絶対見たことあるのに!「いわゆる」って漢字で正しく書ける人は少ない

絶対見たことあるのに!「いわゆる」って漢字で正しく書ける人は少ない
AD

絶対見たことあるのに!「いわゆる」って漢字で正しく書ける?


スマホって便利ですよね。どんな文章もすぐ変換候補を出してくれるから、ときには「この言葉って漢字で書くとこうなるの?」とびっくりすることも。

意外な言葉の漢字表記はたくさんあります。
今までにも「湯湯婆」「双六」「糎」「束子」「気障」「素面」……などの漢字を「読めそうで読めない日本語」シリーズとしてご紹介してきましたが、今回のお題はコチラ。

いわゆる

「いわゆる」って漢字でどう書くか、知っていますか?

 

まず「漢字があるの!?」と思った方も結構いるかも。CanCam.jpの記事でも「いわゆる自信家タイプの男性」とか「いわゆる自分磨き」など、ひらがなで登場することがほとんどです。でもじつはあるんです、漢字が。

 

どんな字なのか見てみましょう。正解はコチラ!

所謂

「所謂」です。

「しょせん(所詮)」とよく似ていますが、これで「いわゆる」と読むんです。

デジタル大辞泉によれば、「いわゆる(所謂)」の意味は「世間一般に言われる。俗に言う。よく言う」というもの。ちなみに謂という漢字、訓読みでは「謂う(いう)」と読み、「言う」と同じ意味で使われます。

これら、「いわゆる」難読漢字の数々。サラリと読み書きできたら、それだけでちょっとかっこいいですね♪(豊島オリカ)
★他にもチャレンジしてみる? 漢字クイズ記事一覧はコチラ

★正答率はたった17%!「湯湯婆」って読める?あの有名キャラの名前…じゃないよ!

>CanCam.jp TOPにもどる

関連記事

Source: cancam