理士。Ameba公式No.1占い師として雑誌やTVなどに取り上げられ、現在テレビ東京「なないろ日和」にてレギュラーコーナー担当。また、自身が監修したアプリ 「マル見え心理テスト」はTBS 「王様のブランチ」 などでも紹介され、120万DL。著書『生まれた日はすべてを知っている。』(河出 書房新社)。

 

★モテない女子の特徴はコレ!モテるためにすべきこと&心理学

>>CanCam.jp TOPヘ

関連記事

Source: cancam